「天主堂の見える丘からの夜景」~光のカーテンを帯びた浦上天主堂

天主堂の見える丘からの浦上の夜景

長崎平和公園の願いのゾーンから平和祈念像の裏手に回り、南へ向かってすぐに「天主堂の見える丘」があります。

東洋最大級のカトリック教会「浦上天主堂」を遠望できる小広場です。

夜のとばりが下りると、ライトアップされた天主堂と、かつて原子野となった浦上地区の夜景との競演が一望できます。

浦上天主堂の沿革

天主堂の見える丘からの浦上天主堂

現在の天主堂は、1959年に鉄筋コンクリート製として再建されたもの。

旧天主堂は、1925年(大正14年)に30年もの年月を要して創建されました。そしてわずか20年後の1945年8月9日。B-29爆撃機から投下された原子爆弾「ファットマン」が、教会から500メートル離れた松山町上空で炸裂。次の瞬間、双塔そびえる壮麗な天主堂は、一部の堂壁をのこして廃墟と化しました。

1962年(昭和37)、再建まもない新天主堂は、長崎大司教区の中核となる司教座聖堂(カテドラル)の座をそれまでの大浦天主堂から譲り受けます。これによって名実ともに、カトリックの街・長崎県を代表する教会堂となります。

天主堂の見える丘

夜の天主堂の見える丘

ベンチがポツンと置かれた小広場です。平和祈念像から50メートルの直近にあります。時間に余裕のない観光客は、ココで天主堂を目に焼き付けましょう。

夜の浦上天主堂への行き方

ライトアップされた浦上天主堂まで歩いていく方は、天主堂の見える丘側面にある階段を降りてください。ココから500メートル、7分で到着します。

ライトアップされた浦上天主堂

ライトアップされた浦上天主堂(長崎市本尾町)

浦上天主堂は毎夜22:00までライトアップされます。敷地内から見学可能。ただし、夜間の入堂不可です(※ミサを除く行為は絶対にお止めください)。

観光客用の駐車場はありませんが、教会そばにコインパーキング「Top24パーキング浦上天主堂前」があります。場所はココ

平和公園のライトアップスポットを隈なく巡りたい方はコチラ

公園内では、「平和祈念像」、「原爆落下中心碑」、「浦上天主堂(天主堂の見える丘より)」など主要なモニュメント、建築物がライトアップされます。また、説明版も照明が灯されますので、平和学習も可能。

それを完全無欠に解説した記事はコチラ

「長崎 平和公園の夜間ライトアップ」~世界平和への願いをともす祈念像への灯り
長崎の「平和公園」は夜間にライトアップされ、無料開放されています。「平和祈念像」はもちろんのこと、「原爆落下中心碑」、「平和の泉」、「追悼平和祈念館の水盤」など主要なモニュメントがライトアップされており、観賞価値が高いです。ぜひ訪れてください。

夜景スポットとしての通信簿

所在地
長崎県長崎市橋口町4−4     地図の位置
美しさ
 
アクセス

専用駐車場なし
最寄りの駐車場「平和公園駐車場(地上部)」 料金 [1]普通車 最初の1時間 250円
1時間~1時間30分 380円
1時間30分~2時間 500円
【夜間】
普通車 1時間毎 70円
※対象は普通車のみ

場所と天主堂の丘までのルート(200メートル程、3分)

路面電車
最寄りの電停:松山町 場所と天主堂の丘までのルート(450m、6分)
施設について
• 無料

施設の充実度・雰囲気  
ベンチあり。その他TOILETが平和公園内に設置

週末の込み具合

夜景観賞の人はほぼ皆無
備考
• 懐中電灯不要
• 車内鑑賞不可
日没時間
長崎の日没時間
※日没後から20~40分後が空がブルーモーメントに染まるもっとも美しい時間帯です

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば著作権侵害による処罰の対象となります)。
詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

脚注・出典   [ + ]

1. 普通車 最初の1時間 250円
1時間~1時間30分 380円
1時間30分~2時間 500円
【夜間】
普通車 1時間毎 70円
※対象は普通車のみ

トップへもどる

Copyrighted Image