色づく世界の明日から~聖地巡礼【絶景すぎる写真が撮れます!】

出雲近隣公園(長崎市)の花火
出雲近隣公園からの打ち上げ花火
 
アニメで登場する名所を【キレイに撮れる方法】大公開

「色づく世界の明日から」を彩った「鍋冠山」「祈念坂」など長崎の名所の数々。

山ほど訪れ、写真を撮りまくった筆者が、「キレイに撮れる方法」から「アクセス方法」までを完全ガイドします!

【証拠】中の人は、以下の記事の筆者です。

   • 「鍋冠山の夜景」~140%満喫するための3つのポイント

   • 「祈念坂」~大浦天主堂路地裏の【名画のような風景】

   • 「風頭公園の夜景」~【美しさは最強クラス】その理由はこうだ!

etc。※「東山公園」、「長崎南高校周辺」、「森の魔女カフェ」など未訪な場所については、一切触れません。実際に訪れた聖地のみを解説します(拙サイトは、アンチまとめサイトです)。

それと、筆者は「色づく世界の明日から」を一度も視聴していません。

(※アニメ自体を視聴しなくなって久しいオッサンです。)

しかし、アニメに登場する聖地の

  1. 「めちゃキレイな撮り方」
  2. 「詳しいアクセス方法」
この2点ならお手伝いできます(読んで損をさせない絶対的な自信があります)。

前振りが長くなりましたが、さっそく解説へ移りましょう。

記事作成に関して、「アストラルのつれづれ旅日記」さんを参考にしました

アニメで登場する聖地について、参考にさせていただいたサイトです。それにしても、本当によく調べていらっしゃるなと感心しきり。心からオススメです。

長崎市内へのアクセスについて

長崎市民以外の方対象です。

  1. 長崎市街:圧倒的に「路面電車」が便利です。「車」は、道が狭く、一方通行が多いなど、土地勘のない方には難所です。
  2. 郊外車が必須。「女神大橋」や「香焼総合公園」、「伊王島灯台」は車以外はオススメしません。

撮影について

夜景撮影に「三脚」は是が非でも欲しいところ。なるべく良質なものがベター。

ベストな撮影時間:日没後の10~30分後、夜空がブルーモーメントとなるトワイライトタイム撮影が鉄則です。

「出雲近隣公園」

出雲近隣公園(長崎市)の花火出雲近隣公園(長崎市)からの風景
長崎・出雲近隣公園の桜
第5話:出雲近隣公園の遠景、桜満開バージョン
 
夜の出雲近隣公園夜の出雲近隣公園(長崎市)出雲近隣公園からの新世界三大夜景、長崎の夜景

日中:午前撮影が適しています。午後は逆光です。日中は利用客が多いため、撮影には細心の配慮が必要。

夜景:日没直後のトワイライトタイムで。専門記事は以下で。

花火撮影:駐車場がマッハで埋ります(路駐は、即行で違反キップを切られます)。車より、大浦から徒歩で訪れる方が現実的かも。専門記事は以下で

アクセス:車が圧倒的にオススメ。無料駐車場あります。

また、同じく無料駐車場付きの「鍋冠山公園」までは車で5分なので、はしごできます。ルートです

出雲近隣公園からの鑑賞できる花火大会は、以下の4大会。

大会名開催日時
「長崎帆船まつり」 4月下旬~5月初頭の土・日
「ながさきみなとまつり」 7月最終土・日曜日
「とっとっと祭り」 8月下旬の土曜or日曜日
「長崎Lovefes」9月下旬~10月中旬の土・日

※一番観衆で溢れるのが「ながさきみなとまつり」。穴場は「とっとっと祭り」です。

「グラバースカイロード」、「グラバー園」、「祈念坂」、「鍋冠山展望台」etc

以下の聖地については、徒歩でグルッと一巡できます。一気にカット回収できるのでウルトラ効率的です。

   • 「石橋電停」

   • 「グラバースカイロード」

   • 「グラバースカイロード展望所」

   • 「大浦小学校付近」

   • 「鍋冠山展望台」

   • 「グラバー園」

   • 「南山手レストハウス」

   • 「大浦展望公園」

   • 「祈念坂」

どの聖地も頻繁に登場するようなので、アニメのカットについては、アストラルさんのを隅から隅までチェックしてください。特に来崎するチャンスに乏しい県外の方は、見落としのないよう念入りに目を通し、撮り忘れを防ぎましょう。

「地図」&「ルート」【現地写真付き】


「石橋電停」に着いたら、これらの「地図」&「案内記事」を開きます。そして両方を併用すれば、迷うことなくルートを巡られます。

「グラバースカイロード展望所」

グラバースカイロードからの新世界三大夜景、長崎の夜景グラバースカイロード展望所からの風景

夜景:PVに登場。日没直後のトワイライトタイム撮影で。

日中:第8話で登場。正午前後の撮影で。

グラバースカイロードの猫

アニメで登場する祈念坂のニャンコは、「祈念坂」よりも、「グラバースカイロード」の斜行&垂直エレベーターの間にある小広場でたむろしている時間が多いです。ベンチを完全占拠していて、完全にココ一帯の主です(笑)

第5話:「鍋冠山公園」

鍋冠山公園展望台からの女神大橋

日中:この「鍋冠山展望台からの女神大橋」は午前に撮影しました。順光といってクッキリ映る時間帯を狙っています。

しかしアニメではあえて夕刻前の逆光で撮影し、印象深いものする意図が感じられます。

鍋冠山公園展望台からの長崎の夕景

OPのカットも日暮れですし、「鍋冠山展望台」には、夕刻に到着しましょう。

鍋冠山公園展望台からの新世界三大夜景の長崎の夜景

アストラルさんのブログを読み通したのですが、「鍋冠山からの夜景」は登場しませんよね?まぁでも、「稲佐山」と並ぶ夜景の名所なので、載せておきます。

耳より情報:写真家は、美しさが1.5倍増となる「クルーズ客船が夜間停泊する日」を狙います。

  [1]※寄港の日時などは変更なることが間々あるので、事前に長崎市文化観光部 観光推進課事(℡095-829-1314)に確認してください

アクセス:無料駐車場あり。また、グラバースカイロードから徒歩15分で行けます。

第6話:「グラバー園」

グラバー園の旧三菱第2ドックハウスからの絶景
長崎港を望むロケーション撮影は午前

旧グラバー住宅(長崎市グラバー園)、世界遺産
洋館撮影は午後

撮影:
  1. 長崎港を望む景観:午前
  2. 旧グラバー住宅などの洋館群:午後
と撮影に最適な時間帯が、クッキリ分かれています。

ですので、次善の策として、両方の被写体群がベターに撮れる「正午前後がオススメ」。午前、午後のどちらかに偏ると、一方が逆光となります。

グラバー園の自由亭喫茶店グラバー園グラバー園

アニメのアングルを追加しておきます。

旧グラバー住宅(長崎市グラバー園)、世界遺産(チューリップ)

「アニメと同様に、レトロ写真館で居留地時代の衣装を借りて記念撮影したい」という方:3月中は、「旧グラバー住宅」の前の花壇がチューリップです。全米が涙するほど絵になりますので、是非どうぞ。

グラバー園第2ゲート

「グラバー園」へは、グラバースカイロード展望所を抜けてすぐにある「第2ゲート」から入場できます(有料)。

「大浦展望公園」

大浦展望公園からの風景大浦展望公園からの長崎の夜景夜の大浦展望公園

アニメでは重要シーンで登場するようですが、景観はそこそこな感じ

南山手レストハウス(旧清水氏住宅、南山手乙27番館)

幕末に創建された洋館「南山手レストハウス」の正面に位置します。同所は無料開放されており、TOILET、自販、ベンチあり。休憩場所には最適です。

南山手レストハウス(旧清水氏住宅、南山手乙27番館) 裏門からの絶景

南山手レストハウス裏手にある正門からの景観はビューティフォーの一言。

「祈念坂」

祈念坂からの大浦天主堂と長崎の夜景(長崎市南山手町と相生町の間)祈念坂からの長崎の夕景大浦天主堂の路地、祈念坂大浦天主堂の路地、祈念坂

「カトリック教会(大浦天主堂)」、「石畳」そして夜は「夜景」と長崎を代表するものが一つのフレームに収まる唯一の場所です[2]ついでいえば、「斜面一面の墓地」も加わります。遠藤周作がこよなく愛したのも頷ける話です。

映画では『解夏』、『ペコロスの母に会いに行く』で登場。

撮影:石畳の坂メインで撮る場合は、曇天時が重厚感を感じてベター。雨に濡れているとより完璧。その際はブレやすいので、細心の注意を払ってシャッターを切ってください。

耳より情報:18:00になると「大浦天主堂」と「妙行寺」による宗教を越えた鐘の協奏曲が鳴り渡ります。長崎らしさ満点のひと時です。

詳しくはコチラで

第9話:「風頭公園」、「若宮稲荷神社」

「風頭公園」と「若宮稲荷神社」は、徒歩で巡れます。

※両所までは、「眼鏡橋」から上がってくることも可能ですが、長い登り坂を踏破しなくてはなりません。

若宮稲荷神社

若宮稲荷神社の太鼓橋坂本龍馬之像
アニメで登場する太鼓橋若宮稲荷神社の坂本龍馬之像

長崎市内最大の稲荷神社で、坂本龍馬ら維新志士とゆかりの深く「勤皇稲荷」の別称をもちます。境内にミニチュアの「坂本龍馬之像」が建立されているので必見です。

竹ン芸(若宮稲荷神社例大祭)、長崎市

「若宮稲荷神社」では、10月14・15日の例大祭「竹ン芸」があまりにも有名。雄雌ついのキツネを演じる2人が、10メートルもの高さの竹の上で、命知らずの曲芸を奉納します。

亀山社中記念館・龍馬通りの猫

神社の周囲には、人馴れしたニャンコが我が物顔で闊歩しています。アニメ同様に、橋の欄干で寝ていたらラッキーですが。

この辺りのニャンコを撮りたい場合は、「龍馬のぶーつ像」の小広場にうろついている場合が多いです。場所はココ

風頭公園の展望台風頭公園展望台からの夕景

「風頭公園展望台の夕景」。アニメと同様のカット(落日位置)を望むなら、冬季に撮影しましょう。

風頭公園からの夕景

アニメで登場する芸術的な雲模様を撮るには、足繁く通うこと以外ありません。

夕陽に照らされる風頭公園の「坂本龍馬之像」

アニメには登場しませんが、展望台より徒歩1分にある「坂本龍馬之像」は風頭公園名物です。お忘れなく!

撮影:午後の遅い時間:「若宮稲荷神社」⇒歩いて⇒夕刻:「風頭公園 展望台」へ ルートです(徒歩10分)

アクセス:眼鏡橋から歩くコースは、健脚な方以外だとかなり疲弊します。

車なら「風頭さくらP」に停めるのがベスト!(※公園最寄りの「小川ハタ店 駐車場」は18:00施錠です)。

詳しくはコチラ。

第9話:「浦上天主堂遠景」(天主堂の見える丘)

浦上天主堂遠景(平和公園そば)、天主堂の見える丘浦上天主堂遠景(平和公園そば)、天主堂の見える丘

平和公園に建立された「平和祈念像」裏にある「天主堂の見える丘」からの光景です。案外知られていない穴場SPOTです。

桜(ソメイヨシノ)、ツツジの見頃だと、より華やかな風景に。

天主堂の見える丘からの浦上天主堂浦上天主堂のクリスマスイルミネーション(長崎市本尾町)

「夜バージョン(毎夜22:00までライトアップされます)」、「クリスマスイルミネーション・バージョン」。

アニメには登場しませんが、夜間撮影も、日中とは別の趣を感じられます。

第2話:「香焼総合公園 展望台」

香焼総合公園(長崎市)からの絶景

第2話で登場するカット。

香焼総合公園(長崎市)からの軍艦島

同展望所からは豆粒のような「軍艦島」が遠望できます。

撮影:午後が適しています。ただし軍艦島は逆光です。

アクセス:車が圧倒的にオススメ。無料駐車場あります(16:30施錠)。

撮影終了後は「伊王島」へと向かいましょう。

第7話:「伊王島」

伊王島灯台PVに登場する「伊王島灯台」の光景。ツツジの咲く時期に訪れましょう。同灯台は、高倉健さんの遺作『あなたへ』のラストシーンにも登場します。

第7話に登場する「架空の展望台からの風景」

伊王島灯台伊王島灯台

候補1:「伊王島灯台公園の展望台」。灯台の先にあります。

馬込教会(沖之島教会)

候補2:「馬込教会」。伊王島大橋を降りたら先の高台に建ちます。

馬込教会(沖之島教会)、長崎市伊王島

「馬込教会」には、見学者用の無料駐車場があります(カトリック教会ですが、伊王島の定番名所も兼ねています)。アニメとは無関係ですが、教会背部の階段頂部からの景観は、感涙ものです。ぜひ、カメラに収めてください。

駐車場はココ

第7話:「夜の女神大橋」

女神大橋のライトアップ女神大橋までのルート女神大橋からの新世界三大夜景認定、長崎の夜景女神大橋からの新世界三大夜景認定、長崎の夜景

広大な無料駐車場を完備しており、車でのアクセスは良好。

道路端の遊歩道から、長崎の夜景を遠望できます。市街までやや距離があるので、個人的には今一つかなと。

第9話:六角道

六角道

道路の中に巨大な神木がニョキニョキ生えている、長崎定番の珍スポット。

要注意点:車で通行経験のない方:絶対に車で突入しないでください。長崎有数の酷道で、車を神木に擦ってしまう危険が大いにあります。

そうなると、楽しいはずの聖地巡礼が台無しです。

「水辺の森公園」

水辺の森公園水辺の森公園水辺の森公園からの長崎の夕景

撮影:クルーズ客船が停泊している時がベスト。

しかし、アニメのカットには登場しませんので、特にこだわる必要はありません。カット回収については、アストラルさんのブログに目を通してください。

アクセス専用の無料駐車場ナシ。公園周辺では、広大な「県営常盤駐車場(北)」&「 〃(南)」が目立ちますが、「森の駐車場(北)」&「 〃(南)」の方が断然お得。格安な人気駐車場ですが、夕刻からなら空車率高が高いです。

「森の駐車場(北)」&「 〃(南)」

収容台数21台、17台

地図上の位置

・8:00~18:00  ⇒

2時間まで50円。以降、30分毎150円

・18:00~8:00  30分/50円

夜間上限 1,000円

「県営常盤駐車場(北)」&「 〃(南)」 

収容台数173台、156台

地図上の位置
【通常料金】

・8:00~20:00 30分/120円

・20:00~8:00 30分/60円

※24時間毎の上限額 2,880円

最寄りの路面電車の電停

•「大浦海岸通り」位置と公園までのルート(300メートル、徒歩4分)

•「市民病院前」 位置と公園までのルート(650メートル、徒歩8分)

ではでは。~聖地巡礼を満喫できれば幸いです

本稿の執筆、すべての写真撮影(マイマップの写真含):当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。

詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

脚注・出典   [ + ]

1. ※寄港の日時などは変更なることが間々あるので、事前に長崎市文化観光部 観光推進課事(℡095-829-1314)に確認してください
2. ついでいえば、「斜面一面の墓地」も加わります

トップへもどる

Copyrighted Image