宇宙一唐揚げがウマい「鶏の白石」(島原)【唐揚げメニュー全6品完食!一番ウマいのは〇〇?】

鶏の白石(南島原市布津町)
鶏の白石(南島原市布津町)の唐揚げもも定食 鶏の白石(南島原市布津町)
「唐揚げもも定食」 「唐揚げぶつ切定食」(ダブル)

鶏の白石(南島原市布津町)のもも塩焼き定食 鶏の白石(南島原市布津町)の唐揚げ和風定食
「もも塩焼き定食」 「唐揚げ和風定食」

鶏の白石(南島原市布津町)のもも照焼き定食 鶏の白石(南島原市布津町)
「もも照焼き定食」 「唐揚げ骨ぬき定食」

母さん、俺生まれてきて良かったですッ!!!(爆泣)

だって、こんなKING of 底辺でも、脳みそ突き抜けるほどの

極☆食

を体験できたので。

その極食亭の名は。?

長崎県民なら乳児でも知っている「鶏の白石」!

and AGAIN!

宇宙一の唐揚げ「鶏の☆白石」(ビシィィ)!!!

その【唐揚げメニュー6品をすべて平らげた】ので、おすすめをフューチャーするZ(ぜっ)!!

予約先:0957-72-3369(鶏の白石南島原本店)

※クレジットカード不可

【テイクアウトメニューは、末尾に掲載しています。】

※鶏の白石では、イートインする方でも、ほとんどがテイクアウトを同時注文します。

ご利用の際は【目次の〈14.「鶏の白石|テイクアウトのメニュー」〉をクリック】してください。

スポンサーリンク

 場所は?

南島原本店

鶏の白石(南島原市布津町)

島原市街から南へ約13km、車で20分の距離。

国道251号から「布津庁舎前の信号交差点」

 • 島原市からだと「左折」

 • 南島原市からだと「右折」

します。

曲がった100m先に「鶏の白石」が右手にあります。

住所長崎県南島原市布津町乙1487-7

電話番号:0957-72-3369

✔「布津庁舎前の信号交差点」から「鶏の白石へ曲がるPOINT」:「JA(農協)のガソリンスタンド」が目印になります。

駐車場あり

鶏の白石(南島原市布津町) 鶏の白石(南島原市布津町)

「店正面斜めの4台分」「その隣の砂利道」が駐車場(スペース)です。

やや手狭ですが、ほとんどがテイクアウト客なので、ピークタイム以外の空車率はほどほど高し。

✔周辺への迷惑駐車場は止めましょう。

「営業時間」・「定休日」

【食堂】11:00~20:30

【売店】10:00~20:30

第4火曜日 (※不定期:電話確認ください)

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、営業時間・定休日が記載と異なる場合があります。

訪店前に、店舗にご確認ください。

島原店(テイクアウト専門)

住所:長崎県島原市高島2-279 / 駐車場なし

営業時間:10:00~19:00 / 定休日:年末年始

内観チェック

鶏の白石(南島原市布津町)

食堂スタイルの店内は、

 • テーブル席    3卓  

 • 座敷テーブル 4卓

の構成。

他に予備の部屋もあります。

(※通し営業/予約可)

メニュー構成

「鶏の白石に通った」筆者爆推しメニュー

※手っ取り早くおすすめメニューを知りたい方向けに、プロローグでまとめます。

骨付きもも肉メニュー

鶏の白石(南島原市布津町)の唐揚げもも定食 鶏の白石(南島原市布津町)のもも塩焼き定食 鶏の白石(南島原市布津町)のもも照焼き定食
「唐揚げもも定食 650円」 「もも塩焼き定食 730円」 「もも照焼き定食 730円」

ぶつ切りメニュー

鶏の白石(南島原市布津町) 鶏の白石(南島原市布津町)の唐揚げ和風定食 鶏の白石(南島原市布津町)
「唐揚げぶつ切定食 650円」(※写真はダブル) 「唐揚げ和風定食 800円」 「唐揚げ骨ぬき定食 650円」

鶏の白石の唐揚げメニューは、写真付きで掲載している『骨付きもも肉メニュー3品』『ぶつ切りメニュー3品』となります。

他に、そばやそうめん付きの唐揚げ定食もありますが、基本の唐揚げは上に挙げた6種類です。

でっ何を食べればイイの?

鶏の白石(南島原市布津町)の唐揚げもも定食
「唐揚げもも定食 650円」

初白石なら、もも肉一本を豪快に丸揚げした「唐揚げもも定食」は必必必食。

他に選ぶ基準は、

「ウマさ」

【1】『骨付きもも肉メニュー』⇒【2】『ぶつ切りメニュー』の順となります。ぶつ切りのなかでも、骨抜きは最下位。

骨付き、それもカット断面の少ないメニューが、ウマ味エキスが流出しない分順位はあがります。

『骨付きもも肉メニュー』を選ぶ際に、唐揚げは重いと感じるなら「塩焼き」か「照焼き」の2択。もも肉のウマさをシンプルに楽しめますが、調理時間に15~20分を要します。

「食べやすさ」

逆に【1】『ぶつ切りメニュー』⇒【2】『骨付きもも肉メニュー』となり、骨抜きがトップに躍り出ます。

よって、幼児は「唐揚げ骨ぬき定食」を喜ぶかと(性格によりますが)。

『ぶつ切りメニュー』のメリットは、個数をダブルにできること。白石の唐揚げを死ぬほど堪能するなら、『ぶつ切りメニューのダブル』で(「唐揚げもも定食」で1,060円)。

『ぶつ切りメニュー』の「唐揚げ和風定食」は、唐揚げもも定食に「和風つけダレ」と「大根おろし」が付いたもの。ご飯との相性は最強。

メニュー表

鶏の白石(南島原市布津町)

鶏の白石(南島原市布津町)


✔以下、個別のメニューレポにGO!


【1】「唐揚げもも定食 650円」

鶏の白石(南島原市布津町)の唐揚げもも定食

コレ、コレ(期待感ダダ漏れ)。コイツが鶏の白石のシンボルメニューなのだ。

鶏の白石(南島原市布津町)の唐揚げもも定食

裏返してみると、

オホォォォーーーーー!こんがり揚がっとる(歓喜)

薄めの衣を一言で例えると、

ポテチ!

……

アレ?「もっと違う表現あるだろ(呆)」オーラをモニター越しから感じるけど、ガン無視してもう一回、

ポテチッッ!(キリィ)

カラッ☆!感、絶妙の塩加減、そしてパリ

ッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッ

パリッな食感。

やっぱポテチ、それもホテルで提供される高級なヤツ!(無駄に頑固)

鶏の白石(南島原市布津町)の唐揚げもも定食

中はこんなん。

味?

高級ハム!!(キリリィ)

正月しか食えん、縄でぐるんぐるん巻いたアレ。

それでいて、ハムとは違って、柔らかジューシー!

どんな調理法で、こんな奥行のある味に仕上がるのだろうか?筆者にできるだろうか?いや、無理、絶対無理、無理ゲー。

これぞ「白石マジック」!(感服)

鶏の白石(南島原市布津町)のもも塩焼き定食 鶏の白石(南島原市布津町)のもも塩焼き定食

「白飯」、「味噌汁」、「キャベツのせん切り」は、全ての定食に付きます。

鶏の白石(南島原市布津町)の唐揚げ骨ぬき定食(そうめん) 鶏の白石(南島原市布津町)

キャベツにつける「マヨネーズ」、「ドレッシング」は一か所に置いてあるので、使ったら戻してちょ。

【2】「もも塩焼き定食 730円」

鶏の白石(南島原市布津町)のもも塩焼き定食

鶏の白石(南島原市布津町)のもも照焼き定食 鶏の白石(南島原市布津町)のもも照焼き定食

ぶっちゃけ言えば、貧弱ゥ貧弱ゥにダウングレードされた筆者の胃袋では、「もも唐揚げ」より、「塩焼き」、「照焼き」の方が嗜好にガッチンしました(揚げ物を多食すると一人ボディブロー状態)。

パリパリの衣を味わえない反面、もも肉のウマさをストレートに味わえるのが「塩・照ブラザーズ」。

提供までにやや時間を要するの難点。

【3】「もも照焼き定食 730円」

鶏の白石(南島原市布津町)のもも照焼き定食 鶏の白石(南島原市布津町)のもも照焼き定食

刮目せよ!この黒光りした照りを!!(うるさい)

これ懐中電灯に使えるんじゃネ?ぐらいテカっとる。

表面に輝く甘辛醤油に、ほのかに香るニンニク。

これぞ、

白飯に、ラブ&ピース。

【4】「唐揚げぶつ切定食 ダブル1,060円」

鶏の白石(南島原市布津町)

ノーマルだと4個だけど、ダブルだと8個だ!だっふんだ!

※飯との対比で、ジャンボなボリュームを想像してほしい。

鶏の白石(南島原市布津町)の唐揚ぶつ切定食

ボンビー学生の諸君!この写真だけでどんぶり飯3杯はイけるだろう!!

さぁ食いたまえ!

鶏の白石(南島原市布津町)の唐揚げ和風定食

割ってみた。

しっかりとした筋繊維、引き締まった筋肉。

ハイ!MVP

✔ノーマルだと650円。

【5】「唐揚げ和風定食 800円」

鶏の白石(南島原市布津町)の唐揚げ和風定食

「唐揚げぶつ切定食」に「和風つけダレ」と「大根おろし」が付いたもの。

150円の値段UPになるけど、「ノーマルな唐揚げぶつ切定食」と「つけダレ味」の両方が味わえるから、オススメ度高し。

鶏の白石(南島原市布津町)の唐揚げ和風定食

「和風つけダレ」にハイブリッドされた柑橘エキスがキュキューーーと効いとる。

【6】「そうめんAセット(唐揚げ骨ぬき) 850円」

鶏の白石(南島原市布津町)鶏の白石(南島原市布津町)の唐揚げ骨ぬき定食(そうめん)

白飯out!そうめんin!のそうめんAセット。唐揚げは「骨ぬきタイプ」。

味的には骨付きタイプよりやや劣るけど、食べやすさでは軍配があがります。

鶏の白石(南島原市布津町)の唐揚げ骨ぬき定食(そうめん) 鶏の白石(南島原市布津町)の唐揚げ骨ぬき定食(そうめん) 鶏の白石(南島原市布津町)の唐揚げ骨ぬき定食(そうめん)

島原そうめんの産地は南島原。

「白石の唐揚げ」とW南島原名物を味わえる贅沢な定食です。

※「そうめんBセット 1,080円」には、「唐揚げもも」と「いなり2個」が付きます。

ノーマルな「唐揚げ骨ぬき定食」は650円。

【7】「すなずり唐揚げ 750円」 & 「レバー唐揚げ 550円」

鶏の白石(南島原市布津町)のすなずり唐揚 鶏の白石(南島原市布津町)のレバー唐揚げ
「すなずり唐揚」 「レバー唐揚げ」

酒の宿敵(とも)には最適な2品。

唐揚げにすることによって、レバーの苦み、すなずりのコリコリ感がギュュューーーと凝縮されています。

鶏の白石(とりのしらいし) まとめ

白石はとんでもないものを盗んでいきました。

あなたの胃袋です!(本日3回目のキリィィ)

いや、マジでこんな感じになるから。白石の10キロ圏内まで来たら、腹がグゥグゥ催促し、口からは唾液がボタボタ落ちるから。

とにかく未食の方はさっそく訪れるベシ!白石経験者でも、他のメニューに挑戦してちょ!

ということで、〆の感想にイこーか!

「鶏の白石さん、バリッバリ旨か!!ごちそうさんした」。

店舗情報

店名鶏の白石(とりのしらいし)
住所

南島原本店:長崎県南島原市布津町乙1487-7

島原店(テイクアウト専門):長崎県島原市高島2-279

ジャンルからあげ、定食・食堂、鳥料理
予約・問い合わせ

南島原本店:0957-72-3369

島原店(テイクアウト専門):0957-65-5007

「鶏の白石本店と島原店への電話の間違いが相次いでいます」とのこと。電話する前に再確認を!

鶏の白石|テイクアウトのメニュー

鶏の白石(南島原市布津町)

✔イートインする方は、食事メニューと同じタイミングでテイクアウトをオーダーすれば、待ち時間を短縮できます。

  1. 味や店への評価は、個人的見解です。
  2. 当サイトでの掲載情報は、時間の経過とともに変化する場合があります。
  3. 写真の盗用、特にまとめ・キュレーションサイト、アフィリエイトブログに対しては、断固とした対応をとります。
スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image