長崎県庁 シェ・デジマ|【長崎松花堂が600円】神コスパ!県民なら一秒でも早く喰らうべき逸品

長崎県庁レストラン シェ・デジマの長崎松花堂

似顔絵。イラスト

まずは写真をガン見して欲しい。

「天ぷら盛り合わせ(エビ×2他)」
「豚の角煮」
「煮物」
「エビのベーコン巻などの前菜」

• これにご飯、味噌汁が付く

これで600円なんだ。ウソつけ落ち武者ヘア!と思うだろうが、俺もウソだと思ったがガチだった…頭がどうかなりそうだった…

コスパ良すぎだとか、コスパいいネ!だとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。コイツは神コスパだ!

もちろん味も妥協のない激ウマ松花堂弁当だ。長崎県民なら、即刻、今すぐ、直ちにシェ・デジマへ行って注文すべし(※正午前には売り切れとなります)。

まずは前菜に箸をつける

長崎県庁レストラン シェ・デジマの長崎松花堂

弁当の蓋をあけると、そこは春らんまん。さっそく前菜に目を向けると…

• 「エビのベーコン巻」
• 「だし巻き卵」
• 「高野豆腐の含め煮」
• 「さつまいもの甘露煮」
• 「長崎名産かまぼこ」

おいおい、前菜から飛ばし過ぎだ、シェ・デジマさん。全体的にしっかり目の味付けで、白飯との相性バッチシ。エビの総数は、天ぷらと合わせると計3尾。繰り返すが600円ナリ。

長崎県庁レストラン シェ・デジマの長崎松花堂ところで、かまぼこなんだけど飾り切りしてあるのヨ。県庁の食堂がここまでやるのだ。

これ一つとっても、ガチなのがビッシビシ伝わるでしょ。

副菜のお煮しめへ

長崎県庁レストラン シェ・デジマの長崎松花堂

だしが食材にガッチリと染み込んでいました。お野菜中心なので、箸休め的な感じで。

いよいよ、メインに突入!「豚の角煮」へGO

長崎県庁レストラン シェ・デジマの長崎松花堂

松花堂に豚の角煮。う~ん、長崎らしさ満開でイイヨ!「花は桜、豚は角煮」ってネ。

パクリンチョすると、肉がホッロホロで口の中で溶けちゃいそう。中心にはほどよく噛みごたえを残していました。

長崎県庁レストラン シェ・デジマの長崎松花堂 長崎県庁レストラン シェ・デジマの長崎松花堂

甘辛ダレとトッロトロ豚肉。あぁあ、飯がモリモリ進む!日本人に生まれたことに、感謝感激。(※ご飯は、白米か雑穀米を選べます)。

ラストは、天ぷらナリ

長崎県庁レストラン 白米か雑穀米の長崎松花堂

エビ×2、カボチャ、ピーマン。

膨大なオーダーをこなす県庁食堂だから、揚げたてではナッシング。そこは止む無し。ただ、売りきれ前の正午前注文になるから、サクサク感は残っています。

つゆ付だけど、なくてもしっかりとお味がついていたYO

シェ・デジマChez Dejimaの長崎松花堂 まとめ

長崎県庁レストラン シェ・デジマの長崎松花堂

そりゃ正午前に売り切れゴメンとなるワ

狭すぎる門「シェ・デジマの長崎松花堂」をゲットできる者。それは県庁での用務なんぞ後回しにして、開店すぐのシェ・デジマに突入する勇者のみとなる。

もしショーケースのサンプルに、売り切れシールが貼られていなかったら、迷いなど一斉不要!。即刻、食券を購入し、長崎松花堂にありついて欲しい。皆さまの健闘を祈る!

ということで、〆の感想にイこーか!
「シェ・デジマさん、バリッ旨か!!ごちそうさんした」。

• 長崎松花堂    600円

シェ・デジマの【ランチは全5種類!】すべて網羅した珠玉記事

長崎松花堂以外にも神コスパはまだまだあります。それは全5種類のランチ!シェ・デジマの全メニュー一覧付です。

「長崎県庁レストラン シェ・デジマ」のランチは全5種類~全て紹介します。【メニュー一覧付】
「長崎県庁食堂 シェ・デジマのランチ」は、なんと【全5種類!】。値段は500円か、+50円の神コスパ。県民ファーストのランチを是非ご賞味アレ!

シェ・デジマ(長崎県庁)への行き方

 車でGO!駐車場情報はコチラ

県庁駐車場は、展望台 or 食堂利用だけでは有料です。用務目的なら無料となります

料金:一律30分/150円

【車利用】用務次いでにシェ・デジマで食事する方はコチラ

用務ナシだけど、シェ・デジマを堪能したい!安い駐車場はドコ?って方はコチラ【0円となる裏ワザ紹介】

 電車・路面電車で行けます!【長崎駅から徒歩5分】

店舗情報

店名Chez Dejima シェ・デジマ
住所長崎県長崎市尾上町3-1 長崎県庁行政棟 2F
※長崎市江戸町2-13から移転 地図上の位置
ジャンル定食、ちゃんぽんトルコライスカレーライス
営業時間11:00~19:00
定休日土日祝日
専用駐車場一律30分/150円。(※食堂利用だけでは有料。用務目的であれば無料)
予約・問い合わせ予約不可/095-829-3836

  1. 味や店への評価は、あくまで個人的見解です。
  2. 当サイトでの掲載情報の内容は、時間の経過とともに変化する場合があります。
  3. 本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

    画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。詳しくは「転載、引用について」をお読みください。


トップへもどる

Copyrighted Image