「興福寺の紫陽花季」【長崎市のあじさい寺】見どころ・期間をガイド!

長崎アジサイ便り:第6回

興福寺(長崎市寺町、唐寺)の紫陽花季(あじさい)

境内を彩る100種のヤマアジサイ

隠元禅師ゆかりの禅寺「東明山 興福寺」は、江戸時代初頭の1624年(寛永元年)に、中国僧の真円により開山。在留中国人の惜しみない寄進によって完成した荘厳な伽藍は、県指定史跡に指定され国内外から高い評価を得ています。

毎年5月末から6月上旬になると、同寺の境内には100種類のヤマアジサイが惜しみなく飾られ、長崎初夏の風物詩として拝観者の目を楽しませています。

「朱に染まったあか寺」と「清楚な山紫陽花」とのコントラストは、あじさい寺と呼ぶに相応しい一幅の絵です。

紫陽花季2019の開催期間:5月24日(金)~6月9日(日)

入山料:300円紫陽花パスポート500円(6月30日まで何回でも入山可能)

※「紫陽花季」終了後も(鉢植え)アジサイは展示されます。

スポンサーリンク

基本情報

所在地長崎市寺町4-32
拝観料
  1. 大人:          300円
  2. 高・中学生: 200円
  3. 小学生:       100円
※15名以上からの団体割引あり

拝観時間9:00〜17:00(年中無休)
無料駐車場あり。山門前に3台分。
問合せ℡:095-822-1076
備考庫裡(くり)には素足で入室できません。ストッキング着用か靴下を持参ください。

紫陽花季 フォト集

興福寺(長崎市寺町、唐寺)の紫陽花季(あじさい)

興福寺(長崎市寺町、唐寺)の三江会所門 (県指定有形文化財)

興福寺(長崎市寺町、唐寺)の紫陽花季(あじさい)

興福寺(長崎市寺町、唐寺)の紫陽花季(あじさい) 興福寺(長崎市寺町、唐寺)の紫陽花季(あじさい)

興福寺(長崎市寺町、唐寺)の紫陽花季(あじさい) 興福寺(長崎市寺町、唐寺)の紫陽花季(あじさい)

「清澄沢」、「乙女の舞」、「七段花」、「黒姫」、「達磨糊空木」、「広瀬の華」、「伊予手まり」、「隅田の花火」、「剣の舞」、「花紅」などの珍しい品種が、境内中に飾られます。

興福寺(長崎市寺町、唐寺)の紫陽花季(あじさい)

ローアングルからのアジサイと五色の吹き流し。

興福寺(長崎市寺町、唐寺)の紫陽花季(あじさい)

中国では縁起が良いとされるコウモリ。そのコウモリの穴から覗く境内。

興福寺(長崎市寺町、唐寺)

空を突き抜けんばかりに伸びた竹林。地表でこんもりと育つアジサイとの対比は、紫陽花季の見ものの一つ。

興福寺(長崎市寺町、唐寺)の紫陽花季(あじさい)

「柏葉アジサイ」と「飯梆」(魚板・鱖魚)。「飯梆」(はんぼう)とは、精巧な魚の形をした時を告げる鳴らし物で、黄檗宗の寺院で見られます。

興福寺では雄雌一対がそろっており、とても貴重。

興福寺(長崎市寺町、唐寺)の紫陽花季(あじさい)

鉢植えがメインですが、地植えのアジサイも植栽されています。

興福寺(長崎市寺町、唐寺)の紫陽花季(あじさい)

和菓子と抹茶 900円。

紫陽花季期間中は、住職オリジナルの和菓子をアジサイを鑑賞しながらいただけます。

興福寺(長崎市寺町、唐寺)

興福寺(長崎市寺町、唐寺)

和菓子の食後には、庫裡(くり)を入室しました。品よく飾りつけられた室内とそこから眺める東明燕(庭園)。静寂に包まれた空間からは、心和むひと時を過ごせます。

※素足での入室はできません。

「興福寺のアジサイ」 まとめ

眼鏡橋(長崎市魚の町・中島川石橋群)、ながさき紫陽花まつり

中島川会場とのアジサイ巡りをオススメします。

先代の住職から足かけ70年にわたって育てられたヤマアジサイは、境内を紫陽花模様に染め上げます。

シーボルトが著した『日本植物誌』によってヨーロッパに紹介されたのは、これらヤマアジサイの品種。今日一般的となった西洋種の原種は、素朴ながらも奥ゆかしい美しさヤマアジサイだったわけです。

ながさき紫陽花まつりの人気会場「眼鏡橋・中島川」から興福寺までは500メートル、徒歩5分とほど近いので、一緒に巡るのを断然オススメします。

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人(※画像・文章の無断転載を固くお断りします。転載については必ずこちらをお読み下さい。
スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image