雲仙福田屋「山カフェ 力(りっきー)」【人気ランチ5品爆食!〇〇は食べ逃し厳禁?】

山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)の溶岩焼ハンバーグ
山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)の雲仙ハイカラオムハヤシ 山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)の溶岩そば 山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)の天婦羅盛りそば

凄いこと教えます!

知ってた?「雲仙福田屋」に本ーー当に美味しい出会いが待っていることを。

その名は「山カフェ 力」(りっきー)

雲仙のランチ候補先に入れて、2億光年後悔なし……、

じゃないかな(日和った!)

忖度なしで、うまうまレベルが「トリプル役満級」

今回、力(りっきー)のランチ人気ランチ5品をコンプリしたので、

推し飯大賞を大公表するZ(ぜっ!

備考クレジットカード可。

✔1Fにあった「民芸茶屋 力」は閉業して、3F「山カフェ 力(りっきー)」にリニューアルしています。

したがって、「民芸茶屋 力閉業」のみ記載している食べログ情報は、不正確です。

公式サイト

スポンサーリンク

 場所は?

山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)

雲仙福田屋 別邸3F。雲仙温泉街の基幹道路 国道389号に面しており、大天使分かりやすいです。

住所長崎県雲仙市小浜町雲仙380-2 雲仙福田屋別邸3F

駐車場あり

山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内) 山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)

広め。

小地獄温泉へ向かう道路へ曲がり、左手すぐです。

「営業時間」・「定休日」

11:00~23:00(L.O. 22:30)

ランチタイム】                                    11:00~14:30

【懐かしいレコードが聴けるBARタイム】  21:00~

年中無休

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、営業時間・定休日が記載と異なる場合があります。

訪店前に、店舗にご確認ください。

内観チェック

山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)

山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内) 山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)

テーブル席 × 6卓

※カウンターもあり。ランチタイムでは、ぼっち入店でも通常テーブル席へ通されます。

21:00からは、懐メロがレコードで流され、オシャレBARに様変わり。

山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内) 山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)

テラス席もあり。爽快ロケーションをガン見し放題!

接客

年配女性のフロアスタッフが、ウイットに富んで感じイイですよー。

メニュー構成

山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)

週末用の限定メニュー表です

筆者爆推しメニュー

山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)の溶岩焼ハンバーグ
「溶岩焼ハンバーグ 1,200円」(スープ・サラダ・ライス付)

  
山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)の溶岩そば 山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)の天婦羅盛りそば
「溶岩そば 1,900円(2人前)」 「天婦羅盛りそば 1,350円」

山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)の雲仙ハイカラオムハヤシ 山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)のビクトリーチキン
「雲仙ハイカラオムハヤシ 980円」(スープ・サラダ付) 「ビクトリーチキンセット 800円」(スープ・ライス付)

いきなり結論

初力(りっきー)なら、「溶岩ハンバーグ」をまずは確実に押さえるべきかと。

そして、サブとして「そばメニュー」「ハイカラオムハヤシ」を好みでチョイスすれば後悔知らず!!じゃないかな?!きっとそうだよ!

何気に「ビクトリーチキン」が絶品だったので唐揚げスキーなら是非(単品オーダーも可)。


力(りっきー)の「店推しメニュー」

  1. 「溶岩焼ハンバーグ」
  2. 「ハイカラオムハヤシ」
  3. 「高来そば」

の3種類。

筆者選定 うまうまアカデミー賞は「溶岩焼ハンバーグ」したっ!

普賢岳製溶岩プレートの上でジュージューッと音を立てて提供されるハンバーグは、シズル感800億点!

表面がカリッッッッッと焼けてギガ☆クリスピィーーー。肉のうまさ全開のハンバーグは、肉汁ジュンジュワーと広がる肉々しさの塊。

最初から最後まで熱々うまうまな逸品でござった。

そばは「溶岩そば 1,900円(2人前)」「天婦羅盛りそば 1,350円」(高来そば)を爆食。

「溶岩そば」は、「パリパリに焼かれた茶そば」と「雲仙牛のしぐれ煮など贅沢な具材」との悪魔合体で、味覚がGO to hell!

「天婦羅盛りそば 」は、幻の高来10割そばの香・味わいがとにかく上品で、しっかりとした歯ごたえに、

と~わりぃぃ~ん(アカペラ独唱)

な味わいを堪能できました。

その他、「そばメニュー」は、

 • 盛りそば             850円

 • どろりそば            750円

 • 天婦羅どろりそば 1,250円

がスタンバってます(未食)。「どろりそば」とは、「どろり」とした温かいゆで汁を加える諫早市高来町の郷土料理とのこと。

「雲仙ハイカラオムハヤシ」は、「牛エキス・赤ワイン・完熟トマトが溶け込んだハヤシライスソース」が「とろとろ卵」とが絡んだ濃醇な一品。

「雲仙しまばら鶏」を使用した「ビクトリーチキン」は、スープのように柔らかく、唐揚げを超越した「もはや何と表現したらいいか分からない唐揚げ」したっ!(冗談抜きに、マジうまでした)

(※他に、「溶岩ステーキランチ 1,500円」もあります)。


✔以下、個別のメニュー紹介でっす。


【1】「溶岩焼ハンバーグ 1,200円」

山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)の溶岩焼ハンバーグ山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)の溶岩焼ハンバーグ

溶岩プレートからソースがダイブするので、紙でグルリと囲まれて提供されます。グツグツ煮えるソースがまんま火山のマグマ!

山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)の溶岩焼ハンバーグ

マグマが落ち着いたので、ハンバーグたんとご対ー面。スープ・サラダ・ライス付きです。

山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)の溶岩焼ハンバーグ

灼熱の溶岩で焼かれたハンバーグは芯まで熱々っっっ。白飯がガツガツ進むゼー。

【2】「溶岩そば 1,900円(2人前)」

山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)の溶岩そば

山口県名物の溶岩そばが、2人前からオーダーできます。

山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)の溶岩そば 山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)の溶岩そば

パリパリに焼けた茶そばがいとウマし。「雲仙牛のしぐれ煮」・「錦糸卵」・「のり」・刻みネギ」と具材が鬼豪華。

安定のぼっち注文だったけど、余裕でぺロリンチョ☆しちゃった。

【3】「天婦羅盛りそば 1,350円」

山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)の天婦羅盛りそば

山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)の天婦羅盛りそば 山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)の天婦羅盛りそば

幻の高来そばをニワカが評論するのは600億年早いけど、香りがスーパームーン違うのは分かる。スゲー分かる。

山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)の天婦羅盛りそば

天ぷらは「紛れもない匠の味」でした。

【4】「雲仙ハイカラオムハヤシ 980円」

山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)の雲仙ハイカラオムハヤシ

山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)の雲仙ハイカラオムハヤシ 山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)の雲仙ハイカラオムハヤシ

ディープなインパクトには欠けるけど、どこまでも心地よい多幸感が続くオムハヤシ。うむ、これは五感で味わえる一品といえよう。

【5】「ビクトリーチキンセット(単品)500円」

山カフェ「力(りっきー)」(雲仙市小浜町雲仙雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋内)のビクトリーチキン

箸休め代わりに注文したら、ボリューム・味ともに主役級の一品でとんだ拾い物でおじゃった。

V・ファーレン長崎のスタジアムグルメとして、人気を博しているのもド納得。

山カフェ 力(りっきー) まとめ

ホテルシェフが丁寧に調理しているのが一口瞭然

その分提供時間がやや長めですが、余裕で許容範囲に収まります。

コスパ良好!ではないけど、HPがフル回復するほどのクオリティなので十分お値打ち価格。

ロケーション抜群で、シックで落ち着いた内観。とっくれば、雲仙お出かけでのランチに合ーーー格!

ということで、〆の感想にイこーか!

「山カフェ 力(りっきー)さん、バリッ旨か!!ごちそうさんした」。

  1. 味や店への評価は、個人的見解です。
  2. 当サイトでの掲載情報は、時間の経過とともに変化する場合があります。
  3. 写真の盗用、特にまとめ・キュレーションサイト、アフィリエイトブログに対しては、断固とした対応をとります。
スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image