美女花【福山雅治さんが食した五島うどん】(武家屋敷通りふるさと館)

ましゃが食べた五島うどん店「美女花」にログインッ

毎分毎秒ウマしッ! 最初から最後までウマかった!!

2018年12月10日に公開された動画「もっと長崎の島々に、なる!」3篇。

地元長崎県の大スター「福山雅治さん」が、五島列島、対馬、壱岐を旅するドキュメンタリー動画です(以下、敬称略)。

その五島編で、ましゃがウマそうに口にした地元名物「五島うどん 地獄炊き」を同じ店でズルズールした来たぜ、ヒャッハー!!

(※正確に言えば、五島うどんの本場は「上」五島です。「美女花」の所在地は「下」五島。)

スポンサーリンク

ましゃの行くところは匂いで分かる!

美女花(五島市 福江武家屋敷通りふるさと館内)に飾ってある福山雅治のサイン

動画では店名不明だけど、福山ファン歴50年をナメるなよ。

五島市福江の街で、微かに残るましゃの匂いをクンクン嗅ぎながらたどり着いたのは、「福江武家屋敷通りふるさと館内」にあるカフェ「美女花」(みじょか)

すると、ホーレましゃさまのサインが飾られとるではないかっ!

現地の人に教えてもらったんじゃないからネ!

当然ましゃさまと同じ「五島うどん 地獄炊き」をオーダーだッ!

美女花(五島市 福江武家屋敷通りふるさと館内)の五島うどん、地獄炊き(福山雅治が食べた)
美女花(五島市 福江武家屋敷通りふるさと館内)の五島うどん、地獄炊き(福山雅治が食べた) 美女花(五島市 福江武家屋敷通りふるさと館内)の五島うどん、地獄炊き(福山雅治が食べた)

値段は700円。

グツグツッ煮えたぎる釜のなかに、手延べうどんがたっぷりと浸かっておる。

ところで、なぜ「地獄」と言うか知っている?一説には「すごく」⇒「至極」⇒「地獄」と変化して名付けられたんだ(ドヤ顔)。

動画の説明をパクってないからね。

美女花(五島市 福江武家屋敷通りふるさと館内)の五島うどん、地獄炊き(福山雅治が食べた)

専用の器に生卵を入れて、

アゴだしを適量加えます。濃度が高いので、そそぐ際は少量づつで。

美女花(五島市 福江武家屋敷通りふるさと館内)の五島うどん、地獄炊き(福山雅治が食べた) 美女花(五島市 福江武家屋敷通りふるさと館内)の五島うどん、地獄炊き(福山雅治が食べた) 美女花(五島市 福江武家屋敷通りふるさと館内)の五島うどん、地獄炊き(福山雅治が食べた)

薬味の「刻みねぎ」、「かつお節」、「わさび」、「柚子胡椒(赤)」も加え……

美女花(五島市 福江武家屋敷通りふるさと館内)の五島うどん、地獄炊き(福山雅治が食べた)

いよいよ、その中にうどんを投入し、

ずるずるずるズズリーヌッ!

・・・あ”っ

オイシィィ、コレ!!

麺は、表面つるつるなんだけど、しっかりとコシがあって弾力もある。

「生卵のコク」&「アゴ(飛び魚)のウマ味」がハーモニーとなって、喉ごし後の余韻が格別。

讃岐うどん級のインパクトはないけど、豊穣な後味が後を引く官能的な味わい。

美女花(五島市 福江武家屋敷通りふるさと館内)の焼きおにぎり

地獄炊きのボニューム:女性にはちょうどいいぐらい。男性だと腹7分。

もうちょい欲しいなら「焼きおにぎり」がオススメ。宿のスタッフさん推奨で、これまた正解。

こんがり香ばしい表面&なかのモチモチ感がイイヨッ。写真は単品ですが、セットだと+150円です。

「かんころ餅」で〆

美女花(五島市 福江武家屋敷通りふるさと館内)のかんころ餅

別腹は、五島名物「かんころ餅」。サツマイモを混ぜた餅で、もともとは五島の保存食。

クリーム&あん付きで、デザートとして最適。五島みやげの超定番なので、ココで味を確認しておけば後悔知らず。

 • 単品:              400円

 • 五島茶セット:  500円

 • 抹茶セット:     600円

ぶふぅぅぅう、食った、食った。禁断のトリプル炭水化物で、幸せの極致。

美女花(みじょか)の五島うどん まとめ

美女花(五島市 福江武家屋敷通りふるさと館内)

福山ファン以外もカモーン

スタッフは女性onlyで、とっても感じがいい方ばかり。器や盛り付けもオシャレで、「五島うどんを出すカフェ」です、完全に。

美女花のある「福江武家屋敷通りふるさと館」は、福江港ターミナルから車で5分とアクセス良好。無料駐車場もあり。

ましゃファンは聖地巡礼に、観光客は五島うどんを賞味にどぞーっ!

店舗情報

店名美女花(みじょか)
住所長崎県五島市武家屋敷2-1-20
メニュー五島うどん、カレー、喫茶
営業時間11:00~16:00
定休日月曜日(月曜が祝日の場合は翌平日)
駐車場あり
問い合わせ0959-72-2083

~福江の方々へ~美女花の件では大変お世話になりました。感謝、深謝です。

1. 味や店への評価は、個人的見解です。

2. 当記事における掲載情報は、時間の経過とともに変化する場合があります。

事前に店舗か公式サイトでご確認ください。

3. 写真の盗用、特にまとめ・キュレーションサイト、アフィリエイトブログに対しては、断固とした対応をとります。
スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image