「風頭公園の夜景」【画像集】 ~大自然が描く芸術的なグラデーション

地球でたったココだけ、NAGASAKIの絶景。 【File5】

「風頭公園からの夜景、その魅力」

風頭公園展望台からの新世界三大夜景の長崎の夜景

新世界三大夜景に認定された「長崎の夜景」。全国的な知名度では、「稲佐山」が突出しており、その代名詞的存在となっている。しかし「稲佐山」の他に、「鍋冠山」「立山」(※「立山公園から夜景」でない点に注意。ホテル「長崎にっしょうかん」、「五社神社下」バス停周辺から景観が、四大スポットの一つ「立山の夜景」となります。)、そして本稿で紹介する「風頭山」の四か所が、長崎の夜景の代表的名所であることはあまり知られていない。

風頭公園展望台からの新世界三大夜景の長崎の夜景風頭公園展望台からの新世界三大夜景の長崎の夜景

その一角「風頭公園からの夜景」は、夕刻から日没直後のトワイライトタイムに本領を発揮する。北西に沈む夕陽が大空をオレンジに染め、日没直後のブルーモーメントと融合し幻想的なグラデーションを描く。くわえて、稲佐山をはじめとする西側の山々から発生する雲がこのグラデーションに芸術的な模様を描く。

風頭公園展望台からの新世界三大夜景の長崎の夜景風頭公園展望台からの新世界三大夜景の長崎の夜景
稲佐山方面長崎市中心街

風頭公園展望台からの新世界三大夜景の長崎の夜景風頭公園展望台からのライトアップされたジャイアント・カンチレバークレーン(世界遺産)
旧居留地ジャイアント・カンチレバークレーン(世界遺産)

風頭公園展望台からの新世界三大夜景認定、長崎の夜景風頭公園展望台からの新世界三大夜景認定、長崎の夜景
JR長崎駅、浦上方面クルーズ客船

風頭公園展望台から遠望できる長崎各所の夜のロケーション。標高約150mと稲佐山の半分にも満たないので、長崎の街並みを身近に感じることができる。桜が咲く頃には、桜の名所「立山のぼんぼり」が夜景に彩りを添える。そして夏から初秋になると、長崎くんちで奉納される演し物の練習が各地で行われるが、そのかけ声が展望台まで届く。

坂本龍馬之像と風頭公園の夜桜

風頭公園は桜の名所でもある。3月下旬から4月上旬には、満開の桜と長崎の夜景との贅沢なコラボレーションを満喫できる。そして6月上旬には地植えのアジサイが咲き誇る。
このように夜景の美しさだけでなく、長崎の四季を身近に感じることができるのも特長の一つ。

以上、多くの魅力が詰まった風頭公園展望台の夜景は、通常は観衆が少ない穴場スポット。来崎された際は、是非立ち寄っていただきたい。

風頭公園からの夜景。その魅力のすべてと駐車場・ホテル情報とを完全無欠にまとめました。

「風頭公園の夜景」~【美しさはAクラス】その理由はこうだ!
長崎の夜景4強の一角「風頭公園からの夜景」。とある攻略法を知れば、稲佐山級の夜景を堪能できます!今回はその秘密を大公開。夜間利用できる駐車場や、夜景の見えるホテルの情報もあり。
「地球でたったココだけ、NAGASAKIの絶景。」とは
全国1位の島の数と全国第2位の海岸線の長さをほこる長崎県。
その複雑に入り組んだ海岸線とあまたの島嶼、そして雄大な大自然とが織りなす絶景の数々をとっておきの写真とともに紹介していきます。

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人 
画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば著作権侵害で処罰されます
詳しくは「転載、引用について」をお読みください。


トップへもどる

Copyrighted Image