「カナイシ KANAISHI」(大村市)【石窯ピザがうまうまウマし】~ノスタルジックな雰囲気もイイネ

カナイシ(KANAISHI)、大村市野岳町の大村産ソーセージのピザ
おしゃれピッツァ店におっさん一人で突入!【The 場違い】

「納屋のカフェ WARANAYA」に続く、大村の石窯ピッツァ第2弾!今回は野岳湖の湖畔にある「カナイシ(KANAISHI)」にぶっこんで来ました。

デート or 女子会 or 家族連れにはド~なのか?

抜かりなし!じろじろと見まわしてガサ入れしてきたYO!

お店の雰囲気はこんな感じ【洋風田園】

カナイシ(KANAISHI)、大村市野岳町カナイシ(KANAISHI)、大村市野岳町の看板カナイシ(KANAISHI)、大村市野岳町カナイシ(KANAISHI)、大村市野岳町のテラスカナイシ(KANAISHI)、大村市野岳町の内装カナイシ(KANAISHI)、大村市野岳町の内装

店舗は、アルプスの納屋を彷彿させる温かみのあるウッド空間。テラス席があるので、好天ならそちらでいかが。石窯を間近で観察できます。

店の雰囲気といえば、デート or 女子会 or 家族連れにドンピシャ!スタッフは女性onlyで気配り満点丸。店の周囲には、「野岳湖公園」、「裏見の滝」、「鉢巻山展望所」と名所に囲まれています。そして四季折々にシャクナゲ、コスモス、ヒガンバナが咲き乱れ、花々の芳香に包まれます。

4人掛けテーブル(×5)のみなので、おひとり様はちょいプレッシャーかな。でもピークタイムを外せばいいんじゃな~い。

肝心なピザはウマいの?【薄焼き本格派】

「大村産ソーセージのピザ」 1,000円

シ(KANAISHI)、大村市野岳町の石窯カナイシ(KANAISHI)、大村市野岳町の大村産ソーセージのピザカナイシ(KANAISHI)、大村市野岳町の大村産ソーセージのピザカナイシ(KANAISHI)、大村市野岳町の大村産ソーセージのピザ

薄生地の食感は、外はパリッと、中はモチっとで◎。

肉&スパイスがギュッと詰まった濃厚ソーセージは、バジルソースとの相性がばっつぐん!「ボイルポテトのほくほく感」&「アスパラのシャキシャキ感」が味の名わき役となっています。

「マルゲリータ」 1,000円

カナイシ(KANAISHI)、大村市野岳町のマルゲリータカナイシ(KANAISHI)、大村市野岳町のマルゲリータ

口に入れると、まずオレガノの風味が味覚を刺激します。次にトマトの酸味(生トマト入り)、ニンニクの刺激、バジルの風味、そしてモッツァレラチーズの塩味が混然一体となってジュッワ~ジュワ~と広がり、芳醇な美味しさに舌が蕩けそうです。

つまり、

ウメェェェェェエエんだ、アフォォォオオオ!!

「自家製のブルーベリーソーダ」 300円

カナイシ(KANAISHI)、大村市野岳町のブルーベリーソーダ

ブルーベリーの味がダイレクトに伝わるソーダ。薄焼きピザのお供に最適。

カナイシ(KANAISHI) まとめ

鉢巻山(大村市)の彼岸花
鉢巻山展望所の夕景&ヒガンバナ

カナイシのスタッフは、おっさん一人客にも優しかった(嬉)

ピザ一品じゃ記事が様にならんとピザ2枚食いしたら失神寸前になったでござる。そんなおっさんのしょーもないチラ裏話はともかく、ピザのメニューは、トマトソースベースのスタンダードなものから「塩きびなとポテト」、「焼きカレーのピッツァ」、「フルーツピッツァ」など変わり種まで各種揃っています。

「鉢巻山展望台」の夕景・夜景はカップルに、遊具豊富な「野岳湖公園」は親子連れにと食後のお楽しみSPOTも揃っているので、満悦至極を保障できまっす。

やりがいFullマックスにイキイキと仕事しているスタッフにも好印象。営業日は土曜~火曜限定なので、そこはご注意を!

ということで、〆の感想にイこーか!
「カナイシさん、バリッ旨か!!ごちそうさんした」。

• 大村産ソーセージのピザ   1,000円
• マルゲリータ            1,000円

 カナイシ KANAISHI|営業時間

[土、日、月、火]

11:00~16:00

店舗情報

店名石窯ピザ かないし
公式サイト石窯ピザ かないし – ホーム Facebook
住所長崎県大村市野岳町1902-1
ジャンルピザ、カフェ
定休日水曜~金曜
駐車場あり
予約/問い合わせ0957-55-4089

同じ大村の窯焼きピッツァ「納屋のカフェWARANAYA」もゴリ押しします!

納屋のカフェ WARANAYAのヤギ

絶品ピザはもちろん、お馬のさとこちゃん&ヤギのタンジーお母さんにキュン死寸前!

  1. 味や店への評価は、あくまで個人的見解です。
  2. 当サイトでの掲載情報の内容は、時間の経過とともに変化する場合があります。
  3. 本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

    画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。」詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

トップへもどる

Copyrighted Image