「長崎県庁 シェ・デジマでちゃんぽん」【衝撃の一杯500円】鬼コスパすぎ!

長崎ちゃんぽん放浪記:第4回

長崎県庁レストラン シェ・デジマ

2017年末までに移転完了した長崎県庁。それまで地下の隠れ基地的存在であった県庁レストラン「シェ・デジマ Chez Dejima」も移転し、オーシャンビューなオシャレさんへと変貌をとげた。

そのシェ・デジマでは、すべてのメニューが500円~600円とお財布に優しい価格。長崎グルメの顔「ちゃんぽん」はというと、価格破壊な500円!しかし県外の人も口にするのだから、安かろう、まずかろうではイカンのだ。

価格良し!では、味のクオリティはどうだろう?

クオリティーも充分に及第点

長崎県庁食堂シェ・デジマの長崎ちゃん麦ちゃんぽん

県庁食堂シェ・デジマの長崎ちゃん麦ちゃんぽん長崎県庁食堂シェ・デジマの長崎ちゃん麦ちゃんぽん

正式メニュー名は「長崎ちゃん麦ちゃんぽん」。……長い。あと、「長崎ちゃん麦ちゃんぽん」を十回言ってみようかと思ったが、むなしすぎるで思いとどまった。

ボリューム

全体量としては、女性なら十分。男性はやや物足りないレベル。食いしん坊さんなら、シェ・デジマのサバサンドか、隣接するコンビニでおにぎりorパンを購入し、禁断の炭水化物 on 炭水化物をオススメしやす(※コンビニで購入したものでも、食堂内で食事できます)

具材

具材は、野菜だと、「キャベツ」、「もやし」、「人参」、「玉ねぎ」とお馴染みのもの。炒め具合はシャッキシャキ感140%。

肉・海鮮類は、「豚肉」、「イカゲソ」、「ハンペン」、「キクラゲ」。エビやアサリはドコ?と箸で捜索活動を続けたけど見当たらなかった。ワンコインだから止むナッシー。

スープはどうなの?

長崎県庁食堂シェ・デジマの長崎ちゃん麦ちゃんぽんスープのタイプは、「鶏ガラ・豚骨ミックスのクリーミー系」。

鶏ガラメイン&豚骨アクセントの王道路線。ただ豚骨インパクトが中華街より強し。でも強烈な獣臭でアワ吹いて失神という程ではありませぬ。あと、若干しょっぱかった。

このちゃんぽんのウリは?ANSWER:専用麦を用いた「長崎ちゃん麦」麺!

長崎県庁食堂シェ・デジマの長崎ちゃん麦ちゃんぽん

シェ・デジマのちゃんぽん麺の特徴は、ちゃんぽん専用に開発された新品種の小麦「長崎ちゃん麦」を用いていること。

食感としては、しこしこ感が抜群で、舌触りがシルクのように滑らか。飲み込むと、喉をちゅるんと通過。そして通常の三倍伸びにくいそうな、知らんけど。

まとめ「ちゃんぽんは、シェ・デジマ Chez Dejimaの推しメン(麺)だ」

長崎県庁食堂シェ・デジマの長崎ちゃん麦ちゃんぽん
筆者は警備員さんと顔なじみになるほど、シェ・デジマで食い荒らしています。

そのあっしがオススメするのは、トップがダンチで「長崎松花堂」(600円!正午前には売り切ます)、次いで「南蛮カレー」(これも売り切れ早し)

そして、今回平らげた「長崎ちゃんぽん」でッス。この3品は、味・価格・ボリュームのトータルバランスが秀でています。
ただちゃんぽんの名店と比べた場合、味だけでいえば「長崎ちゃん麦」以外に特筆すべき点ないかな、と。

しかしワンコインなちゃんぽんで、このクオリティを実現した努力に二重丸を献上します。皆さまが県庁を訪れた際には、是非ご賞味アレ!

シェ・デジマさん、「ごちそうさんした!」。

「長崎ちゃん麦ちゃんぽん」 500円

長崎駅のちゃんぽん 【後悔ナシ】必食9店!

長崎駅のちゃんぽん|有名店から穴場まで必食9選! 長崎駅周辺のちゃんぽん店をすべて完食!有名店から穴場までを網羅しています。
【画像をクリック!】

 シェ・デジマの営業時間/定休日

11:00~19:00/定休日:土日祝

クローズ(準備中)タイムなし

シェ・デジマ営業終了後も、食堂には21時まで入室可能(土日祝含む)

店舗情報

店名Chez Dejima シェ・デジマ
住所長崎県長崎市尾上町3-1 長崎県庁行政棟 2F
※長崎市江戸町2-13から移転
ジャンル定食、ちゃんぽん、トルコライスカレーライス
予約・問い合わせ予約不可/095-829-3836

シェ・デジマ(長崎県庁)への行き方

 車でGO!駐車場情報はコチラ

県庁駐車場は、展望台 or 食堂利用だけでは有料です。用務目的なら無料となります

料金:一律30分/150円

【車利用】用務次いでにシェ・デジマで食事する方はコチラ

用務ナシだけど、シェ・デジマを堪能したい!安い駐車場はドコ?って方はコチラ【0円となる裏ワザ紹介】

 電車・路面電車で行けます!【長崎駅から徒歩5分】

  1. 味や店への評価は、あくまで個人的見解です。
  2. 当サイトでの掲載情報の内容は、時間の経過とともに変化する場合があります。
  3. 本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

    画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

トップへもどる

Copyrighted Image