行列のできる「山の寺 邑居」(ゆうきょ)で【ほうじゅ豚鍋に舌鼓!】

山の寺 邑居(南島原市深江町)のほうじゅ豚鍋

Japaneseの皆さま、こんばんわ、やっぱりこんばんわ、いやいや、こんばんわ的にこんにちは。

財布が年中冬将軍、ついでに頭髪アイスバーンのT・K・O(底辺クズなおっさん)です。

朝夕がすっかり肌寒くなった霜月初頭。冬将軍の足跡が、耳に届くようになった秋の日々。

冬の気配がすぐそばまで迫ってきました。冬と言えば鍋。鍋と言えば冬。おすぎといえばピーコ。

鍋を囲むなら、冬メニューにチェンジした「山の寺 邑居(ゆうきょ)」しょ!

は急げということで名物「ほうじゅ豚鍋」「だご汁定食」「石焼き芋」と人気冬メニューをコンプリしてきましたー!

スポンサーリンク

メニューだす【冬バージョン】

山の寺 邑居(南島原市深江町)のメニュー 山の寺 邑居(南島原市深江町)のメニュー

山の寺 邑居(南島原市深江町)のメニュー 山の寺 邑居(南島原市深江町)のメニュー

山の寺 邑居(南島原市深江町)のメニュー 山の寺 邑居(南島原市深江町)のメニュー

山の寺 邑居(南島原市深江町)のメニュー

山の寺 邑居(南島原市深江町)のメニュー 山の寺 邑居(南島原市深江町)のメニュー

「鍋」がメインで、

「だご汁」「そば」がサブメインって感じ。

「アラカルト」・「デザート」・「ドリンク・アルコール」は夏と変わらず。

「そば」が未食なので、チャンスがあったら再ログインしよー。

山の寺 邑居(南島原市深江町)の流しそうめん(黒ごまそうめん)山の寺 邑居(南島原市深江町)

テーブルは、夏のそうめん流しから冬衣装に衣替え。

待ち時間は?

開店直後(11:30)に到着して、8割ほど埋まってました。夏の日曜日には同時刻で30分待ちだったから、さすがに冬はやや落ち着きます。

それでも12:30頃に退店するころには、10組待ちだったので、土日祝日はやっぱり開店直後が正解

山の寺 邑居(南島原市深江町)

紅葉は色づき始め。そばは紅葉見頃に訪店したいっス☆

「石焼き芋 150円」

山の寺 邑居(南島原市深江町)の石焼き芋

前菜代わりには手頃なサイズの石焼き芋。ほっくほくでウマウマなのであ”っという間に平らげたゼー。

「だご汁定食 1,480円」

山の寺 邑居(南島原市深江町)のだご汁定食

山の寺 邑居(南島原市深江町)のだご汁定食 山の寺 邑居(南島原市深江町)のだご汁定食

だしがたっぷり効いた「だご汁」はほんのりピリ辛で、体の芯までポッカポカになれます。

里芋、白菜、椎茸、人参など滋養たっぷりの具材に、もちもちだんごがたっぷり。

邑居名物、唐揚げ・卵焼き・鶏ごはんのトリプルアクセルに、小鉢×2。うーん、満足、満足。

「ほうじゅ豚鍋 1,680円」※注文は2人前から

山の寺 邑居(南島原市深江町)のほうじゅ豚鍋

クレソン祭りだゼーーー

山の寺 邑居(南島原市深江町)のほうじゅ豚鍋

クレソンまみれだゼー

山の寺 邑居(南島原市深江町)のほうじゅ豚鍋山の寺 邑居(南島原市深江町)のほうじゅ豚鍋

雑味が霧散し、豚本来のウマ味だけがギュっと詰まったほうじゅ豚。シンプルな鍋料理だからこそ、そのクオリティを味覚全体で堪能できます。

たっぷりのクレソン・白菜・水菜・ニンジン・きのこ、そして、ささがきごぼうが食感に心地よいアクセントを加えます。

✔そうめん400円をトッピングしてます。絵的には失敗だったかな?(味的にはもち大合格)

山の寺 邑居(南島原市深江町)のほうじゅ豚鍋山の寺 邑居(南島原市深江町)のほうじゅ豚鍋

家庭で再現ムリゲーなだしが、がっちりハマっとる。鶏ガラ醤油系までは分かるけど……。

※柚子胡椒と辛味噌で味チェンできます。

ボリューム的にはそうめんトッピングで腹9分といったところ。そうめんナシなら、一人でもイケたかも。

アイアンストマック揃いなら、アラカルトを2・3品オーダーしてシェアしてくださいっと。

「かんざらし&ぜんざい 各380円」

山の寺 邑居(南島原市深江町)のかんざらし

〆はやっぱコレ。 上品な甘さでド満足したー。

以上です。ではではー

山の寺 邑居の「営業時間」・「定休日」

11:30~14:30

✔「営業時間は季節によって変わる場合がございます。お電話で確認いただくか、ツイッターフェイスブックの方をご参照いただけますとより確実になります。」とのこと。

不定(主に水曜日、7・8月は無休)

※「念のため、お電話でご確認ください」とのこと。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、営業時間・定休日が記載と異なる場合があります。

訪店前に、店舗にご確認ください。

店舗情報

店名山の寺 邑居(やまのてら ゆうきょ)
公式サイト

山の寺 邑居

ブログ

Twitter

Facebook

住所長崎県南島原市深江町戊3988-22
ジャンルそうめん、鳥料理、鍋料理
予約・問い合わせ0957-65-1550

  1. 味や店への評価は、個人的見解です。
  2. 当サイトでの掲載情報は、時間の経過とともに変化する場合があります。
  3. 写真の盗用、特にまとめ・キュレーションサイト、アフィリエイトブログに対しては、断固とした対応をとります。
スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image