「江山楼 浦上店」【無料駐車場あり!】メニューは?食べてきた

江山楼浦上店
浦上店 赤丸チェックPOINT!

  1. 「浦上店」は、長崎中華街にある「江山楼本店&新館」から北へ3キロ離れた竹の久保町にドォォォーーーオオンと暖簾をかまえています。

    1. 場所は、JR長崎駅と平和公園のおよそ中間ぐらい。
    2. 夜景のメッカ「稲佐山」のふもとにある。
  2. 本店・新館にはない無料駐車場完備
  3. メニューは本店・新館と同じ。ランチメニューなし。
筆者は、「平日・夜」、「平日・昼」、「2階座敷(曜日失念)」の計3回浦上店に入店しました。
 

【POINT1】 無料駐車場あり!

浦上店最大の特徴。店舗に隣接してタワーパーキングが設置されています。タワーパーキングに入庫できない場合でも、平地の駐車場が別にあります(店まで徒歩5分)。

一方で、観光にはチート便利な路面電車だと、最寄りの電停から500メートルとアクセスにはやや難があります。

【POINT2】周囲に観光名所は?

【1】「平和公園」、「浦上天主堂」

平和公園の平和祈念像

「平和公園」「浦上天主堂」だとそれぞれ約2キロの距離。距離5キロの本店・新館よりも断然近距離です。

【2】稲佐山展望台

稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」からの新世界三大夜景認定、長崎の夜景

「稲佐山展望台」までは約5キロ。本店・新館と距離的には大差なし。しかし「浦上店」には無料駐車場があるので、稲佐山展望台までの交通手段が車なら立ち寄る価値大いにあります。

【3】(稲佐山行き)長崎ロープウェイ

長崎ロープウェイのゴンドラ

稲佐山展望台までの空中遊泳を楽しめる「長崎ロープウェイ 登り駅」まで1キロ。登り駅(淵神社駅)では無料駐車場14台分を完備しています。ロープウェイ利用でのグルメ先として最適です。

「本店・新館」は中華街巡りができる

ライトアップされた長崎新地中華街の北門(玄武門)

「グラバー園」、「出島」、「オランダ坂」、「眼鏡橋」からだと「本店・新館」が断然近いです。また本館・新館は長崎中華街内にあり、江山楼グルメとともに異国情緒を満喫できます。

一方の「浦上店」の周囲に名所はなく、竹の久保町にそびえる孤高の存在です

「浦上店」店内チェック!

江山楼浦上店(長崎市竹の久保町)

中国宮殿を彷彿させる豪華絢爛な外装。

江山楼浦上店(長崎市竹の久保町)

一階はテーブル席となっており、「4人掛けテーブル×7」、「2人掛けテーブル×8」で構成されています。「2人掛けテーブル」が山ほどあるので、おひとり様でも気兼ねなく入店可能。

江山楼浦上店の個室

2階以降は個室となっており、円卓で食事できます。予約制コース専用です。

江山楼浦上店(長崎市竹の久保町)江山楼名物のちゃんぽん、とんぽうろう(角煮まんじゅう)などテイクアウト商品が一階に陳列されています。おみやげにどうぞ。

浦上店| 営業時間

【平日】 11:00~15:30 /17:30~20:30 (※20:00で受付終了)
【土・日・祝】 21:00まで営業 (※20:30で受付終了。他は平日と同様)

江山楼浦上店(コウザンロウ) まとめ

江山楼の3000円コース(ホームランセット)
浦上店で賞味した「3000円コース」

ちゃんぽんの味に、各店大差ありません。

なぜなら味の決め手となるちゃんぽんスープは、セントラルキッチンで仕込まれているので。それに使う材料も同じ。

来客の多さですが、「平日の昼」、「土日の夜」は人で溢れています。ただ「平日夜」だと比較的空いてます。そこはいつ何時でも満席あたり前の「本店・新館」との違いです。そういった点を考慮し、店選びしてください。

本稿では「浦上店」を紹介しましたが、

• 「本店・新館」は長崎中華街のなかにあり、観光も楽しめる。
• どうせ行くなら「本店」で食事したい。

という気持ちは分かります。では、「本店」と「新館」は選ぶ基準はあるの?という疑問はコチラで一発氷塊!

店舗情報

店名中国菜館 江山楼(コウザンロウ)浦上店
公式サイト長崎新地中華街の美味しい長崎ちゃんぽん|中国菜館江山楼
住所長崎県竹の久保町1-29
ジャンル長崎ちゃんぽん、皿うどん/中華
定休日不定休
駐車場あり
予約/問い合わせ[江山楼お客さまセンター] 095-824-5000
受付時間|11:00~21:00

ウルトラ有名店 【江山楼のすべてが丸分かり!】

江山楼の王さんの特上ちゃんぽん

「ちゃんぽん全品」「皿うどん全品」「メニュー各種」を【食い尽くした完全食レポ】

江山楼(新地中華街)で特上ちゃんぽん~【特濃スープは神の領域】
長崎のちゃんぽんの名店「江山楼」は、平日でも満員御礼の超人気店。その人気の秘密は、ちゃんぽんスープにアリ。鶏ガラ100%の鶏白湯スープ。その【極限まで乳化されたとろみ】は、ガチうまです!

  1. 味や店への評価は、あくまで個人的見解です。
  2. 当サイトでの掲載情報の内容は、時間の経過とともに変化する場合があります。
  3. 本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

    画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。詳しくは「転載、引用について」をお読みください。


トップへもどる

Copyrighted Image