【今が見頃!】梅園身代り天満宮の梅「長崎丸山の名所解説」

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)の梅

市内で観梅?だったら梅園身代り天満宮は外せないしょ!

元禄13年(1700)に創建された梅園身代り天満宮(うめぞのみがわりてんまんぐう)は、かつての花街・丸山の氏神様。

「身代り」天満宮の由来は、創建者の安田次右衛門が、ある夜何者かにタララララ。

そんなコピペ能書きはポイッだ。

春の訪れを優しく告げる天満さまの梅の花。

以下、梅園身代り天満宮の「梅の見頃」を主にして、キレイな写真とともに解説します。

スポンサーリンク

例年の見頃は?

2月上旬~中旬

※気候、気温条件などにより、見頃が大幅にずれる場合があります。

〈2020年〉2月7日現在【今が見頃!】

※詳細はリンク先の記事をお読みください。

なんにしても……

超急いでッ!!

拝観料

無料

駐車場

なし

「梅園身代り天満宮の梅 フォト集」

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)の梅
梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)の梅

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)の梅、歯痛狛犬 梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)の梅梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)の梅梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)の梅

梅園身代り天満宮の境内が梅の園へと変貌する如月(きさらぎ)。

白、紅、桃と彩どりの梅が競うように咲き乱れます。

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)、例大祭丸山くんち、芸者の奉納

丸山の芸者さんがお花見に来ていたら、霊長類史上最強級に絵になること風のごとし。

境内を散策

「参拝」と「梅のお花見」が済んだら、境内を巡ってみましょう。

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)、長崎ぶらぶら節の文学碑

なかにし礼氏の筆による「長崎ぶらぶら節の文学碑」。長崎ぶらぶら節の主人公、丸山芸者・愛八は、同神社へ足繁く通っていました。

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)、梅塚

丸山の遊女・芸者が、家で食べた梅の種を天神さまの化身として、参拝のたびに持参して収めたのが「梅塚」

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)、ぼけ封じ撫で牛

撫でるとボケない「ぼけ封じ撫で牛」。めっちゃ柔和な表情のお牛さん。

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)、歯痛狛犬

梅園身代り天満宮でひときわ異彩を放つ「歯痛狛犬」。この狛犬の口に中に飴を入れれば、歯痛が治るのだとか。

口から溢れんばかりに飴がログインしています。

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)、歯痛狛犬 梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)、歯痛狛犬

別アングルで。口から滝のように流れる飴の液体。

「長崎のマーライオン」てなあだ名はいかがでしょう。

もしくは、「獅子身中の飴」なんてのもイカしていると思うであります。

「梅園身代り天満宮の梅」 まとめ

梅園身代り天満宮が最も絵になる時期!

天満宮といったら、梅は切っても切れない間柄。

是非足を運んで、梅園身代り天満宮の梅を五感いっぱいで堪能してください。

基本情報

住所長崎県長崎市丸山町2-20 
梅の本数15本 
夜間ライトアップなし 
イベントなし

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。

詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

特にまとめ・キュレーションサイト、アフィリエイトブログによる画像の盗用については、断固とした対応をとります。
スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image