老李|極上ちゃんぽん~カラスミと鶏ガラスープとの幸せハネムーン!

長崎ちゃんぽん放浪記:第3回

老李(ラオリー)の極上ちゃんぽん

「麻辣(マーラー)ちゃんぽん」「腐乳(フニュウ)ちゃんぽん」とオンリーワンなちゃんぽんを発表し、長崎ちゃんぽん界に新風を巻き起こしてきた「老李(ラオリー)」。

店の看板メニューとなる「極上ちゃんぽん」。となれば、その集大成となるオリジナルな豪華ちゃんぽんとなること期待十分だ。

※「極上ちゃんぽん」は、新地中華街本店のみの提供となります

異端児「老李」の「極上ちゃんぽん」は、当然ただ物ではなかった

老李(ラオリー)の極上ちゃんぽん

テーブルに置かれた出来たてホカホカの「極上ちゃんぽん」。

さてと、豪快に食らってやるゼと箸とレンゲを握りしめたその時!視界に入ったのは、頂点にそびえる黄金色の塊。「なんじゃ、コレ?」。よく目を凝らしてみると…

老李(ラオリー)の極上ちゃんぽん

「生カラスミだッ!!!」
黄金に輝くプッチプチ状の塊。それはボラの卵巣を塩漬けにした長崎名産の珍味「生カラスミ」だったのだ。

OK!結果は読めた。これで激ウマとならない訳がない

老李(ラオリー)の特製ちゃんぽん

イタリアンでは、アンチョビ(カタクチイワシの塩漬け)をよく隠し味に使う。それと同じ理屈なのだ。

ちょんぽんの味の決め手、それはスープ。老李のものは、鶏ガラ100%の濃厚クリーミー系。そこにカラスミ、それも特産 松庫商店製のものを加える。

これなら口にする前から、至福のちゃんぽんになることが約束されたも同然。コナン君でなくても読めてしまう鉄板な展開といえよう。

ココでアドバイスを一つ。カラスミをすぐにスープに混ぜずに、まずはオリジナルの100%鶏ガラスープを味わってくださいませ。

それを堪能したら、少しづつカラスミを混ぜていき、適度な旨みと塩気となれば、かき混ぜ終了ー。これで一杯のちゃんぽんで、二種類の絶品スープが味わえます。

「極上」というからには具材も重要。さて、どうなの?

老李(ラオリー)の極上ちゃんぽん老李(ラオリー)の極上ちゃんぽん

ゴロッゴロにカットされた、「北海道産のホタテ」、「五島列島で獲れたやりイカ」、数々の賞を獲得した「赤田ちくわ店産のちくわ」、「大ぶりのエビ」(左写真)

「広島産のプリップリなカキ」×2(右写真)。カラスミだけでも相当キているのに、これにカキのエキスが加わるのだ。デリシャスフルMAXなスープ。それが今、産声をあげる。

老李(ラオリー)の極上ちゃんぽん老李(ラオリー)の極上ちゃんぽん

「カラスミの周りに散らされた干しエビ」(左写真)

「シャキシャキの朝取り新鮮キャベツ」や「はんぺん」、「キクラゲ」など色彩鮮やかな具材たち(右写真)

老李(ラオリー)の極上ちゃんぽん

トドメはお肉軍団。肉汁ブシャーーな「長崎県産挽肉の肉団子」に、「豚薄切り肉」を喰らえ!

以上です。全体の量は、具材豊富なのでややボリューミー。

「なんでお前は、具材の産地まで知っているんだ?ステマ記事か?!」という疑問を抱いた方!心配ご無用、全部店内の看板に書いてありまッスー

(そもそも、ウチのような底辺ブログにそんな依頼ありません[ほっとけ!])。

ちゃんぽん麺について

老李(ラオリー)の特製ちゃんぽん

新地中華街の唐あく使用の本格麺。中麺でやや硬めとなっています。

老李(ラオリー)の極上ちゃんぽん まとめ

同じ鶏ガラスープ100%の有名店「江山楼」のものと比べると、老李のスープはややあっさり目です。

でもカラスミをかき混ぜると、旨みがギュっとつまった芳醇スープへと成長を遂げます。つまり最初から計算された濃さで煮込まれているのでしょう。

そして、ぶりっぶりな山海珍味な具材たち。1,500円と強気な値段設定だけど、その価値は十二分にあるぞ!

ということで、〆の感想にイこーか!
「老李さん、バリッバリッ旨か!!ごちそうさんした」。

極上ちゃんぽん       1,500円(税抜き)

• カキ抜き            1,450円(税抜き)

 老李 新地中華街店の営業時間

【昼】11:30〜15:00
【夜】17:00〜21:30(LastOrder)

店舗情報

店名老李 新地中華街本店  
 他、思案橋店、長崎駅前店、新地キッチンカフェ店
公式サイト老李 『台湾料理専門店 長崎』 Lao Lee Group
住所長崎県長崎市新地町12-7 地図上の位置
ジャンル長崎ちゃんぽん、皿うどん/中華(台湾料理)
定休日無休
予約・問い合わせ095-820-3717

「長崎ちゃんぽん放浪記」【目指せ100杯!】

長崎ちゃんぽん放浪記 ちゃんぽんを、アッチコッチで食べ歩いてます。名店から仰天ビックリなものまであるYO
【画像をクリック!】

  1. 味や店への評価は、あくまで個人的見解です。
  2. 当サイトでの掲載情報の内容は、時間の経過とともに変化する場合があります。
  3. 本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人 
    画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば著作権侵害で処罰されます
    詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

トップへもどる

Copyrighted Image