「グリーンテラス雲仙」(雲仙温泉街)【何度も言うけど、ランチがウマい!】

グリーンテラス雲仙(長崎県雲仙市)、ランチのハンバーグ
グリーンテラス雲仙(長崎県雲仙市)、雲仙和牛のオムハヤシライス グリーンテラス雲仙(長崎県雲仙市)

雲仙地獄(長崎県雲仙市小浜町)、紅葉 雲仙岳登山道(長崎県島原半島)、野岳からの絶景

雲仙温泉街で洋食ランチならココ!

山は雲仙ンンンン~~~~♪♪♪

……ならランチは???

だったら?!だっーーーーーたら!

おしゃれカフェ☆グリーーーーンテラス雲仙ッッッ(確定)!!!

スポンサーリンク

ランチメニューは週替わりでゴザール【平日のみ/1日10食限定】

訪店当日は「雲仙和牛のハンバーグランチ 990円!」

グリーンテラス雲仙(長崎県雲仙市)、ランチのハンバーグ
グリーンテラス雲仙(長崎県雲仙市)、ランチのハンバーグ グリーンテラス雲仙(長崎県雲仙市)、ランチのハンバーグ グリーンテラス雲仙(長崎県雲仙市)、ランチのハンバーグ

今日はハンバーグ???!テンション爆爆爆上げ!

(直列2気筒ターボエンジン全開ッ!!!!)

温泉卵、スライスチーズ(各100円)をトッピング。それぞれのウマ味・コクがプラスされて、いとウマし。

雲仙和牛を贅沢に使用したハンバーグは、肉厚ボリューミー。これなら食いしん坊な男性でも満足しょ。

ひき肉は、粗びきタイプではなく、よく練った柔らか&ウマ味ジュワジュワ~タイプ。んでっ、刻み玉ねぎがたっぷりとinされていました。

お店のご自慢のソースは、牛エキスが、ぎゅぎゅう(牛)っと、ぎゅぎゅう(牛)っと、ぎゅぎゅう(牛)っーーーーーと詰まった逸品。

グリーンテラス雲仙(長崎県雲仙市)、ランチのハンバーグ グリーンテラス雲仙(長崎県雲仙市)、ランチのハンバーグ

サラダ、スープ、ライス、ドリンク付きです。990円はランチ価格としてはギリ許容範囲でしょうけど、雲仙温泉街という一級観光地内にあるので、コスパは悪くはないかと。

✔10食限定なので早めに入店してください。

週替わりのメニュー内容はコチラ【公式】

【おすすめメニュー1】「雲仙和牛のビーフシチュー」(パンorライス付)1,750円

グリーンテラス雲仙(長崎県雲仙市)、雲仙和牛のビーフシチュー

グリーンテラス雲仙(長崎県雲仙市)、雲仙和牛のビーフシチュー グリーンテラス雲仙(長崎県雲仙市)、雲仙和牛のビーフシチュー

グリーンテラス雲仙(長崎県雲仙市)、雲仙和牛のビーフシチュー グリーンテラス雲仙(長崎県雲仙市)、雲仙和牛のビーフシチュー

和牛が…、長崎和牛が…

柔(じゅ~~~~う)

お肉があり得ないほどトロトロォォ~~~♪♪♪(IKKO風)。歯ごたえどこ行ったな柔らかさ。

シチューは、1週間煮込んだ子牛のフォンドボーに、香味野菜を加えたコトコト煮詰めた労作。

このシチューに、柔肉(じゅうにく)を絡めれば、

ウマさの天孫降臨(オッチャン感激)!!!

グリーンテラス雲仙(長崎県雲仙市)、雲仙和牛のビーフシチュー

ビーフシチューのお供に、白飯かバケットをチョイスできます。

【おすすめメニュー2】「雲仙和牛のオムハヤシライス」 1,380円

グリーンテラス雲仙(長崎県雲仙市)、雲仙和牛のオムハヤシライス

グリーンテラス雲仙(長崎県雲仙市)、雲仙和牛のオムハヤシライス グリーンテラス雲仙(長崎県雲仙市)、雲仙和牛のビーフシチュー

かつては外国人の避暑地として賑わった雲仙。外国人たちには、カツ丼にデミグラスソースをかけた料理が人気を博していました。

その歴史を顧み、国立公園指定80周年を記念して、雲仙の新たな名物料理として考案されたのが「雲仙オムハヤシ」。

グリーンテラス雲仙では、とろ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~り卵でコーティングしたオムライス風に調理し、もともと特別なOnly one料理へと昇華しています。

とっ、能書きはココまでとして、つまるところ……

とろウマぁぁぁ~~~~♪♪♪(IKKO風)

「雲仙レモネード」 420円

グリーンテラス雲仙(長崎県雲仙市)、レモネード グリーンテラス雲仙(長崎県雲仙市)、レモネード

外国人避暑地時代に親しまれていたレモネードをリメイクしたのが「雲仙レモネード」 。

雲仙の天然水、砂糖、地元で採れたレモンの果汁を用いて、炭酸のパンチを効かせつつ、さっぱりとしたテイストでのどを潤します。

ラベルのモデルは、雲仙に約4ヶ月滞在した米国のノーベル賞作家、「パール・バック」と雲仙の春を彩る「ミヤマキリシマ」とでデザインされています。

参考温泉レモネード(雲仙レモネード) ひょうたん屋(東大阪・瓢箪山)

内観チェック

グリーンテラス雲仙(長崎県雲仙市)グリーンテラス雲仙(長崎県雲仙市)

雲仙温泉街からの日差しがサンサンと射し込む開放的な店内は、

  • 4人席×8

  • 2人席×2

の構成。2人席があるのが、ぼっち族にはありがたいです。

グリーンテラス雲仙(雲仙市雲仙温泉街)の足湯

グリーンテラス雲仙の敷地には、レストラン利用客用の「足湯」があります。これはPOINT高し!

 グリーンテラス雲仙の「営業時間」・「定休日」

11:00~17:00(L.O)

定休日なし

お山のカフェレストラン グリーンテラス雲仙 まとめ

雲仙温泉街でランチなら候補入り確定

でよろしいかと。

地元雲仙市出身の塩見正彦シェフが、丁寧に調理している洋食メニューの数々。

そのラインナップは、ランチ以外にも、雲仙名物「オムハヤシライス」、「かんざらしパフェ」、長崎名物「トルコライス」、「カステラフレンチ」、「ミルクセーキ」、佐世保名物「レモンステーキ」と一通り揃っているため、観光客にどストライク。

肝心の味でも、ウマい!のは言わずもがな。

ということで、〆の感想にイこーか!

「グリーンテラス雲仙さん、バリッ旨か!!ごちそうさんした」。

店舗情報(駐車場etc)

店名お山のカフェレストラン グリーンテラス雲仙
住所長崎県雲仙市小浜町雲仙320
ジャンル洋食、カフェ、デザート
駐車場あり
問い合わせ0957-73-3277(※予約不可)

  1. 味や店への評価は、個人的見解です。
  2. 当サイトでの掲載情報は、時間の経過とともに変化する場合があります。
スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image