「カピバラのスイカ早食い対決2018、開催決定!」8月4日(土)、みんなでメイプルを応援に行こう【バイオパーク】

「カピバラのスイカ早食い競争」とは?

長崎バイオパークでのカピバラのスイカタイム

カピバラのスイカ早食い競争2018は終了しました

カピバラとしての尊厳を賭けた闘いの火ぶたが、今切られる

  「5園国コラボ対決!カピバラのすいか早食い競争」

それは、長崎バイオパーク他、伊豆、埼玉、那須、石川の5園国がそれぞれ一頭のカピバラを選出し、スイカの早食いタイムを競う熾烈な対抗戦だ。

カピバラのスイカ早食い競争2017の記録。トクさんの奮闘に全米が泣いた!

カピパラのトク、長崎バイオパーク 動物としてのプライドをかけて決戦の舞台へ歩をすすめる、バイオパーク代表「トク」(オス、8歳)。さる8月6日、トクを応援してきました。

決戦前。拭えない不安    

長崎バイオパーク カピバラの見物用スペース 大型の台風5号が長崎に接近し、波乱を予感させる雲ゆき。

そんななか、血の匂いが染みついた闘技場(※たんなるカピバラの観察用スペース)へ到着した筆者。

「猛者(もさ)ぞろいのバイオパークから選出されたトク。さぞ、さぞふてぶてしいコなのだろう」 そう予想して闘技場をのぞいた次の瞬間!

衝撃の光景が!!

しょぼくれるバイオパークのカピバラ「トク」長崎バイオパーク、あばれはっちゃくカモ太郎

「カモに水場を取られている―――!!」

体の大きさがまるで違うカモに追いやられて、端でしょぼくれているトク。だ、大丈夫か(汗)

筆者の不安をよそに、トクを応援しようとギャラリーが続々と集結する。西日本新聞の記者さんも取材にきた(※大遅刻)

バイオパークのスタッフスタッフの説明がはじめる。
• スイカの重量は約500グラム。皮まで全部食べ終えるまでが正式タイムとなる
トクは前年(2016年)大会を圧倒的タイムで制した覇者。2年前にも2位の好成績を残してる        

ふむふむ、なるほど。

これなら「もはやトクにはかないません。この企画は今年までで」と他の動物園さんが申し入れる展開になるのだろう。寂しいがそれも致し方あるまい。

さぁ舞台は万端ととのった。

気合みなぎるバイオパークのカピバラ「トク」決戦を前にトクの表情に闘志がみなぎってきた。
刮目せよ!これが決戦にむかう漢(オトコ)のかおだ

「フガッ、フガッ!」

さぁトクよ、獅子奮迅の食べっぷりをわれわれに見せてくれ。


さぁ さぁ ……                      

長崎バイオパーク、カピバラのすいか早食い競争「まだかいッー!!」

あきらかに緊張しまくりのトク 「だ、だ、だ、大丈夫か?」

長崎バイオパーク、カピバラのすいか早食い競争

空気を読んでスイカを近づけるスタッフさん。 すると・・・

ついにトクが覚醒した!果たしてその結末は・・・

カピパラのトク、長崎バイオパーク おっ! ようやくスイカを口にしたトク。一度口にするとむさぼるように食べ始めた

カピパラのトク、長崎バイオパーク「スイカ、うまー!」 ボリボリボリッ

志村けんさんのスイカ芸をほうふつさせる豪快な食べっぷりだ! これなら好タイムを期待できる。

さぁ注目の結果は??!

【長崎バイオパーク】「トク」 4分05秒

三 位

うーん。最初から緊張しまくりだったし。

ちなみに優勝は、 埼玉県こども動物自然公園の「メープル」くん。タイムは大会新記録の1分36秒。パチパチパチッ👏  

よく頑張ったね、トク

常連さんによると、とっても気のやさしいコとのことだ。あばれはっちゃくカモ太郎と大勢のギャラリーの前で委縮しちゃったね。

順位やタイムは二の次でいいから、来年も出場して元気なすがたを見せてネー

「4園国コラボ対決!カピリンピック☆  カピバラのスイカ早食い競争」2017 詳報

2017年8月6日(日) 14時~

 順位 動物園名 出場選手 タイム
 優勝埼玉県こども動物自然公園  メープル(7歳・メス) 1分36秒
 準優勝伊豆シャボテン公園  ケビン(4歳・オス) 3分31秒
 三位長崎バイオパーク  トク(8歳・オス) 4分05秒
 四位那須どうぶつ王国  リゼ(3歳・メス) 5分46秒

カピバラの露天風呂 – ホーム  Facebook より

本稿の執筆、すべての写真撮影(長崎バイオパーク公式ツイッターの埋め込みを除く):当管理人
画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば著作権侵害で処罰されます)。
詳しくは、「転載、引用について」をお読みください。  


トップへもどる

Copyrighted Image