らーめん柊 銅座本店【史上最高傑作!〈トマトらーめん〉】~8月23日移転対応版

らーめん柊(銅座本店)、長崎市銅座町のトマトらーめん(トマトラーメン)
らーめん柊(銅座本店)、長崎市銅座町のトマトらーめん(トマトラーメン) らーめん柊(銅座本店)、長崎市銅座町の担々麺

全長崎人が恋に落ちた(何に?)

 

ア、

 

ア、

トマトらーめんにッッッ!!!(アはどこいった!)

今や長崎名物まで昇進した「柊のトマトらーめん」。

ただーし、トマトらーめんだけの一発屋では断じてナシ。

以下、柊のおすすめメニューBEST10を公ー表!(全実食)

〈メニュー表〉を掲載しています。

備考:予約不可/カード不可

【営業時間】

【平日】11:00~翌3:00

【金・土・祝前日】11:00~~翌5:00

【定休日】 年末年始

新型コロナ等の影響で営業時間・定休日が異なる場合があります。

公式Twitter

公式サイト

電話番号 095-821-9210

スポンサーリンク

 場所は?【移転先】

移転先マップ

らーめん柊(銅座本店)、長崎市銅座町

旧店舗から(中華街方面へ)2軒隣のビル1F。

住所長崎県長崎市銅座町6-9 徳山銅座ビル1F

駐車場なし

周囲にコインパーキング多数。

内観チェック【新店舗】

らーめん柊(銅座本店)、長崎市銅座町
らーめん柊(銅座本店)、長崎市銅座町 らーめん柊(銅座本店)、長崎市銅座町

 • カウンター × 7席

 • テーブル席 × 4卓(4人掛け×1、2人掛け×3)

旧店舗と比べ、テーブル数マシマシとなり、「女性・カップル・家族連れが利用しやすくなりました。」

【時津店】

らーめん柊時津店

住所長崎県西彼杵郡時津町左底郷1832−1 ミスターマックス時津店敷地内

駐車場あり。

✔客席スペースが銅座店より広く、テーブル席多数。

メニュー表

らーめん柊(銅座本店)、長崎市銅座町

【画像拡大ボタン】

らーめん柊(銅座本店)、長崎市銅座町


✔メニューは移転前と変わりません


【推し麵!】

らーめん柊(銅座本店)、長崎市銅座町のトマトらーめん(トマトラーメン)

ファースト柊なら、「トマトらーめん 800円」が完全かつ不可逆的なファイナルアンサーッッッ!!!

✔写真はナス+ほうれん草増し(各100円)。

野菜富士盛りで、ダイエッターの罪悪感ZE☆RO。

らーめん柊(銅座本店)、長崎市銅座町

そして残ったスープと「一口あさりご飯 50円」で、フィニッシュ!

コレでキ☆メ!

らーめん柊(銅座本店)、長崎市銅座町のあおさらーめん らーめん柊(銅座本店)、長崎市銅座町の担々麺
「あおさらーめん 730円」 「担々麺 730円」

トマトらーめんに次ぐのが、豚骨スープにあおさのトロミが加わった「あおさらーめん 730円」

そして、舌に乗る微妙な辛味がクセになる「担々麺 730円」

らーめん柊(銅座本店)、長崎市銅座町のとんこくらーめん(豚骨ラーメン) らーめん柊(銅座本店)、長崎市銅座町のしょうゆらーめん(醤油ラーメン)
「とんこつらーめん 680円」 【時津店のみ】「しょうゆらーめん 730円」

その他、

「とんこつらーめん 680円」:まろやか、それでいて力強い豚骨スープが細麺ストレート麺としっかり絡む一品。

「しょうゆらーめん 730円」:長崎県産5種の醤油をブレンドした鶏ガラスープに、ちぢれ麺とが好相性。

【以上5品が全ラーメンメニュー。】

らーめん柊(銅座本店)、長崎市銅座町

トマトらーめん以外は、「絞め茶漬け 200円」でフィニッシュ!

その他アラカルト

らーめん柊(銅座本店)、長崎市銅座町
らーめん柊(銅座本店)、長崎市銅座町 らーめん柊(銅座本店)、長崎市銅座町のとんこくらーめん(豚骨ラーメン)

豚本来のウマ味がギュッと詰まった「マヨチャーシュー 350円」は、ビールのベストパートナー。

「ミニ豚めし 350円」「水餃子3個 210円」は、ラーメンとの相乗効果で多幸感が無限アップデート。

一応まとめ

  1. ファースト柊:「トマトらーめん 800円」をオーダーするのが国民の義務であり責務。

    +「一口あさり飯 50円」を忘れべからず候。

    おすすめトッピング:ナス・ほうれん草増し(計200円)。

  2. 次点:「あおさらーめん 730円」に「担々麺 730円」。
  3. トマトらーめん以外は、「絞め茶漬け 200円」でニャンコまんま!
  4. ご飯もの・おつまみ追加で、多幸感アップデートへ。
  5. 時津店は駐車場あり。

以上です。

【エピローグ】悪魔がいざなう「トマトらーめん」。あまりのウマさに中毒患者が続出!

らーめん柊(銅座本店)、長崎市銅座町のトマトらーめん(トマトラーメン)

「トマトらーめん?そんなヘルシー(笑)なラーメンはラーメンの風上にも置けねぇ!」とがっちがちのラーメンマニアがモニター越しから憤怒しているかもしれない。飛沫を大噴出しながら。

いやいやいやいやいや。

違うから。超違うから。トマトらーめんは、カフェテリアでOLが音を立てずに食事するヘルシーヌードルじゃないから。

ラーメンマニアとおしゃんなOL、両者を満足させる、

コテコテでヘルシーな

二律背反ラーメンだからッッ!(ドォォーーン)

らーめん柊(銅座本店)、長崎市銅座町のトマトらーめん(トマトラーメン) らーめん柊(銅座本店)、長崎市銅座町のトマトらーめん(トマトラーメン)

ラーメンマニアとおしゃんなOL、両者を満足させる秘訣は、絶妙なトロミに隠されている。

じっくり煮込んで、余分な酸味と水分をぶっ飛ばしたスープは、豚骨が隠し味となって、とんでもなくまろやか味へと昇華されているのだ。

さらに、味チェンアイテム「タバスコ」をかけることで、最初から最後まで0.01秒たりとも飽きが来ない。0.001秒さえも来ない。

らーめん柊(銅座本店)、長崎市銅座町のトマトらーめん(トマトラーメン)

このまろやかトマト豚骨スープに、ちぢれ麺とが絡んで、

ウマ過ぎて、ウマ過ぎて、

脳が乳化す”る”う”う”う”う”ーーーーっ!!!

らーめん柊(銅座本店)、長崎市銅座町らーめん柊(銅座本店)、長崎市銅座町

まろやかトマト豚骨スープに、一口あさりご飯で〆って何?何なの?

こ”ん”な”ん”、悩殺しちゃうぅぅぅーーーーう!!!(恐怖)

こんな〆だけど、ヤバうまトマトらーめん食べてネーっ!

1. 味や店への評価は、個人的見解です。

2. 当記事における掲載情報は、時間の経過とともに変化する場合があります。

事前に店舗か公式サイトでご確認ください。

3. 写真の盗用、特にまとめ・キュレーションサイト、アフィリエイトブログに対しては、断固とした対応をとります。
スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image