沖田製菓舗プレゼンツのかき氷「氷屋 淡雪」(雲仙市)【2021年営業!】

氷屋淡雪(沖田製菓舗)、雲仙市千々石

大正元年創業のレジェンド「沖田製菓舗」。

その沖田製菓舗プレゼンツのかき氷店「氷屋 淡雪」が2021年も営業してます!!!!!

2021年営業してます!!!!!

2021年営業営業!!!!

営業!!!!!!!!!!営業!!!!!!!!!!営業!!!!!!!!!!

えいぎょぉぉぉぉぉお”お”ーーーーーッッッ(魂の咆哮)!!!!!

Googleマップは閉業扱いだし、食べログは掲載保留中だけど、

2021年営業してます!!!!!

2021年営業営業!!!!

営業!!!!!!!!!!営業!!!!!!!!!!営業!!!!!!!!!!

えいぎょぉぉぉぉぉお”お”ーーーーーッッッ(命の咆哮)!!!!!

よしよし分かった。でっ場所はどこ?

雲仙市千々石の「& coffee(アンドコーヒー)内」だよ。

氷屋淡雪(沖田製菓舗)、雲仙市千々石

「国道251号線沿い」、「オーガニック直売所タネトと同じ敷地」です。

住所長崎県雲仙市千々石町丙2138-1 & coffee(アンドコーヒー)

駐車場広大

スポンサーリンク

【必見です!】「かき氷の提供時間/曜日」

【16:00~18:00】(L.O.17:30)

【金・土・日・月】

【提供はテイクアウトのみ】

公式Instagram

氷屋淡雪(沖田製菓舗)、雲仙市千々石

店舗前にテーブル数席が用意されています。

新型コロナ等の影響で営業時間・定休日が異なる場合があります。

かき氷は夏季のみの提供☆

2021年は7月3日スタート。

メニュー表

氷屋淡雪(沖田製菓舗)、雲仙市千々石

【実食!】

「イチゴミルクミルク 540円」+「雲仙みず餅 324円トッピング」

氷屋淡雪(沖田製菓舗)、雲仙市千々石氷屋淡雪(沖田製菓舗)、雲仙市千々石

ボリュームとクオリティからすれば、良心ダダ漏れ価格。

かき氷をキャンパスに、幾何学の模様を描くミルクミルク(キリッ)!

氷屋淡雪(沖田製菓舗)、雲仙市千々石

無着色・無香料・NOリキュールの天然かき氷は、いちごの酸味がキュキューと味覚を刺激し、ふくよかなミルキー感が味のトーンを上品に中和します。

氷屋淡雪(沖田製菓舗)、雲仙市千々石

器の底から「みず餅」がひょっこりはん。食感ぷぅるん♪ぷぅるん♪でさすがの老舗テイスト。

「白玉団子」、「雲仙みず餅」、「本蕨餅」が並ぶトッピングメニュー。和菓子ならではのラインナップが淡雪オリジナル。

それぞれのかき氷に、相性ストライクのトッピングがあるそうな。スタッフさんにLet’s hear!

くずやわらびや氷屋淡雪 まとめ

和菓子職人こだわりのかき氷が、リーズナブルに提供される氷屋淡雪。

小浜・雲仙へのドライブ途中で、最強の暑気払いにどぞーっ!

1. 味や店への評価は、個人的見解です。

2. 当記事における掲載情報は、時間の経過とともに変化する場合があります。

事前に店舗か公式サイトでご確認ください。

3. 写真の盗用、特にまとめ・キュレーションサイト、アフィリエイトブログに対しては、断固とした対応をとります。
スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image