【2021開催?中止?】「観櫻火宴」(かんおうかえん)~総勢200名突破!日本一のたいまつ武者行列

観櫻火宴(島原半島、雲仙市千々石の橘神社)

……!!!!!

令和3年(2021)【中止】

大号泣不可欠

酒!

飲まずにはいられないッ!!!

スポンサーリンク

観櫻火宴(かんおうかえん)とは????

釜蓋城跡(雲仙市千々石町)

日本中が合戦という名の狂乱に明け暮れた戦国時代。

天正遣欧少年使節としてローマ教皇に謁見を果たす「千々石ミゲル」が産声をあげた「釜蓋城」で物語の幕が開かれる。

橘湾をのぞむ小高い丘に築城された釜蓋城には、千々石ミゲルの父「千々石直員」が在城し千々石を治めていた。

しかし……

戦国の終止符がかすかに見えてきた元亀元年(1570年)……

肥前の猛熊・龍造寺隆信率いる大軍が千々石に侵攻し、「釜蓋城を完全包囲」。

風雲急を告げる千々石の大地。

釜蓋城を枕に討ち死を覚悟した千々石直員・ミゲル父子!

四百数十年前に起こった悲劇の合戦絵巻を、総勢200名以上の武者行列でリアルに再現ッ!!

1,500本の桜をキャンパスにして描く、日本最大級の武者火祭りを刮目せよッッッ!!!!!!!

過去写真でバーチャル体験!

観櫻火宴(島原半島、雲仙市千々石の橘神社)

地元の青年扮する、千々石の英雄ミゲル。

観櫻火宴(島原半島、雲仙市千々石の橘神社)

少年武者の奮闘!

観櫻火宴(島原半島、雲仙市千々石の橘神社)

大筒ドォーーーーン!!!

観櫻火宴(島原半島、雲仙市千々石の橘神社)観櫻火宴(島原半島、雲仙市千々石の橘神社)観櫻火宴(島原半島、雲仙市千々石の橘神社)

武者行列の先頭はミゲルの父・千々石直員!

観櫻火宴(島原半島、雲仙市千々石の橘神社)観櫻火宴(島原半島、雲仙市千々石の橘神社)

女性も外国人もウエルカム(外国人さんは結構な数が参列。佐世保の米兵さんが集団参加?)。

橘神社(長崎県雲仙市千々石)の鳥居、門松観櫻火宴(島原半島、雲仙市千々石の橘神社)

巨大鳥居の前で、一斉に「弥栄(いやさか)」と勝どきをあげます!

満開の桜のトンネルを勇壮な武者行列が進撃します。

観櫻火宴(島原半島、雲仙市千々石の橘神社)観櫻火宴(島原半島、雲仙市千々石の橘神社)

拝殿前の石坂で、少年武者の元服式。

あと書き

ただでさえ極上の被写体なのに、フォトコンテストを開催するもんだから、祭り当日はガチ勢が大挙襲来w

武者行列の周囲は、高級カメラを抱えたガチ勢でてんやわんやになるだ、フォォォォォーーーーー!!!!

それはそれで観櫻火宴の醍醐味として楽しめますYOーー!

まだ未挑戦のガチ勢さん(フォトグラファー)は、2022年は是非どうぞ。

以上になります。2022年は、「弥栄(いやさか)」(栄あれ)の勝鬨を3年分まとめて叫びましょう!

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします。 (観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。 特にまとめ・キュレーションサイト、アフィリエイトブログによる画像の盗用については、断固とした対応をとります。

詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image