「牡丹(長崎空港)」でちゃんぽん~【風間俊介ベタ褒め】激ウマな秘密はスープにあり

長崎ちゃんぽん放浪記:第19回

牡丹の長崎空港特製ちゃんぽん
「ちゃんぽん食べ歩きしている長崎県民」が、そのウマさの秘訣について徹底解説!

6月8日(金)放送の「沸騰ワード10」で、ジャニーズの俳優・風間俊介さん(以下敬称略)が絶賛した「牡丹のちゃんぽん」。実はココ長崎ちゃんぽんの名店として、もともと評判なんです。

長崎空港のある大村市では、この「牡丹(ぼたん)と福山雅治さんをとりこにした「協和飯店」が有名店。

ですから、有名芸能人が褒めてたけど、実際の味はドーナノ?という心配はご無用。本場・長崎ちゃんぽん食べ納めの店として、自信をもってオススメできます。

※末尾にメニュー一覧を掲載しています。

これが風間俊介が頬張ったちゃんぽん!

牡丹の長崎空港特製ちゃんぽん

「長崎空港特製ちゃんぽん 1,300円(税込)」ナリ。「牡丹」では数種類のちゃんぽんを揃えており、そのスペシャル版。

ちゃんぽんの価格は、長崎県下平均でいうとズバリ高額。長崎中華街の相場と比べてもやや高し。ただし、長崎空港内という神立地と、お野菜てんこ盛りなので、つり合いはとれています。

激ウマの秘訣はスープにアリ!

牡丹の長崎空港特製ちゃんぽん

スープのタイプは、「鶏ガラ・豚骨ミックスのクリーミータイプ」。長崎中華街と比べると、ややトンコツガツンな比率。ただ、鶏ガラの芳醇なコクも「俺を忘れんな!」と自己主張してきます。

なにより、ズキューーーンと感じたのは、「とにかく甘い!」。野菜のエキスにふくまれた甘味が、ジュンジュンジュッワ~と広がります。

牡丹の長崎空港特製ちゃんぽん

鶏ガラ・豚骨・野菜に加え、海鮮系のウマ味もガッツリ味覚を刺激します。その秘密は何を隠そう「殻付きアサリ」。身をとり出すのは面倒ですが、ウマ味をMAXに注入させるなら絶対に殻付きです。

牡丹の長崎空港特製ちゃんぽん

この絶品スープを、「太麺・軟め」のちゃんぽん麺がグイグイ吸い込んどる。それを豪快にすすると、そこはもうパラダイス。

風間俊介を魅了した訳

鶏ガラ・豚骨をベースとして、野菜&海鮮のウマ味とをハイブリッドさせた極上スープ。これでウマくないはずがナイ!全国津々浦々で絶品グルメを口にしている風間俊介。その彼が激賞するのも、そりゃそうだなのだ。

野菜ドカ盛【うれしPOINT】

牡丹の長崎空港特製ちゃんぽん
牡丹の長崎空港特製ちゃんぽんの肉団子 牡丹の長崎空港特製ちゃんぽん

シャキシャキ野菜がこれでもかと盛られておりまする。もやしで誤魔化さず、キャベツどっさりに好感度はうなぎ登り。種類は、「キャベツ」、「モヤシ」、「ニンジン」。甘味担当のタマネギなっしー。スープ本来のうま味で勝負!という姿勢をビッシビシ感じます。

肉海鮮系では、まずはメインの「肉団子」を頬張ると、肉汁ブシューーーッ!でもうたまらん。他は、「殻付きアサリ」、「小エビ」、「イカ」、「脂身の少ない豚肉」、「ちくわ」、「紅白の蒲鉾」。海鮮系の歯ごたえがプリプリッ。

牡丹(ぼたん)の長崎空港特製ちゃんぽん まとめ

うま味セゾンのスープと、野菜てんこ盛り

牡丹のちゃんぽんの特徴をひと言でいえば、これに尽きます。このスープは一度は口にすべき逸品。ただ甘味ガツンなので、そこが評価の分岐点になるかも。

野菜のボリュームは、同じ野菜押しのリンガーハットに一歩も引けをとらないドカ盛り。別メニューで「野菜たっぷりちゃんぽん」もあります。

お値段は確かに高い。でも味&量はそれに見合う……否!お釣りじゃらじゃら返ってくるレベル。空の便で帰路につく方は、ココが本場・長崎ちゃんぽんを口にできるラストチャンス。是非ご賞味アレ!

ということで、〆の感想にイこーか!
「牡丹さん、バリッ旨か!!ごちそうさんした」。

 長崎空港 牡丹|営業時間

10:30~19:30(Last order 19:00)

店舗情報

店名中華レストラン「牡丹」
公式サイト中華レストラン「牡丹」
住所長崎県大村市箕島町593 長崎空港旅客ターミナルビル 1F 
ジャンル長崎ちゃんぽん、皿うどん、中華料理
定休日不明
駐車場長崎空港の専用有料駐車場あり。
2,000円以上の利用で長崎空港駐車場1時間無料サ-ビス
問い合わせ0957-52-5554

「長崎ちゃんぽん放浪記」【目指せ100杯!】

長崎ちゃんぽん放浪記 ちゃんぽんを、アッチコッチで食べ歩いてます。名店から仰天ビックリなものまであるYO
【画像をクリック!】

長崎空港 牡丹 | メニュー一覧

 
ちゃんぽん
「長崎空港特製ちゃんぽん」 1,300円
「長崎ちゃんぽん」 1,030円
「ミニちゃんぽん」    850円
「野菜たっぷりちゃんぽん」 1,200円
皿うどん
「長崎皿うどん」 1,030円
「ミニ皿うどん」    800円
セットメニュー
「Aセット(ミニちゃんぽん又はミニ皿うどん+ミニ炒飯+餃子3個)」1,440円
「Bセット(ミニちゃんぽん又はミニ皿うどん+餃子3個)」1,060円
「Cセット(ミニちゃんぽん又はミニ皿うどん+ミニ炒飯)」1,190円
その他、麺類
「担々麺」   850円
「葱そば」   850円
 
ご飯もの
「中華丼(スープ入)」 1,000円
「ミニ中華丼」    410円
「えび入りチャーハン(スープ入)」    800円
「ミニ炒飯」    400円
「お子様ランチ」    800円
「ライス」    240円
「おにぎり(1個) 」    120円
一品料理
「水餃子(5個入り)」    490円
「櫻林の角煮まんじゅう(1個)」    430円
おつまみ
「牡丹の黒豚ぎょうざ(6個入り)」   450円
「  〃          (8個入り)」   720円
「鶏の唐揚げ」   600円
「ポテトフライ」   370円
「枝豆」   310円
その他、ドリンク、アルコール類
  1. 2018年6月時点のメニュー・値段です。
  2. 価格は税込みです。

  1. 味や店への評価は、あくまで個人的見解です。
  2. 当サイトでの掲載情報の内容は、時間の経過とともに変化する場合があります。
  3. 本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

    画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。詳しくは「転載、引用について」をお読みください。


トップへもどる

Copyrighted Image