「古賀の藤棚」(長崎市中里町)【旅人を癒してきた長崎街道沿いの古木】

古賀の藤棚(長崎市中里町) 長崎街道が通る東長崎地区中里町に、「古賀人形」を制作する小川家宅があります。その家前には、棚の長さ15メートルのフジ棚がひと際目につきます。

元々当地は、長崎街道を通る諸大名や旅人が休憩するための茶屋で、フジと古賀人形が彼らの旅情を慰めてきました。つまりこのフジは、江戸時代からずっと街道沿いの歴史を眺めてきたわけです。

現在でも4月下旬~5月上旬にかけて、薄紫色の花房がカーテンのように垂れ下がり、道行く人々の注目を一身に浴びます。

歴史に根差したフジ棚

古賀の藤棚(長崎市中里町)古賀の藤棚(長崎市中里町)
古賀の藤棚(長崎市中里町)

古賀の藤棚(長崎市中里町)古賀の藤棚(長崎市中里町)

アスファルト舗装された道路に長崎街道時代の面影は残っていませんが、小川家を初めとする道路に面する民家の家々は、格式を感じる外観となっています。

古賀の藤棚(長崎市中里町)

日本三大土人形の一つ「古賀人形」は、小川家が文禄元(1592年)から制作している由緒深きもので、京都の伏見人形、宮城の堤人形と並び称されます。 なお、裏の工房で、人形制作の見学が可能。購入もできます。

バス停も、交差点も…

古賀の藤棚(長崎市中里町)古賀の藤棚(長崎市中里町)

最寄りのバス停、交差点に「藤棚」の名を冠しています。長崎街道の名残といえるでしょう。

まとめ~長崎市内のフジ鑑賞ならココで。

古賀の藤棚(長崎市中里町)

佐世保の藤山神社まではちょっと遠い」という長崎および諫早市民なら、フジ鑑賞は「古賀の藤棚」でしょう。

ただフジは、公園内ではなく、あくまで民家前にあるものです。そして、専用駐車場もありません。

節度をもって見学ください。

参考サイト:

古賀の藤棚 長崎市中里町 – みさき道人 ”長崎・佐賀・天草etc.風来紀行”

「ナガジン」

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用はできません。行えば損害賠償の対象となります)。特にまとめ・キュレーションサイト、アフィリエイトブログによる画像の盗用については、断固とした対応をとります。

詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

トップへもどる

Copyrighted Image