めしどころ一楽(平戸市)~【元祖平戸ちゃんぽん】創業89年の味は?食べてみた

長崎ちゃんぽん放浪記:第22回

めしどころ一楽(平戸市)の平戸ちゃんぽん

チャンポン三国志。長崎 vs 小浜 vs 「平戸」!

「平戸ちゃんぽん」があまりに疎かにされていないか!Hey, you!

長崎県下のちゃんぽん有名どころといえば、本場長崎に、近年脚光の小浜。ここまでは良い。しかーし、平戸はどーしたの?知名度とウマさが反比例しすぎでしょ。

長崎県のちゃんぽん3強といえば、「長崎」、「小浜」、そして「平戸」。ちゃんぽん界においては、今やこれは一般常識!!

その平戸ちゃんぽんの筆頭。1929年創業の「めしどころ一楽」

めしどころ一楽

「めしどころ一楽」を例えると、「呂布の武力」&「孔明の知力」を足したような存在。つまり平戸ちゃんぽん界の国士無双。

何が半端ないかって、まず、昭和4年(1929年)創業の老舗であること。「平戸ちゃんぽん」は、その一楽で産声をあげて89年の歴史を刻んでいるのだ。

店の場所は、平戸市役所から幸橋を渡って、横断歩道を挟んだすぐそば。店内は、一階はテーブル席、二階が大広間(40人収容可)となっており、一人客から団体客まで対応可能。

これが元祖「平戸ちゃんぽん」!【エントリー1】

めしどころ一楽の平戸ちゃんぽん

7品もの多彩なちゃんぽんを揃える一楽。とはいえ、まずはベーシックな元祖「平戸ちゃんぽん 710円」しょ。さっそくオーダーしました。

スープ&麺は?

めしどころ一楽の平戸ちゃんぽんのスープ めしどころ一楽の平戸ちゃんぽんの麺

スープ:1964年からから、足かけ半世紀以上にもわたって付け足した秘伝のもの。パンチの効いたコクうまスープは、鶏ガラ&トンコツとのハイブリッドタイプ。

:「平戸ちゃんぽんに共通する特徴」は、森藤製麺所のちゃんぽん麺を用いること。唐灰汁を練り込んでいるので、独特のもちもち感&風味が味覚をグイグイ刺激します。

ボリューム満点丸

めしどころ一楽の平戸ちゃんぽん

怒涛のごとく盛られた「ちゃんぽんマウンテン」!これよ、これ。大衆メシのちゃんぽんは、こうでなくちゃ。具材は「豚肉」、「練物」、「キクラゲ」。

お野菜が、「きゃべつ」、「もやし」、「にんじん」。エビやアサリは入っていないけど、野菜の量&値段からすれば全然おk

元祖平戸ちゃんぽんを賞味して【総括】

味的には、本場長崎ちゃんぽん寄りの王道タイプ。山口・萩のはた満のような個性炸裂やんちゃboyではありません。

どのような経緯で平戸ちゃんぽんが誕生したかは不明。ただ年代の古さからいっても、長崎から伝わったか、参考にしたと考えるのが穏当。

一楽で呱々の声をあげた「平戸ちゃんぽん」。その味がどこか長崎ちゃんぽんを感じとれることが、元祖たる所以でしょう。

では次なる「あごちゃんぽん 880円」へGO!

【エントリー2】「あごちゃんぽん」

めしどころ一楽のあごちゃんぽん

一楽で平戸ちゃんぽんと並ぶ売れっ子「あごちゃんぽん 880円」

ここ数年大ブームな飛び魚=あごダシベースのスープと、すり身がonされたちゃんぽん。あごだしラーメンはメジャーになったけど、ちゃんぽんは珍しE。

あご出汁スープ&熱々すり身

めしどころ一楽のあごちゃんぽんのスープ めしどころ一楽のあごちゃんぽんのあごのすり身

スープ:この透明感溢れるのが、あごダシスープです。最初の鶏ガラ&とんこつスープとは、色だけ違いがでテキメンに分かります。

口に含んで感じるのは、まず魚臭さが皆無。野良猫も寄ってこないほど臭みが霧散しとる。そして、この上ない上品な風味が、味覚をやさしく刺激します。

あごのすり身:オーダーが入ってからジュっーと揚げので、熱々すり身をハウハウしながら口にできるのだ。味は、同じ青魚のイワシと比べるとやっぱり気品があるお味。

【エントリー3】「オランダちゃんぽん」

めしどころ一楽(平戸市)のオランダちゃんぽん

トマトソース、ミルク、チーズ、ポテト、アスパラ入りの洋風タイプ。奇抜な感じですが、違和感どこいったぐらいふつーにウマし。記事はコチラです。

めしどころ一楽でオランダちゃんぽん【トマトソース??あ、合うネ!】
長崎ちゃんぽん放浪記:第34回 ちゃんぽんは洋風でもイケる!【変幻自在】 「オランダちゃん...

常軌を逸した100円小鉢【正気か?】

めしどころ一楽の小鉢

玄関横の冷蔵庫には、100円の小鉢が無造作に入っとります。でもって、この刺身の量で100円。超コスパ過ぎんだろ!

ほかに、「キビナゴの南蛮漬け」や「納豆」、「冷やっこ」も置かれていました。小鉢は、自己申告のセルフサービスとなっています。

めしどころ一楽(イチラク) まとめ

平戸人に、溺愛されて約100年

いつも地元客&観光客の笑顔で溢れる一楽。人気の訳は、うんまーい元祖平戸ちゃんぽんや、平戸の地産地消にこだわったボリューム抜群のメニューにアリ。

元祖平戸ちゃんぽんを始め、工夫を凝らした個性派ちゃんぽんの数々は、多い日で200食以上注文されます。ただそれだけじゃなく、旬の素材を用いた定食、一品料理なども豊富にラインナップ。

だから、平戸を訪れた観光客の方にも自信をもって、ゴリ押しできる!

ということで、〆の感想にイこーか!
「めしどころ一楽さん、バリッ旨か!!ごちそうさんした」。

めしどころ一楽 メニュー構成

【ちゃんぽん】
平戸ちゃんぽん                   710円
                       (大盛 910円)

あごちゃんぽん                   880円

• もつちゃんぽん(牛丸腸入りのピリ辛)                        820円
• ヘルシーちゃんぽん(ノンラードで約280kcal)             770円
オランダちゃんぽん(チーズ・アスパラ・ジャガイモ等欧風仕立)         930円
• 大漁ちゃんぽん(鯨・巨大海老・他シーフード入り)     1,150円
• 鯨ちゃんぽん                                                    1,140円

• 日替わり定食                                                   700円
• 海老フライ定食                                             1,420円

他各種定食、丼もの、一品料理など

一楽|最寄り or 無料駐車場の場所

一楽に専用駐車場はありません。最寄り or 無料駐車場の場所は以下に記載しています。

  1. 徒歩0分の有料駐車場はココ
  2. 2時間無料の駐車場はココ(距離500メートル)

店舗情報

店名めしどころ 一楽
公式サイトめしどころ 一楽
住所長崎県平戸市木引田町477 地図上の位置
営業時間【昼】11:00〜15:00
【夜】18:00〜20:00
ジャンル長崎ちゃんぽん、定食、丼もの、一品料理
定休日月曜日
駐車場なし
問い合わせ0950-22-2269

「長崎ちゃんぽん放浪記」【目指せ100杯!】

長崎ちゃんぽん放浪記 ちゃんぽんを、アッチコッチで食べ歩いてます。名店から仰天ビックリなものまであるYO
【画像をクリック!】

  1. 味や店への評価は、あくまで個人的見解です。
  2. 当サイトでの掲載情報の内容は、時間の経過とともに変化する場合があります。
  3. 本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

    画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。詳しくは「転載、引用について」をお読みください。


トップへもどる

Copyrighted Image