長崎ランタンフェスティバル「興福寺」会場【本当は教えたくない穴場】

長崎ランタンフェスティバル(興福寺)
刻が穏やかに流れる中華風寺院

「長崎の興福寺」は、江戸時代の在留中国人が、キリスト教徒でない証しとして建立した唐寺(とうでら)のなかの一つ。禅宗の一派「黄檗宗」の寺院です。

当時の在崎中国人は、日中貿易で得た莫大な財を惜しみなく寄進し、興福寺の創建を援助しました。そのため、中国の建築意匠を基調とした美麗荘厳な名刹として完工。その建築様式は、今日でも高い名声を得ています。

なのですが、長崎での観光コースから外す人が案外多く、本当にもったいない。

文化財としての価値、そして鑑賞対象としても、京都の有名寺院に何ら劣らない「長崎の興福寺」。ランタン観光の際に訪れてもらえるよう、その魅力をお伝えします。

※ランタンフェスティバル2019開催期間:2月5日(火)~2月19日(火)

【証拠写真】まるで名画のように輝く伽藍

長崎ランタンフェスティバル(興福寺)
朱色の山門(興福寺の異名あか寺の由来)

長崎ランタンフェスティバル(興福寺) 長崎ランタンフェスティバル(興福寺)の隠元禅師
花瓶と牡丹 隠元(いんげん)禅師

長崎ランタンフェスティバル(興福寺)
「大雄宝殿(本堂)」と「刹竿(旗竿)」

長崎ランタンフェスティバル(興福寺の大雄宝殿)
本殿の「大雄宝殿」は、国指定重要文化財(※国宝に次いで貴重とされる)

長崎ランタンフェスティバル(興福寺)
「原爆で傾いた柱」と「氷裂式組子の丸窓」、「黄檗天井」

長崎ランタンフェスティバル(興福寺) 長崎ランタンフェスティバル(興福寺)

長崎ランタンフェスティバル(興福寺)

長崎ランタンフェスティバル(興福寺の媽姐堂)
「媽姐堂」(県指定有形文化財)

長崎ランタンフェスティバル(興福寺) 長崎ランタンフェスティバル(興福寺)
扉の穴が蝙蝠の形に 春聯

長崎ランタンフェスティバル(興福寺の媽祖さま)
航海の神「媽祖さま」

夜の拝観は、ランタンフェスティバルの期間だけ

通常17:00までの拝観時間は、ランタンフェスティバルの期間中には、夜21:00まで延長されます。加えて、伽藍が幻想的にライトアップされ、ランタンが品よく飾り付けられます。

そのファンシーな光景は、さながら名画よう。

拝観料:大人300円。

被写体としても最適

ランタンフェスティバルの眼鏡橋

ランタン会場で一番人気の撮影SPOTといえば、眼鏡橋が架かる「中島川公園会場」。期間中の夜には、「眼鏡橋」と「黄色のランタン」との構図を狙ったガチ勢が大挙訪れます。

眩いばかりの「中島川公園会場」とは異なる、落ち着いた魅力を放つのが、500メートル先にある「興福寺会場」。もともと「眼鏡橋」は、興福寺の第2代住職「黙子如定」が架橋に携わっており、橋完工後は、寺の参道としての役割も担ってきました。

「興福寺」と「眼鏡橋」。ランタン会場での対の存在として、どちらもカメラに収めてはいかがでしょうか。同寺には、3台分の「無料駐車場」が山門前にあります。拝観料300円は、被写体としての価値を考えれば全然お得です。

興福寺で催される主なイベント

【1】歴史絵巻さながらの「龍踊り」

長崎ランタンフェスティバル(興福寺の龍踊り)長崎ランタンフェスティバル(興福寺の龍踊り)
長崎ランタンフェスティバル(興福寺の龍踊り) 長崎ランタンフェスティバル(興福寺の龍踊り)

「長崎の龍踊り」の起源を紐解けば、江戸時代の在留中国人が五穀豊穣を祈願した雨乞い神事にもとめられます。それが長崎の民衆に伝わったのが始まりです。その後、長崎で独自のスタイルを確立し、現在まで継承されています。

ランラン期間中の土日、「興福寺境内で舞う龍踊り」は、江戸時代の歴史風景を再現した一大イベントとして、大変賑わいます。

とどのつまり、この江戸時代の絵画と同じ光景が、興福寺で見られるわけです。そのため、この光景を目にするために、龍踊り奉納時には、大観衆で溢れかえります。

コチラも是非お勧めです。

【2】「媽祖行列」開催日時

長崎ランタンフェスティバル(興福寺)の媽祖行列

  1.  
  2. 2月10日(日)

       • 「琉球國祭り太鼓エイサー」           14:00~14:20

       • 「龍踊り」                               15:00~15:20

       • 「媽祖行列(到着式)」                   15:50~16:15

  1. 2月17日(日)

       • 「媽祖行列(出発式)」                  13:00~13:25

       • 「龍踊り」                                15:00~15:20

       • 「琉球國祭り太鼓エイサー」              15:50~16:10

【3】「変面ショー」開催日時

  1.  
  2. 2月16日(土) 17:00

イベントスケジュールは、コチラをダウンロードください。

ランタンフェスティバルの興福寺 まとめ

長崎ランタンフェスティバル(興福寺)

静寂のなかで鑑賞できる通好みの会場

夜訪れるには時間が足りないという方は、日中でも推奨できます。

なお、本堂内には「黄金の関帝(関羽)像」が安置されており、三国志ファンは必見です。

「豊穣な歴史」と「鑑賞価値に富んだ」名刹を、ランタンフェスティバルを好機にぜひご鑑賞ください。

「長崎ランタンフェスティバル2019」~達人が【見どころを神解説!】」

長崎ランタンフェスティバル

3年間ランフェスに通い続けた超ヒマ人(ほっとけ!)による「長崎ランタンフェスティバル 神ガイド」です。絶対の自信作!

【画像をクリック!】

「長崎ランタンフェスティバル2019」~達人が【見どころを神解説!】
長崎ランタンフェスティバルは【まるで夢の桃源郷!】 戦後最大級の……分かりやすさでッ長崎ラ...

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。特にまとめ・キュレーションサイト、アフィリエイトブログによる画像の盗用については、断固とした対応をとります。

詳しくは「転載、引用について」をお読みください。


トップへもどる

Copyrighted Image