長崎の坂本龍馬像【全10体の場所!】マップ付

長崎県の坂本龍馬像

龍馬、飛翔の地となった「長崎」。

 「亀山社中跡」そばにある風頭公園の坂本龍馬之像、

 島原のサムライブルー龍馬、

 上五島の祈りの龍馬像まで。

長崎県下に建立された龍馬像11体、ALLまとめ!

※全現地取材※

スポンサーリンク

【全龍馬像マップ】

最初にまとめ

1体だけ選ぶなら?

坂本龍馬之像(長崎県長崎市伊良林 風頭公園)と桜と花見

【風頭公園の坂本龍馬之像】です。

彫刻家の山崎和國作。

「龍馬の銅像建つうで会(現長崎龍馬会)」の活動と、全国からの募金によって1989年に建立。

その造形は龍馬本人に酷似していると、高い評価を得ています。

長崎歴史文化博物館(長崎市立山)、坂本龍馬像 万寿山 聖福寺(長崎市玉園町)、大雄宝殿(本殿)、坂本龍馬像

若宮稲荷神社の坂本龍馬之像 風頭公園途中の坂本龍馬像のミニチュア

  1. 「長崎歴史文化博物館」(原型)
  2. 「聖福寺」(風頭公園のものとは無関係)
  3. 「若宮稲荷神社」(ミニチュア)
  4. 「龍馬通り」(ミニチュア)

以上の龍馬像は、風頭公園と同じ「山崎和國作の龍馬像」です。

風頭公園以外では?

サムライブルー龍馬像 (島原市・島原復興アリーナ)、坂本龍馬像

坂本龍馬ゆかりの広場(上五島町)、五島祈りの龍馬像、ワイル・ウエフ号の舵取り棒 丸山公園の坂本龍馬之像(長崎市)

  1. 「サムライブルー龍馬像」(島原市)

    サッカー日本代表のユニフォームを身にまとった高さ10m、重さ3.5トンの巨大な龍馬像。
  2. 「祈りの龍馬像」(上五島町)

    龍馬が購入したワイル・ウエフ号が遭難した地に建立された龍馬像。
  3. 「丸山公園の坂本龍馬之像」(長崎市)

    イカルス号英国水夫事件など、龍馬とゆかりの深い丸山に建立。

以上がオススメです。


以下、個別の龍馬像を解説します!


【1】「風頭公園」

坂本龍馬之像(長崎県長崎市伊良林 風頭公園)
坂本龍馬之像(長崎県長崎市伊良林 風頭公園) 坂本龍馬之像(長崎県長崎市伊良林 風頭公園)

風頭公園のシンボルである高さ約5メートルの「坂本龍馬之像」は、彫刻家の山崎和國氏作。

ブーツを履いた前足をグイッと踏だし、力強く腕ぐみした気宇壮大な龍馬。その眼光は、かつて活動の場とした長崎港を鋭く見すえています。

北辰一刀流目録の剣豪だった龍馬。腰に差した愛刀は「陸奥守吉行」でしょうか。

履物は当然ブーツです。

風頭公園の「坂本龍馬之像」坂本龍馬之像(長崎県長崎市伊良林 風頭公園)と桜と花見

「夜はライトアップ」され、「春には像の背景に桜が咲きます」。

「司馬遼太郎の文学碑」

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」文学碑(風頭公園)

龍馬像のある小広場には、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」の一文が刻まれた文学碑が建立。

文学碑には、


船が長崎の港内に入ったとき、竜馬は胸のおどるような思いをおさえかね、『長崎はわしの希望じゃ』と、陸奥陽之助にいった。『やがては日本回天の足場になる』ともいった。

司馬遼太郎「竜馬がゆく」より


と刻まれています。

住所長崎県長崎市伊良林3丁目6

[駐車場なし]

オススメ駐車場「小川ハタ店」

住所長崎県長崎市風頭町11

  1. 住所:長崎県長崎市風頭町11-2
  2. 料金:60分/200円(※周辺駐車場も同額)
  3. 営業時間:18:00まで。
  4. 駐車場横の民家の住人に車のキーを預けて、公園見学後に料金を支払うシステム。

です。


✔以下、風頭公園と同じ「山﨑和國作の龍馬像」を紹介します。

 • 「龍馬通り」

 • 「若宮稲荷神社」

は、風頭公園から徒歩圏内です。

【2】「龍馬通り」

風頭公園途中の坂本龍馬像のミニチュア
風頭公園・亀山社中祈念館(長崎)への行き方(龍馬通り) 風頭公園・亀山社中祈念館(長崎)の所々にある龍馬通りのレリーフ

禅林寺(長崎市寺町)から「風頭公園」まで続く龍馬通り。

急勾配な石段を登り切った先に、雄々しい「坂本龍馬胸像」が出迎えます。

住所長崎県長崎市伊良林2丁目6−8

[駐車場なし]

【3】「若宮稲荷神社」

若宮稲荷神社の坂本龍馬之像

若宮稲荷神社(長崎市伊良林)

宮稲荷神社の坂本龍馬之像 長崎県下では、最も龍馬本人に酷似する風頭公園の「坂本龍馬之像」

その原型が、若宮稲荷神社の拝殿傍に建立。

足元に視線を移すと、龍馬必須アイテム、ブーツが視界に入ります。

住所長崎県長崎市伊良林2丁目10-2

[駐車場なし]

土日祝日:「瓊浦学園 臨時駐車場に」

亀山社中記念館の臨時駐車場「瓊浦学園 瓊浦高等学校」

土日祝日限定で「亀山社中記念館の利用客用」として、瓊浦学園 瓊浦高等学校の駐車場が開放されます。

あくまで亀山社中利用客用ですが、「駐車場」⇒「亀山社中記念館」の途中に「若宮稲荷神社」が鎮座。

「亀山社中記念館」を訪れる途中に立ち寄り、短時間で参拝を済ますなら差支えないかと思います。

平日:「伊良林3丁目の時間駐車場」で

伊良林3丁目時間駐車場(風頭公園)

最寄りの時間貸し駐車場「伊良林3丁目のパーキング」。

✔営業時間17:00まで。

 長崎市伊良林3丁目8  

• 朝~17:00⇒  60分/200円 

• 17:00~朝 or 受付できなかった場合 ⇒ 駐車時間問わず1,000円

【4】「長崎歴史文化博物館」

長崎歴史文化博物館(長崎市立山)、坂本龍馬像
長崎歴史文化博物館(長崎市立山)

2010年に除幕された風頭公園 坂本龍馬之像の原型レプリカです。

1階エントランスに設置。

住所長崎県長崎市立山1丁目1番1号

[駐車場あり]150円/30分

館利用者(観覧、ショップ、レストラン利用):3時間まで110円/60分。

【5】「聖福寺」

万寿山 聖福寺(長崎市玉園町)、大雄宝殿(本殿)、坂本龍馬像

万寿山 聖福寺(長崎市玉園町)、大雄宝殿(本殿)万寿山 聖福寺(長崎市玉園町)、大雄宝殿(本殿)、坂本龍馬像

龍馬率いる海援隊と紀州藩との船が衝突した「いろは丸事件」。その談判の舞台となったのが「長崎の聖福寺」です。

2020年11月、そのゆかりの地に、故山﨑和國制作の坂本龍馬像を建立。

除幕式には、田上富久長崎市長他70名が出席し、新たな龍馬の聖地誕生を盛大に祝いました。

住所長崎県長崎市玉園町3-77

[駐車場あり]


✔以下、山崎和國作「以外」の龍馬像です。


【6】「丸山公園」

丸山公園の坂本龍馬之像(長崎市)
丸山公園の坂本龍馬之像(長崎市) 丸山公園の坂本龍馬之像(長崎市)

2009年に除幕された、小崎侃(こざきかん)作の坂本龍馬像。

江戸の吉原、京都の島原と並ぶ日本三大花街「丸山」は、イカルス号英国水夫事件が起こるなど、龍馬と縁が深い地。

三種の神器(懐中時計、ピストル、ブーツ)が揃った龍馬像は、凛とした表情がひと際印象的です。

丸山公園の坂本龍馬之像(長崎市)

夜のとばりが下りると、幻想的にライトアップされます。

住所長崎県長崎市丸山町1-34

[駐車場なし]周辺にコインパーキング多数。

【7】「上野彦馬生誕地記念碑」

上野彦馬生誕地記念碑(長崎市銀屋町)、坂本龍馬像上野彦馬生誕地記念碑(長崎市銀屋町)、坂本龍馬像上野彦馬生誕地記念碑(長崎市銀屋町)、坂本龍馬像

日本写真発展の基礎を築いた「上野彦馬」の生誕地に建立された、坂本龍馬ミニチュア像。

あまりにも有名な「ブーツを履いた龍馬の写真」は、上野彦馬によって撮影されたもの。

住所長崎市銀屋町3

[駐車場なし]周辺にコインパーキング多数。

【8】「サムライブルー龍馬像」

サムライブルー龍馬像 (島原市・島原復興アリーナ)、坂本龍馬像サムライブルー龍馬像 (島原市・島原復興アリーナ)、坂本龍馬像

高さ10m、重さ3.5トンと長崎県下では随一の巨像。

熊本から有明海を渡り、島原に上陸した坂本龍馬。

龍馬ゆかりの島原に、日本サッカー協会・アディダスジャパンから寄贈された「サムライブルー龍馬像」。

サッカー日本代表のユニフォームを羽織った龍馬。その背後には、島原半島のシンボル雲仙普賢岳がそびえます。

住所長崎県島原市平成町2−2 島原復興アリーナ

[駐車場あり]

【9】「祈りの龍馬像」

坂本龍馬ゆかりの広場(上五島町)、五島祈りの龍馬像、ワイル・ウエフ号の舵取り棒 坂本龍馬ゆかりの広場(上五島町)、五島祈りの龍馬像、ワイル・ウエフ号の舵取り棒
坂本龍馬ゆかりの広場(上五島町)、五島祈りの龍馬像、ワイル・ウエフ号の舵取り棒 坂本龍馬ゆかりの広場(上五島町)、五島祈りの龍馬像、ワイル・ウエフ号の舵取り棒

坂本龍馬ゆかりの広場(上五島町)、五島祈りの龍馬像、ワイル・ウエフ号の舵取り棒

坂本龍馬がグラバーから購入した木造小型帆船「ワイル・ウエフ号」。

1866年(慶応2年)、鹿児島に向かう途中、暴風雨に遭遇し、長崎県潮合崎沖で座礁・転覆。

亀山社中の池内蔵太など、龍馬の同士を弔うために建立された「五島祈りの龍馬像」。

合掌した龍馬からは、12名の同士への哀悼の念が悲しいほどに伝わります。

住所長崎県南松浦郡新上五島町江ノ浜郷

[駐車場あり]

【10】「有川港ターミナル」

有川港ターミナル(上五島町有川郷)、坂本龍馬像有川港ターミナル(上五島町有川郷)

有川港ターミナル内に立つ「祈りの龍馬像のレプリカ」です。

住所長崎県南松浦郡新上五島町有川郷

[駐車場あり]

【11】「ランタンフェスティバル」〈旧正月 期間限定〉

長崎ランタンフェスティバル(龍馬とお龍)

毎年、旧正月中に開催される「長崎ランタンフェスティバル」。

旧十八親和銀行 長崎営業部には、お龍と仲むつまじく並んだ龍馬オブジェが披露されます。

※銅像ではありませんが、生温かくスルーしてください。

住所長崎県長崎市賑町6-17

[駐車場なし]

本稿はこれにて終了です。


【長崎トレンド情報、速報中!】

( ゚∀゚)o彡フォローォ!


本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします。 (観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。

特にまとめ・キュレーションサイト、アフィリエイトブログによる画像の盗用については、断固とした対応をとります。

詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image