「共楽園(長崎市)」でちゃんぽん~眼鏡橋の人気店は【スープが鬼ウマ】

さらりコクウマ系の最高峰

長崎ちゃんぽん放浪記:第36回

共楽園(長崎市古川町)のちゃんぽん
名店のスープは、とんでもなくヤバかった!

ちゃんぽんの味の決め手はスープ。麺も具材もそりゃ大事。しかーしスープがしょぼかったらすべてがノーカンになるのがちゃんぽん。

共楽園のそれは一口口に含んだ瞬間に、ジュッパっと衝撃が走ったわい。なるほど、これならちゃんぽんの名店として、大勢から高い支持を受けるのもそりゃ納得。

※末尾にメニュー一覧を掲載しています。

「ちゃんぽん 720円」を実食したのだ

共楽園(長崎市古川町)のちゃんぽん

スープについて補足すると、鳥ガラ+海鮮、特にあさりエキスがジュワジュワ~~と溶け込んでいます。濃厚ではないが、淡白では断じてなし。反則級なコク深さでもう一杯、さらにもう一杯とレンゲを掬う動作がとまらねぇぇえ。

あえて長時間炊き込まず、風味を大切にする技法がキラリと光ります。

この絶品スープに麺が絡んで…

共楽園(長崎市古川町)のちゃんぽん

ヒョォォォォオオオオ、バリうめぇぇぇええ!

柔めの中麺は、唐灰汁入りでモチモチ、モッチモチな食感。麺の硬さがやわやわなので、そこは好き嫌いが分れそう。

ボリューム満点丸でアール【コスパ良し】

共楽園(長崎市古川町)のちゃんぽんの具材 共楽園(長崎市古川町)のちゃんぽんの具材

具材の内容は、「イカ」、「豚肉」、「練りもの」、「キャベツ」、「もやし」、「キクラゲ」と長崎ちゃんぽんにはお馴染みの顔ぶれ。共楽園ならではの特徴としては

  1. アサリの身がたっぷりとINされている(冬はカキ)。
  2. こんもりと野菜たっぷり。
  3. 玉ねぎナッシー。さらりコクウマ系スープの店では割と多いです(玉ねぎの甘味が、スープの繊細な味を阻害するため)。

値段は中華街相場で約100円安。眼鏡橋から徒歩2分の立地からすれば、十分すごるほどコスパ良好!でっす。

「ソボロ皿うどん」も、おいしゅうございました

共楽園(長崎市古川町)のそぼろ皿うどん(味付け太麺)

しっかり味付けされた「そぼろ皿うどん(味付け太麺)」は、麺をちゃんぽんスープに絡めて香ばしく炒めた焼うどんタイプ。ほのかなオイスター風味がたまりません。

共楽園(長崎市古川町)の若鶏の唐揚げ

自家製タレに付け込んだ「若鶏の唐揚げ」は、2個200円から販売。カリッと揚がった衣&ナッツの香りで食欲をそそられます。つかビーーーーールホスィ!

共楽園(キュウラクエン)のちゃんぽん まとめ

共楽園(長崎市古川町)

さらりコクウマ系スープが好みの方は是非

好みにドンピシャのウマいちゃんぽんと出会いたいなら、スープの味を調べておけば、ほぼ目的は達成できます。そういう意味で、さらりコクウマ系が好みな方なら共楽園は候補に入れるべきお店。内装は大衆食堂の趣で、カウンターがあるので、おひとり様でも余裕。

一方で、本格中華も堪能したい&高級感も重視なら、同じ中島川沿いの「中国菜館 慶華園」も視野に入れと良いでしょう。

ということで、〆の感想にイこーか!
「共楽園さん、バリッ旨か!!ごちそうさんした」。

共楽園| 営業時間

【昼】11:00~14:30
【夜】17:00~19:30

店舗情報

眼鏡橋(長崎市魚の町・中島川石橋群)
共楽園から徒歩2分の「眼鏡橋」

店名共楽園
住所長崎県長崎市古川町5-4
ジャンル長崎ちゃんぽん、皿うどん
定休日火曜日
駐車場ナシ
問い合わせ095-822-8257

「長崎ちゃんぽん放浪記」【目指せ100杯!】

長崎ちゃんぽん放浪記 ちゃんぽんを、アッチコッチで食べ歩いてます。名店から仰天ビックリなものまであるYO
【画像をクリック!】

共楽園|メニュー一覧

 
麺類
「ちゃんぽん」       720円
「皿うどん(パリパリ細麺)」       770円
「そぼろ皿うどん(味付け太麺)」       770円
  
飯類
「焼き飯」       670円
「ごはん」       100円
  
サイドメニュー
「若鶏の唐揚げ」

2個:200円
4個:400円
8個:800円

ドリンク・アルコール類
「生ビールセット(唐揚げ2個付き)」       700円
「生ビール(中)」       550円
「キリンラガー(中瓶)」       550円
「ノンアルコールビール」       300円
「ソフトドリンク・ウーロン茶」    各120円
  1. 2018年10月時点のメニュー・値段です。
  2. 最新のメニュー内容とは異なる可能性があります。必ず事前に公式サイト、電話などで確認をとってください。

  1. 味や店への評価は、あくまで個人的見解です。
  2. 当サイトでの掲載情報の内容は、時間の経過とともに変化する場合があります。
  3. 本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

    画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

トップへもどる

Copyrighted Image