長崎ランタンフェスティバル「眼鏡橋・中島川会場」の【楽しみ方!】

え~突然ですが……

スポンサーリンク

「眼鏡橋・中島川会場」はこんなにキレェェーーエ!!だから絶対に、来るべし!来るべし!マジ来るべし!!スルーはNGだって

夜のとばりが降りると大勢のフォトグラファーが集まる「中島川公園会場」。お目当ては、「眼鏡橋」と「黄色のランタン群」との構図で、最高の一枚を撮ること。

つまり、それだけ被写体として魅力に溢れている何よりの証拠。

キレイな写真を撮りたーい方は、ココは絶対外せません!

長崎ランタンフェスティバルの中島川公園会場(眼鏡橋) 長崎ランタンフェスティバルの中島川公園会場(眼鏡橋) 長崎ランタンフェスティバルの中島川公園会場(眼鏡橋) ランタンフェスティバルの眼鏡橋

長崎ランタンフェスティバルの中島川公園会場(眼鏡橋)

長崎ランタンフェスティバルの中島川公園会場(眼鏡橋)

※ランタンフェスティバル2020開催期間:1月24日(金)~2月9日(日)

イベントスケジュールは、コチラをダウンロードください。

次は、「眼鏡橋・中島川会場」の概要のまとめ!【現地で再チェック!】

  1. 夜になると、写真家が大勢訪れるフォトジェニック度№1会場。

    定番構図は「眼鏡橋」と「黄色ランタン」。そのキレイな写真の撮り方を解説します!

  2. 中島川公園の「ハートストーン」や「十二支ランタン」もご紹介。
  3.  
  4. 入場料|無料
  5. イベント日曜日開催の「媽祖行列」のみ行われます。最前列で見るには、40分前から並ぶ必要あり。
  6. ランタン点灯時間:日没~22:00
  7. アクセス

      • 「駐車場」:無料駐車場はナシ。周辺にコインパーキングが多数あります。

    最安駐車場はコチラで!

      • (路面電車)「最寄りの電停」::「めがね橋 電停」 電停からの徒歩ルート (200メートル、2分)

各項目の詳細は、目次をクリック!

「中島川会場」の見どころマップ【写真付き】

現地到着後にご利用ください。

「撮影テクニック」【至極の一枚が撮れます】

長崎ランタンフェスティバルの中島川公園会場(眼鏡橋)
袋橋(中島川石橋群) 袋橋(中島川石橋群)
袋橋の橋上 袋橋袋橋(中島川石橋群)の橋上

「眼鏡橋の撮影」で、一番メジャーな「袋橋 橋上」。そこからキレイに撮るためのPOINTを解説します。うまーく撮れたら、一生ものの写真となること10年保証。

※「袋橋」は、「眼鏡橋」から下流に沿って一つ目の石橋。場所はココ

  1. 最重要POINT:風が穏やかで、雨が数日降っていない日が望ましい。

  2. カメラを、袋橋の欄干(手すり)に固定し、座って撮影しましょう。フレーム内のランタンに段差がつき、ブレにくくもなるので、一石二鳥です。
  3. 撮影時での注意点:

    • セルフタイマーを2秒に設定。フラッシュはOFFに(人物を入れた記念撮影ならON)。

    • 川面が穏やかな時なら、一時待っていれば、くっきりとメガネのかたちとなる瞬間が訪れます。その一瞬を逃さずにシャッターを切りましょう。

    • シャッターボタンはゆっくりと押してください。そしてシャッターが開いている間、カメラに振動を与えないよう心掛けてください。

    • 夜景撮影は大変ブレやすいので、同じ構図で最低2枚は撮っておきましょう。

川岸に降りることもできます。

長崎ランタンフェスティバルの中島川公園会場(眼鏡橋)
長崎ランタンフェスティバルの中島川公園会場 長崎ランタンフェスティバルの中島川公園会場

「中島川公園」では、川岸に遊歩道が整備されています。そのため、川岸まで降りて撮影することも可能。 被写体を見上げるアングルは、別の魅力があります。

川面に浮かぶ白鳥、カモの親子、カエルのオブジェが幻想的。

中島川遊歩道(夜間) 中島川の飛石(夜間)

川岸に降りる際は滑らないようご注意を!ハイヒールはムッリーです。

飛石上も撮影POINTの一つ。ただ、三脚なしだとひじょーにブレやすいです。

♡ 眼鏡橋そばのハートストーン【魚市橋側です】

眼鏡橋そば、中島川岸壁のハートストーン 長崎ランタンフェスティバル(中島川公園・眼鏡橋会場)のハートストーン

眼鏡橋周辺には、魚市橋(眼鏡橋のすぐ上流にあるコンクリート製の橋)の南脇から降りた川岸に、「ハートストーン」が3カ所あり。

そのうち、「I♡(アイラブ)ユー・ハートストーン」が、夜には断然見つけやすいです。

「I♡(アイラブ)ユー・ハートストーン」の位置

「十二支のオブジェ」がそろい踏み【壮観】

長崎ランタンフェスティバルの中島川公園会場(干支のランタン) 長崎ランタンフェスティバルの中島川公園会場(干支のランタン) 長崎ランタンフェスティバルの中島川公園会場(干支のランタン)
長崎ランタンフェスティバルの中島川公園会場(干支のランタン) 長崎ランタンフェスティバルの中島川公園会場(干支のランタン) 長崎ランタンフェスティバルの中島川公園会場(干支のランタン)
長崎ランタンフェスティバルの中島川公園会場(干支のランタン) 長崎ランタンフェスティバルの中島川公園会場(干支のランタン) 長崎ランタンフェスティバルの中島川公園会場(干支のランタン)
長崎ランタンフェスティバルの中島川公園会場(干支のランタン) 長崎ランタンフェスティバルの中島川公園会場(干支のランタン) 長崎ランタンフェスティバルの中島川公園会場(干支のランタン)

眼鏡橋そば、公園遊歩道の南側には、愛らしい「十二支のランタンオブジェ」がズラーーーーと並んでいます。自分の干支を探し出して、一緒にパチリッましょう!

ウマが何気に「赤兎馬」![1]「三国志」に登場する「呂布」と「関羽」の愛馬。男性なら98%は知っている。一日に千里を駆けることができた。知らんけど

「錦鯉」と「金魚」が優雅に夜空を泳いでいます。

長崎ランタンフェスティバルの中島川公園会場
長崎ランタンフェスティバルの中島川公園会場 長崎ランタンフェスティバルの中島川公園会場

十二支ランタンの対岸、北側遊歩道には、「錦鯉」と「金魚」のオブジェが、ユラユラ空中遊泳!

イベントは「媽祖行列」のみです【大人気】

長崎ランタンフェスティバル(中島川公園・眼鏡橋会場)の媽祖行列
長崎ランタンフェスティバル(中島川公園・眼鏡橋会場)の媽祖行列 長崎ランタンフェスティバル(中島川公園・眼鏡橋会場)の媽祖行列

媽祖行列とは:江戸時代、貿易のために長崎に入港した中国船。そこから、航海の神「媽祖さま」を「唐人屋敷」や「興福寺」に安置するための行進神事を華やかに催していました。

その神事を、150年の刻を越えて再現した一大イベントです。

140余名の大行列は「眼鏡橋上」で一旦停止し、「千里眼」と「順風耳」、「直庫振り」による魔除けの儀式が奉納されます。なんだけど、これが超人気。そりゃそうだ、ガッツリ絵になりますもん。

最前列から見るには、行列到着の最低40分前に、着いておく必要があります。

2020年の実施日(日曜日の2回)
  1. 1月26日(日) 眼鏡橋に、15:20着~15:35発(予定)
  2. 2月2日(日)    〃   に、13:35着~13:50発( 〃 )

参考媽祖行列(ランタンフェスティバル)について、教えてください。 長崎市あじさいコール

媽祖行列|正面から見るにはココ!

カステラ屋の「匠寛堂」がある側です。

「媽祖行列2020」の日程と会場はコチラで!

交通アクセス

駐車場(中島川公園に無料駐車場はナシ)

最安駐車場はコチラで!


✔一か所だけ選ぶなら「牛島パーキング」!


牛島パーキング(長崎市栄町)、眼鏡橋近くの駐車場

眼鏡橋周辺でオススメ№1は、最安で近距離の「牛島パーキング」です。

(※ただし車高で155cm、車幅で185cmの制限有り。営業時間は、日・祝日:22:00/平日:23:00まで)。ランタンの消灯時間は22時です!

収容台数56台

長崎県長崎市栄町3-10

[営業時間] 

   • 平日・土  7:15~23:00

   • 日・祝日  8:00~22:00

[平日料金]  一律 ⇒ 30分/100円

(※最大900円で打ち止め)

[土日祝 料金]   一律 ⇒   60分/100円

(※最大600円で打ち止め)

「駐車場」から「眼鏡橋」の徒歩ルート  (「眼鏡橋」まで150メートル、徒歩2分)

リアルタイム満車/空車情報

メイン会場「新地中華街・湊公園」で駐車するならココ!

※ノープランでメイン会場へ車で行くと、渋滞に捕まり、駐車場難民化すること山のごとし。それを確実に回避して、安い駐車場に停めれます。

路面電車

最寄りの電停:「めがね橋電停」 (150メートル、徒歩2分)

「JR長崎駅電停」⇒「めがね橋電停」までの乗り方

「長崎駅前」電停より「(系統3)蛍茶屋行」に乗車 ⇒「市民会館 電停」で降車(350メートル、徒歩5分)

「昼」もイイヨッ

長崎ランタンフェスティバルの中島川公園会場(眼鏡橋)
長崎ランタンフェスティバルの中島川公園会場(眼鏡橋) 長崎ランタンフェスティバルの中島川公園会場(眼鏡橋)

本命はもちろん夜。だけど、どーしても時間が足りないという方は、昼にどうぞ。

ランタン中の夕景は、ボーナストラック!

長崎ランタンフェスティバルの中島川公園会場(眼鏡橋)の夕景

ランタン期間中は、なーんと、落日前の位置が眼鏡橋上になります。フォトグラファーは、夕刻から狙ってはいかが?

撮影POINTは、「眼鏡橋」から一つ上流先に架かる「魚市橋」となります。

ランタンフェスティバル 中島川会場 まとめ

長崎ランタンフェスティバル(中央公園) 長崎ランタンフェスティバル(湊公園・新地中華街)
「中島川会場」から徒歩5分の「中央公園会場」 豪華絢爛な「湊公園のランタンオブジェ」

「中島川会場来場」へのベストタイミング

「中島川公園会場」は、サブメイン会場である「中央公園」より徒歩5分の近距離にあります。

そして、この「中央公園」は、観衆で溢れるメイン会場の「中華街・湊公園」よりも、より少ない中でイベントを見物できます。

ですので、「中央公園」でイベントを見物し、その合間を縫って「中島川公園」を訪れましょう。そこで、キレイな写真をバッシバシ撮ってください。

そして、「中華街・湊公園会場」ですが、全イベントが終了するのが20:30です。それ以後になると、観客が激減します。そのため、20:30以後に当地を訪れれば、その豪華絢爛なランタンオブジェをゆっくり見物できます(※ランタンは22時消灯)

コレが、ベストofベストな会場の巡り方ですッ!

基本情報

眼鏡橋の所在地 長崎市魚の町と諏訪町の間
ランタン点灯時間 日没~夜10:00
料金 無料
露店 ナシ。眼鏡橋周辺に飲食店多数。
見物所要時間 眼鏡橋のみだと10分、公園をグルっと巡ると30分

「長崎ランタンフェスティバル2020」~達人が【見どころを神解説!】」

長崎ランタンフェスティバル

3年間ランフェスに通い続けた超ヒマ人(ほっとけ!)による「長崎ランタンフェスティバル 神ガイド」です。絶対の自信作!

【画像をクリック!】

「長崎ランタンフェスティバル2020」~達人が【見どころを神解説!】
長崎ランタンフェスティバルは【まるで夢の桃源郷!】 戦後最大級の……分かりやすさでッ長崎ラ...

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。特にまとめ・キュレーションサイト、アフィリエイトブログによる画像の盗用については、断固とした対応をとります。

詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

脚注・出典   [ + ]

1. 「三国志」に登場する「呂布」と「関羽」の愛馬。男性なら98%は知っている。一日に千里を駆けることができた。知らんけど

トップへもどる

Copyrighted Image