「長崎ランタンフェスティバル2019」~達人が【見どころを神解説!】

長崎ランタンフェスティバルは【まるで夢の桃源郷!】

長崎ランタンフェスティバル

戦後最大級の……分かりやすさでッ

長崎ランタンフェスティバル2019 

     完璧にガイドしますッッ!!【200%満足保証!】

この記事のPOINT

  1. 3年間、毎日ランフェスに通い記録をとり続けた「達人によるガチ記事」です。

    本当かどうか、記事を読めば分かります!
  2. ランタン会場の「場所とアクセス方法」は、現地住民が本気で調べたコチラをどうぞ
  3. ※ランタンフェスティバル2019開催期間:2月5日(火)~2月19日(火)。

    ランタン消灯時間:22時

  4. 「長崎ランタンフェスティバルとは」(超訳):

    中国の旧暦1月1日~1月15日に合わせて、長崎市中心部で開催される旧正月を祝う灯の祭典。

    「色とりどりのランタン」、「干支をモチーフとした巨大オブジェ」、「龍や鳳凰などの霊獣」、はたまた「三国志の関羽など中国史上の人物」まで、1万5000個のランタンが長崎中を極彩色に染めあげます。

    「新地中華街」と「中央公園」をメイン会場として、「皇帝パレード」、「媽祖行列」、「龍踊り」、「変面ショー」、「中国雑技」など各種イベントが毎日開催され、その勇壮美麗な催しは100万人を魅了します。
  5. イベントスケジュールは、コチラをダウンロードください。

~三年間通い続けて解明した~

ランフェスを【35倍楽しむ十カ条】

長崎ランタンフェスティバル(長崎新地中華街)での大混雑 長崎ランタンフェスティバル(湊公園・新地中華街)での大混雑
押し合いへし合い状態の「湊公園」 ピーク時には入場制限がかかることも

長崎ランタンフェスティバル観光における最難関。それは、土日祝日に大挙して押し寄せる人、人、人の数。

この人波をかいくぐり、如何に観衆が少ない「場所」と「時間」を厳選して、人気イベントを楽しむか。それがカギとなります。

そのための鉄則十ヵ条を、以下に羅列しますので、受験勉強時を思い出して血眼で覚えてくださっい☆【詳細はリンク先で!】

  1. 鉄則その一 ~ 一週目の土日の方が、二週目より総来場者数が少ない。
  2. 鉄則その二 ~ 「龍踊り」、「中国雑技」などのイベント鑑賞は、「新地中華街」より「中央公園」でッ!
  3. 鉄則その三 ~ 「新地中華街」会場でのランタンオブジェ見物は、20:30後で(消灯22:00)。
  4. 鉄則その四 ~ ランタン会場巡りの極意

    「中華街」と「中央公園」を核会場にして、その周囲に位置する

    1. 「新地中華街」エリア
    2.    • 「孔子廟」

         • 「唐人屋敷」

         • 「浜んまち」

    3. 「中央公園」エリア
    4.    • 「中島川・眼鏡橋」

         • 「興福寺」

         • 「崇福寺」

    の2エリアに大別する。そして、核会場の2か所でイベントを楽しみながら、その合間を縫ってエリア内の会場を巡ると効率的。
  5. 鉄則その五 ~ 「中島川公園・眼鏡橋」:全会場中のなかで、最強のフォトジェニックSPOT。絶対に外すべからず。
  6. 鉄則その六 ~ 「崇福寺」:数年前からランタンの数が激減。だから【最終日以外は】昼に訪れるのがオススメ。 【最終日の夜はココで良しッ】~元宵団子がふるまわれ、お堂内に無数のロウソクが灯される「超ファンタスティックデー」だから。
  7. 鉄則その七 ~ 土曜日開催の「皇帝パレード」:パレードのコースは決まっているので、近道を抜けて先回りすれば、何度でも皇帝・皇后役を拝める。
  8. 鉄則その八 ~ 日曜日開催の「媽祖行列」:「出発式」と「到着式」が、「興福寺」と「孔子廟」で行われる(それぞれ週替わりに場所を交代)。そして「到着式」の方が、観衆がはるかに少数。
  9. 鉄則その九 ~ 「龍踊り」:「土曜日」なら「中央公園」で。「日曜日」なら、人出は多いが、ガッツリ絵になる「孔子廟」か「興福寺」で。
  10. 鉄則その十 ~ 人気沸騰の「変面ショー」:孔子廟で毎日開催されるが、えらい観客数。 気軽に観賞したいなら、「中国雑技団」での、「変面ショー・ショートバージョン」を。

長崎ランタンフェスティバル(長崎新地中華街) 長崎ランタンフェスティバル(湊公園・新地中華街)の龍踊り
中華街のランタン群 ランタンの空を舞う「龍踊り」

【1】「長崎ランタンフェスティバル」の開催期間:2週間

鉄則その一:一週目の土日の方が、二週目より総来場者数が少ない。


【2】ランタン会場について:ランタンフェスティバルでは、会場は長崎市中心部の8カ所に分かれています。

その上でまず、イベント開催の頻度が高く、案内所もある

   • メイン会場の「新地中華街」

   • サブの「中央公園」

の2か所を拠点に据えます。この2会場では、以下の鉄則を脳裏に刻んで下さい。

長崎ランタンフェスティバル(湊公園・新地中華街) ランタンフェスティバルの龍踊り、十善寺龍踊会・鶴鳴学園長崎女子高  (中央公園)
ビューティフォーな「中華街」のランタンオブジェは、20:30以降で イベントは、観衆の少ない「中央公園」で

鉄則その二: 同じイベントでの観衆の多寡は、メイン会場の「新地中華街」より、サブ会場の「中央公園」が確実に少人数。

だから、「龍踊り」、「中国雑技」などのイベント鑑賞は、「新地中華街」より「中央公園」でッ!

鉄則その三:「新地中華街」会場では、全イベントが終了する20:30後に、観客が一気に帰路につく。

だから、「新地中華街」会場でのランタンオブジェ見物は、20:30後で(消灯22:00)。


鉄則その四:ランタン会場巡りの極意

「中華街」と「中央公園」を核会場にして、その周囲に位置する

  1. 「新地中華街」エリア
  2.    • 「孔子廟」   「中華街」から「孔子廟」の歩き方【写真付き地図】

       • 「唐人屋敷」   「中華街」から「唐人屋敷」の歩き方【写真付き地図】

       • 「浜んまち」

  3. 「中央公園」エリア
  4.    • 「中島川・眼鏡橋」

       • 「興福寺」

       • 「崇福寺」

の2エリアに大別します。そして、核会場の2か所でイベントを楽しみながら、その合間を縫ってエリア内の会場を巡ると効率的です!コレ、ガチ。

※各エリア内の会場へは、すべて徒歩で行けます(最大でも10分)。 ランタン会場巡りでは、以下の2カ所に留意ください。

長崎ランタンフェスティバル(中島川公園・眼鏡橋会場) 長崎ランタンフェスティバル(崇福寺会場)の元宵節、2016.2.22 (月)
写真映えしまくりな「中島川公園・眼鏡橋」 ランフェス最終日(元宵節)の「崇福寺」は、ウルトラ幻想的

鉄則その五:

「中島川公園・眼鏡橋」全会場中のなかで、最強のフォトジェニックSPOT。絶対に外すべからず。

鉄則その六:

「崇福寺」:数年前からランタンの数が激減。だから【最終日以外は】昼に訪れるのがオススメ

【最終日の夜はココで良しッ】~元宵団子がふるまわれ、お堂内に無数のロウソクが灯される「超ファンタスティックデー」だから。

長崎ランタンフェスティバル|会場の場所 【現地で要確認】

「地図」、「会場別の一覧表」、「イベントスケジュール」をそれぞれ見比べながら、効率的に会場を巡ってください。

健脚な方なら、すべての会場を徒歩で巡ることも可能。また、すべての会場の近くに、路面電車の電停があります。しかし、土日の車内では大変込み合います。

タクシー利用の際は、土日の中華街周辺は大渋滞を起こしますので、ご注意を。

各会場の「イベント開催の頻度」、「入場料」、「閉場時間」、「無料駐車場」が一目瞭然です。

イベントスケジュールは、コチラから


【3】イベントについて: 「長崎ランタンフェスティバルでのイベント」は、開催日程によって

  1. 土曜日限定:「皇帝パレード」

    清朝の皇帝・皇后役に扮した著名人が、中国意匠をまとった150名の行列とともに、長崎市内を行幸する一大イベント。
  2. 日曜日限定:「媽祖行列」

    江戸時代、貿易のために長崎に入港した中国船。船から降ろした航海の神「媽祖さま」を、「唐人屋敷」や「興福寺」へ運ぶ入れる行進儀式を盛大に催していました。

    ランフェスの媽祖行列は、150年の月日を越えて、その儀式を現代に甦らせた一大歴史スペクタクルです。
  3. 毎日開催:「龍踊り」、「変面ショー」、「中国雑技」、「二胡演奏」
  4. 週末開催:「中国獅子舞」、「琉球國祭り太鼓エイサー」
  5. 初日開催:「春節礼祭 点灯式」
  6. 最終日開催:「元宵節」
に区分されます。イベント別での鉄則は、以下の4点!

長崎ランタンフェスティバル(皇帝パレード) 長崎ランタンフェスティバル(興福寺)の媽祖行列
「皇帝パレード」は、鑑賞POINTを知れば、何度でも見れます! 「媽祖行列」は、到着式がはるかに観衆が少ない

鉄則その七土曜日開催の「皇帝パレード」:皇帝・皇后役のトークが聞けるのは、「新地中華街」と「中央公園」だけ。そして、後者の方が、ステージ近くの場所取りが容易。

また、パレードのコースは決まっているので、近道を抜けて先回りすれば、何度でも皇帝・皇后役を拝める。

鉄則その八日曜日開催の「媽祖行列」:「出発式」と「到着式」が、「興福寺」と「孔子廟」で行われる(それぞれ週替わりに場所を交代)。

そして「到着式」の方が、観衆がはるかに少数。


長崎ランタンフェスティバル(興福寺)の龍踊り 長崎ランタンフェスティバル(孔子廟での中国変面ショー)
興福寺、孔子廟での「龍踊り」は、歴史絵巻の再現 「孔子廟での変面ショー」は大変な賑わい

鉄則その九「龍踊り」:「土曜日」なら「中央公園」で。「日曜日」なら、人出は多いが、ガッツリ絵になる「孔子廟」か「興福寺」で。

鉄則その十人気沸騰の「変面ショー」:孔子廟で毎日開催されるが、えらい観客数。

気軽に観賞したいなら、「中国雑技団」での、「変面ショー・ショートバージョン」を。ショーの時間は、単独開催より短縮されるけど、充分満足できる内容。

以上、間違いナイっす!。次は「うまーいチャンポンGET編」です!

【マジウァァーーイな長崎ちゃんぽん】を食べるための家訓 四カ条

ランフェス中の土日祝日の夜は、中華街はどの店も超激込。それなかで、本場のちゃんぽんをGETするには

老李(ラオリー)の特製ちゃんぽん 中華菜館 福壽の特製そぼろちゃんぽん
「老李」の特製ちゃんぽん。水餃子も名物 「福壽」のそぼろちゃんぽん。酢豚も名物

家訓その一:できる限り昼、それもピークタイムを外した時間を選ぶ。

中華街のちゃんぽん全15店を【すべて実食】!その結果を基に、「オススメ」、「違い」、「値段」などをSSS級に分かりやくまとめました。

家訓その二:穴場のウマい店

   • 「老李(ラオリー) 新地中華街本店」 [営業時間] [1]11:30〜15:00/17:00〜21:30(LastOrder)

   • 「中華菜館 福壽」  [営業時間] [2]11:30~14:30/17:00~20:30

   が、中華街のメインロードから外れている名店。立地上、土日夜でも他店よりは込んでいない(でも待ち時間アリ)。


江山楼の王さんの特上ちゃんぽん 江山楼浦上店
江山楼の特上ちゃんぽん 無料駐車場付きの「浦上店」

家訓その三:「江山楼」でちゃんぽんをゲットしよう!通常の平日でも満席あたり前の超繁盛店で、ランタン中だとトンデモナイ込み方。

よって土日では、15:00~17:00が唯一の狙い目。場所はココ

車アリの方は、無料駐車場のある「浦上店」場所はココ )に行くのが妙手。


よこはま 思案橋店 思案橋ラーメンのバクダンちゃんぽん
席数の多い「よこはま 思案橋店」はランフェス向き。 ましゃを虜にした「バクダンちゃんぽん」

家訓その四:中華街でちゃんぽんを食べ損なった場合(※長崎中華街の店は、ほとんどが21:00で閉店):

  1. 中華街から距離500メートルの「思案橋横丁」で、深夜まで営業するちゃんぽん店が多数あり。「ルート」&「場所」
  2. その中のオススメ:「よこはま 思案橋店」場所はココ
  3. なお、福山雅治さん御用達の「思案橋ラーメン」が、「思案橋横丁」から道路を渡った場所に暖簾をかまえている(営業時間 11:30~翌4:00)。ただし、土日祝日は確実に行列。

    味:普通にうまーいが、王道な長崎ちゃんぽんではなし。場所はココ

以下、ランタン会場の個別解説でっす。

【ランタン8会場 ALLまとめ】

「新地中華街」 ~メイン会場

長崎ランタンフェスティバル(湊公園・新地中華街)の点灯式  
• 住所 長崎県長崎市新地町10−13

場所はココ
• 無料駐車場なし
• イベント開催毎日・豊富
• 入場料無料
• 閉場時間22:00
• 土日の人出(夜)(半端なし) 
• 備考

(1)「湊公園」にステージ・観覧席。

(2)露店多数。「中華街内」に、「江山楼」など中華料理店多数。

詳しくはコチラ!

「中央公園」 ~サブ会場

• 住所 長崎県長崎市賑町5-100 

場所はココ
• 無料駐車場なし
• イベント開催毎日・豊富
• 入場料無料
• ランタン消灯時間22:00
• 土日の人出(夜) 
• 備考(1)ステージ・観覧席あり。

(2)露店多数。
  長崎ランタンフェスティバル(中央公園)
詳しくはコチラ!

「新地中華街エリア」

【3】「孔子廟」

長崎ランタンフェスティバル(孔子廟)  
• 住所 長崎県長崎市大浦町10-36

場所はココ
• 無料駐車場なし
• イベント開催毎日・豊富
• 入場料17:00より無料[3]9:30~17:00は、大人600円、高校生400円、小中学生300円
• ランタン消灯時間21:00 or 20:00
• 土日の人出(夜) 
• 備考

(1)「大成殿(本殿)」は、中国本山の曲阜孔廟を模したもの。

(2)「変面ショー」は毎日開催。

詳しくはコチラ!

【4】「唐人屋敷」

• 住所 長崎県長崎市館内町 

場所はココ
• 無料駐車場なし
• イベント開催ほぼ毎日・イベントは少数
• 入場料無料
• ランタン消灯時間22:00
• 土日の人出(夜) 
• 備考(1)江戸時代の中国人居留地跡。

(2)「ロウソク祈願四堂巡り」会場。
  長崎ランタンフェスティバル(唐人屋敷会場)
詳しくはコチラ!

【5】「浜んまち」

長崎ランタンフェスティバル(浜んまち会場)  
• 住所 長崎県長崎市浜町10-21

場所はココ
• 無料駐車場なし
• イベント開催金土日開催
• 入場料無料
• ランタン消灯時間22:00
• 土日の人出(夜) 
• 備考

(1)長崎市最大の繁華街

(2)「月下老人」、「手作りランタンコーナー」会場

「中央公園エリア」

【6】「中島川・眼鏡橋」

• 住所 長崎県長崎市魚の町2 

場所はココ
• 無料駐車場なし
• イベント開催日曜日の「媽祖行列」のみ
• 入場料無料
• ランタン消灯時間22:00
• 土日の人出(夜)
• 備考(1)最強のフォトジェニックSPOT

(2)露店なし。周囲に飲食店多数。
  長崎ランタンフェスティバル(中島川公園・眼鏡橋会場)
詳しくはコチラ!

【7】「興福寺」

長崎ランタンフェスティバル(興福寺)  
• 住所 長崎県長崎市寺町4-32

場所はココ
• 無料駐車場あり(山門前)
• イベント開催日曜日のみ
• 入場料終日有料(大人300円)
• ランタン消灯時間21:00
• 土日の人出(昼)
• 備考

江戸時代に建立された「唐寺」の一山。「大雄宝殿」をはじめ、境内に貴重な文化財多数。

詳しくはコチラ!

【8】「崇福寺」

• 住所 長崎県長崎市鍛冶屋町7-5 

場所はココ
• 無料駐車場あり(山門横)
• イベント開催最終日のみ(元宵節)
• 入場料17:00より無料[4]8:00~17:00は、大人300円、高校生200円、小・中学生無料
• ランタン消灯時間21:00
• 土日の人出(夜) 
• 備考江戸時代に建立された「唐寺」の一山。境内には、国宝の「第一峰門」と「大雄宝殿」など、貴重な文化財多数。
  長崎ランタンフェスティバル(崇福寺会場)

ラストは、イベントの個別超解説!

【主要イベント 総まとめ!】

「皇帝パレード」 ~土曜日開催

長崎ランタンフェスティバル(皇帝パレード)  
• イベント日程2月9日(土)・16日(土) 14:00~16:30
• トークショー会場
  1. 「中央公園」
  2. 「港公園(新地中華街に隣接)」
• 人出(半端なし) 
• 解説

旧正月を祝い清朝の皇帝・皇后が、街中を巡幸した豪壮なパレードを再現します。

「中央公園」を出発し、浜の町アーケードを通り、最後は「港公園」に到着するコースです。

2019年皇帝・皇后役

【2月9日(土)】

 皇帝役:林 敏幸さん (長崎ランタンフェスティバル企画幹事会 相談役)

 皇后役:川後 陽菜さん(元乃木坂46メンバー)

【2月16日(土)】

 皇帝役:手倉森 誠さん(V・ファーレン長崎監督)

 皇后役:松尾 悠花さん

「媽祖行列」 ~日曜日開催

• イベント日程2月10日(日)・17日(日) 13:00~16:00
• 所作が奉納される主な会場
  1. 「興福寺」
  2. 「孔子廟」
  3. 「眼鏡橋」
• 人出 
• 解説

江戸時代、貿易のために長崎に入港した中国船。そこから、航海の神「媽祖さま」を「唐人屋敷の天后堂」や「興福寺の媽祖堂」に安置するための行進神事を華やかに催していました。それを現代に甦らせた一大イベントです。
  長崎ランタンフェスティバル(興福寺)の媽祖行列

「龍踊り」 ~毎日開催

ランタンフェスティバルの龍踊り、十善寺龍踊会・鶴鳴学園長崎女子高  (中央公園)  
• 開催会場
  1. 「新地中華街」:毎日
  2. 「中央公園」:毎日
  3. 「興福寺」:日曜のみ
  4. 「孔子廟」:日曜のみ
• 解説

けたたましく鳴り響く長ラッパや大銅鑼にあわせて、目が血走り、牙をむいた巨大な龍が、金の玉をはげしく追いかけ乱舞します。

「変面ショー」 ~毎日開催

• 開催会場 「孔子廟」では単独ショーが毎日開催。

「中国雑技」のなかで、ショートバージョンが行われます。
• 孔子廟会場での人出 
• 解説

リズミカルな音楽にのって、目にもとまらぬ速さで、演者が次々と仮面を変えていきます。ランタンフェスティバル屈指の人気芸能です。
  長崎孔子廟での中国変面ショー

ではでは、お終いです。~一生もののランタン観光となりますように

ハウステンボス|光の王国【圧倒的っな神ルート紹介!】

ハウステンボスのイルミネーション・光の王国

「ハウステンボスのイルミネーション」に

  行きまくりッ、

    撮りまくりッ、

      調べ尽くしました(年間パス保持者)

ランフェスと並ぶ長崎県の光のSPOTといえば「ハウステンボス」。「光の王国」の回り方を裏技どっさり&ビューティフォーな写真でお届け!【超自信作】

ハウステンボスのイルミネーション【圧倒的っな回り方】神ルート紹介!
【ハステンボス 光の王国|攻略法まとめ】とっその前に。筆者は【2015年からの年間パス保持者】です...

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。特にまとめ・キュレーションサイト、アフィリエイトブログによる画像の盗用については、断固とした対応をとります。

詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

脚注・出典   [ + ]

1. 11:30〜15:00/17:00〜21:30(LastOrder)
2. 11:30~14:30/17:00~20:30
3. 9:30~17:00は、大人600円、高校生400円、小中学生300円
4. 8:00~17:00は、大人300円、高校生200円、小・中学生無料

トップへもどる

Copyrighted Image