元祖海鮮ちゃんぽん(平戸・日本最西端の駅)【さざえスープ炸裂!】

長崎ちゃんぽん放浪記:第39回

元祖海鮮ちゃんぽん平戸 松浦鉄道たびら平戸口駅店
日本最西端の駅の「海鮮ちゃんぽん」は、【サザエたっぷりで700円!】

オーイ!長崎県平戸にある「日本最西端の駅」に、仰天ちゃんぽんがあったぞォォォオ!

その名は「海鮮ちゃんぽん」。名前が田中さん並に平凡だけど、サザエが半端なく投入されとるゾイ。

このサザエからエキスが強烈なまでに溶け出して、悪魔的なウマさへと昇華されていました。しかーもお値段700円!

その日本最西端の平戸口駅には「巨大カマキリ」がいる。~ナニコレ珍百景で紹介!

たびら平戸口駅(【日本最西端の鉄道駅)、長崎県田平の巨大カマキリ

面構えが、百姓の娘の帯をクルクルーって回す悪代官ッ!

たびら平戸口駅(【日本最西端の鉄道駅)、長崎県田平の巨大カマキリ

駅員さん超逃げてッ!!

たびら平戸口駅(【日本最西端の鉄道駅)、長崎県田平

他にも「日本最西端の駅の碑」が建立されているので、記念撮影をかましましょう。

たびら平戸口駅(【日本最西端の鉄道駅)、長崎県田平

ぷぅぅぅう満足したゼ!お次は、駅内にあるちゃんぽん店へGO

「元祖海鮮ちゃんぽん」に突入

元祖海鮮ちゃんぽん平戸 松浦鉄道たびら平戸口駅店

お店は駅内にあり、店名は『元祖海鮮ちゃんぽん』

2018年8月9日オープンですが、もともとは平戸市崎方町に暖簾をかまえていて(現在休業中)、今年で30周年となる老舗ちゃんぽん店。

平戸口駅店は、カウンターのみなので、おひとりさまでも気軽に来れます(6席)。

さっそく「海鮮ちゃんぽん」をハフハフします

注文後、10分ほどしてちゃんぽん到着! それでは、姑が新妻の掃除具合をチャックするよーに、厳しーく評価します!(襖のほこりも見逃さないんだから!)

元祖海鮮ちゃんぽん平戸 松浦鉄道たびら平戸口駅店

ビジュアル良しッ!

元祖海鮮ちゃんぽん平戸 松浦鉄道たびら平戸口駅店

ボリューム良しッ!

元祖海鮮ちゃんぽん平戸 松浦鉄道たびら平戸口駅店

野菜かなり良しッ!

元祖海鮮ちゃんぽん平戸 松浦鉄道たびら平戸口駅店

そーして海鮮、超グレーーート良しッ!!

「海鮮」ちゃんぽんの名に恥じぬ潮の幸の充実ぶり。小エビ、イカゲソがゴロゴロっonしておる。

とどめは再度のサザエ攻撃!

元祖海鮮ちゃんぽん平戸 松浦鉄道たびら平戸口駅店

コレ、一部だから。

それにしても、700円のちゃんぽんじゃナイしょ。長崎中華街ならかるーく1,000円をぶっちぎってとるぞ。

そして、海鮮エキスが溶け込んだ悪魔のスープへ【極楽浄土】

元祖海鮮ちゃんぽん平戸 松浦鉄道たびら平戸口駅店

鳥ガラスープに、サザエを主とした海鮮エキスがジュンジュンジュッワ~と溶け出して底なしのコク深さへ。

濃厚系だけど、「半端ない海鮮エキス」と「ラード未使用」でさっぱり。だから、グイグイ飲んじゃう。

スープを飲み干した瞬間・・・・・・至福タイムが舞い降りたッッッ!

麺は、平戸ちゃんぽんでおなじみ森藤製

元祖海鮮ちゃんぽん平戸 松浦鉄道たびら平戸口駅店

やや硬めで、つるつる感ばっつぐん!

元祖海鮮ちゃんぽん まとめ

無料駐車場アリだから気軽に来れます!

駅の駐車場利用の際は必ず駅長さんへ申し出てください。本来は有料ですが、ちゃんぽん目的ですと告げると、「それぐらいなら無料です」とのこと。

お子さま歓喜の「巨大カマキリ」、鉄道ファン垂涎の「日本最西端の駅 訪問証明書(有料)」や「鉄道博物館」と見どころ豊富な「たびら平戸口駅店」。オイシィィイちゃんぽんと一緒に満喫してください。

ということで、〆の感想にイこーか!

「元祖海鮮ちゃんぽんさん、バリッ旨か!!ごちそうさんした」。

海鮮ちゃんぽん     700円

メニュー構成

• 海鮮ちゃんぽん  700円

• ビール      500円

以上!シンプルofベスト

 営業時間

11:00~15:00

食レポ史上…かつてない衝撃ッ…!!

【長崎中華街のちゃんぽん 全15店超まとめ】

長崎新地中華街のちゃんぽん

全店実食のガチまとめ!   画像をクリック

長崎中華街のちゃんぽん【全て実食】オススメ人気15店を超まとめ!
この記事のPOINT【必見】 全店実食です!:新地中華街を食べ歩いたちゃんぽん組長による「ガ...

店舗情報

店名元祖海鮮ちゃんぽん
公式ツイッター元祖海鮮ちゃんぽん平戸(@chanpon_hirado)
住所

長崎県平戸市田平町山内免

※平戸市市街(崎方町)の店は休業中。
ジャンル海鮮ちゃんぽん、ビール
定休日金曜日、第3木曜日
駐車場あり

  1. 味や店への評価は、あくまで個人的見解です。
  2. 当サイトでの掲載情報の内容は、時間の経過とともに変化する場合があります。
  3. 本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

    画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。

    詳しくは「転載、引用について」をお読みください。


トップへもどる

Copyrighted Image