「(大籠) 新田神社」 ~神の名は。【義将の人・新田義興】

大籠町・新田神社の境内

その名は「新田義興」。南北朝の戦火のなかで忠義に殉じた若武者である。その義興を祀るのが長崎市南西部の大籠町に鎮座する「新田神社」だ。

義興はあの「平賀源内」が原作した浄瑠璃の題材となった。このため、武士はもとより、庶民にも広く崇拝される神さまである。

ほかにも本神社では、

  1. タコ、伊勢エビなどの本殿の珍しい彫刻
  2. 周辺の絶景など
と特色に富んでおり、参拝者の心をつかんで離さない。
この記事のpoint

◇ 1ページ:「新田神社の魅力まとめ」など、参拝・観光情報が早わかり!

2ページ: 南朝の若武者 新田義興として、そして没後の新田大明神として。その歴史を詳しく知ることができます。

3ページ: 神社の境内と建築物をバーチャル・フォトギャラリーとしてご紹介
(※1ページ目は見学・礼拝ガイドとして。2ページ目は、新田神社の魅力を堪能するための読み物・専門資料としてお役立てください。)

こんな祠、見たことある? ~「新田神社」魅力まとめ!

建築物・ロケーションについて

大籠町・新田神社の伊勢エビの装飾 大籠町・新田神社のタコの装飾 大籠町・新田神社のカニの装飾
◇ 本殿(石祠)には、タコ、カニ、伊勢エビという珍しい海産物の彫刻が施されています。これは隠れ(潜伏)キリシタンの暗号ではないかとも取りざたされています。

大籠町・新田神社付近が軍艦島が見える絶景善長谷からの軍艦島がシルエットになった奇跡の夕景
◇ 神社付近には、大海原を一望できる絶景ポイントが数か所あります。とくに神社入口付近の見物ポイントでは、世界遺産の軍艦島(端島)を遠目にのぞめます。

ココからの夕景は感涙ものの美しさ(写っているのは軍艦島です)。

歴史・文化について

◇ 本神社の祭神「新田義興公」

足利尊氏を打ち破るほどの知勇兼備の若武者でしたが、最後は非業の死をとげます。

怨霊となり裏切者を呪い殺しますが、村人たちが鎮魂のための祠をたてて祀ると御霊「新田大明神」として昇華します。いわば、天満天神「菅原道真公」と同じタイプの神さまです。

その霊験あらたかな義興公を祀る本神社へ参拝し、そのご神徳を授かりましょう。

基本情報

住所 〒851-0302  長崎県長崎市大籠町1036番地
交通案内自動車: JR長崎駅より約30分
(深堀方面からの道路・224号線は、途中道が狭くなる場所があるので注意してください)
駐車場 有(無料)
拝観・開館時間 常時可能

次ページは、新田義興と没後の新田大明神について。歴史に疎い方でも分かりやすく解説。

足利尊氏や平賀源内も登場する一大歴史スペクタクル!乞うご期待


トップへもどる

Copyrighted Image