もりとう食堂(平戸市)でちゃんぽん~【マツコの番組で紹介】食レポ!

長崎ちゃんぽん放浪記:第24回

平戸のもりとう(森藤)食堂のちゃんぽん

「ちゃんぽん番長 vs ちゃんぽん組長」。血で血を洗うちゃんぽん戦争の幕があがる!

「マツコの知らない世界」で、ちゃんぽん番長こと林田真明さんから直々に紹介された「もりとう食堂」

番長をリスペクトしとるばってん、ワシとて「ちゃんぽん組長」と呼ばれた……ことは一度もないし、今考えたネーミングだけど、アレだ。本当にウマかどうは、この(自称)神舌で確認せにゃならんのぅ~。

長崎、小浜につづくちゃんぽん第3勢力「平戸」。その有名店「もりとう食堂」に、乗り込んでやったワ!

※末尾にメニュー一覧を掲載しています。

店へのガサ入れ

平戸の森藤食堂(もりとう食堂)

「達人Navi平戸」さんでは戦前創業、刊行年不詳の「年中おいしい平戸ごちそうガイド」では創業70年と記されておる。よく分からんが、とにかくえらい老舗だ

平戸ちゃんぽん発祥の店、「めしどころ一楽」が1929年創業だから、平戸ちゃんぽんの歴史の深さが分かろうというもの。

製麺所と兼業しており、平戸のちゃんぽん店のほとんどに森藤製のちゃんぽん麺を卸しています。

平戸のもりとう(森藤)食堂店内は、テーブルと座敷ミックスの「THE 大衆食堂」。

場所は平戸市街の一等地

平戸の寺院と教会の見える風景
平戸の寺院と教会の見える風景

店は、平戸市街の観光客専用「平戸港交流広場駐車場(2時間無料)」のすぐそばにあります。ココから平戸観光の定番「松浦史料博物館」、「平戸オランダ商館」、「寺院と教会の見える風景」を徒歩で巡れます。

つまり「もりとう食堂」でちゃんぽんに舌鼓を打ち、その足で平戸観光にしゃれ込むことができる訳。

「もりとう食堂」の要注意点としては、営業は17:00までということ。夜は営業していません!

オーライ店のことは分かった。肝心のちゃんぽんはドーヨ?

平戸のもりとう(森藤)食堂のちゃんぽん

「平戸ちゃんぽん 700円」をオーダー。「マツコの知らない世界」では「あごちゃんぽん」が紹介されていたけど、「おとっつあん、それは言わない約束でしょ」な感じのツッコミなしで。

「一楽のあごちゃんぽん」で良かったらコチラをどうぞ。あと番組の影響で誤解した人も多いようだけど、「平戸ちゃんぽん」=「あごちゃんぽん」ではナッシー。平戸ちゃんぽんの亜種ぐらいはいえるけど、基本別もんですってば。

自家製ちゃんぽん麺

平戸のもりとう(森藤)食堂のちゃんぽん

麺のタイプは、「太麺でもちもち。そしてやや硬めん」。

自家製のちゃんぽん麺は唐灰汁入りで、独特の風味が味覚をジュンワリ刺激します。

スープ

平戸のもりとう(森藤)食堂のちゃんぽん

スープは、「鶏ガラ100%/さらりコクウマ系」シルクのようなまろやかで、白コショウとベストマッチ。

あと、ピリッと舌に残る刺激があるんだけど何だろ。ニンニクかな?他の人も感じたようで、ネット上では、バター説や醤油説など入り乱れておじゃる。謎が謎を呼ぶ展開!解決するのはアナタです!!(男らしくキッパリと丸投げ)

具材はどーなの?

平戸のもりとう(森藤)食堂のちゃんぽん

大衆食堂と自称するだけあって、こんもりに盛られた具材の山がうれしPOINT。具材の種類は、「小エビ」、「練り物」、「キクラゲ」。お肉が「豚肉」

お野菜が、「キャベツ」、「もやし」、「タマネギ」、「ニンジン」、そして「刻みネギ」。ちゃんぽんに刻みネギは珍しい。あとはベーシックです。

完結編(まとめ)

平戸のもりとう(森藤)食堂

平戸人と観光客に愛されて70余年

「めしどころ一楽」とともに平戸ちゃんぽんを長年支えてきた「もりとう食堂」。

全国区になった「小浜ちゃんぽん」と比べ、「平戸ちゃんぽん」の知名度はまだまだといったところ。その意味で番長さんが人気番組で紹介してくれたのは、良かキッカケになったと思います。

筆者もまだまだ平戸チャンポン店を巡ってイきます!!微力(ガチ微力)だけど、魅力的な店を紹介していくっス。

ということで、〆の感想にイこーか!
「森藤食堂さん!!ごちそうさんした」。

 もりとう食堂の営業時間

8:00~17:00

※クローズ(準備中)タイムなし

店舗情報

店名森藤食堂
住所長崎県平戸市崎方町824
ジャンルちゃんぽん、うどん、定食、丼物
定休日不明
駐車場目の前に観光客用駐車場有(2時間無料)。場所はココ
問い合わせ0950-22-2343

「長崎ちゃんぽん放浪記」【目指せ100杯!】

長崎ちゃんぽん放浪記 ちゃんぽんを、アッチコッチで食べ歩いてます。名店から仰天ビックリなものまであるYO
【画像をクリック!】

メニュー一覧

 
ちゃんぽん・皿うどん・ラーメン
平戸チャンポン    700円(大900円)
あごちゃんぽん    850円
おらんだチャンポン 1,000円
皿うどん(揚げ・焼き)    780円
らーめん    550円
うどん
平戸牛うどん    600円
親子うどん    500円
玉子うどん    450円
きつねうどん    400円
素うどん    350円
肉うどんスペシャル 1,000円
どんぶり物
かつ丼   700円
親子丼   600円
平戸牛玉丼   700円
玉子丼   500円
ライス類
カツカレー    750円
カレーライス    600円
オムライス    750円
ヤキメシ    600円
チキンライス    500円
いなり寿司(一皿)    300円
定食
平戸牛焼肉定食 1,000円
トンカツ定食 1,000円
えびフライ定食 1,000円
野菜炒め定食    750円
アルコール類
ビール(中)    500円
他、発泡酒、焼酎、日本酒
  1. 2018年6月時点のメニュー・値段です。

  1. 味や店への評価は、あくまで個人的見解です。
  2. 当サイトでの掲載情報の内容は、時間の経過とともに変化する場合があります。
  3. 本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

    画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば著作権侵害で処罰されます)。詳しくは「転載、引用について」をお読みください。


トップへもどる

Copyrighted Image