「大中尾棚田の彼岸花」(長崎市神浦)【日本の棚田百選で乱れ咲き!】

長崎ヒガンバナ便り:第3回

大中尾棚田とヒガンバナ(彼岸花)、外海地区

日本人の琴線に触れる秋の情景

「水田一面を埋め尽くす黄金色の稲穂」と「あぜ道に群生するヒガンバナ」とが織りなす日本の原風景は、万葉集が編纂された頃より秋の訪れを告げる風物詩でした。

※柿本人麻呂が『路の辺の壱師いちしの花のいちしろく 人皆知りぬわが恋妻こいづまは』と詠んでいます[1]壱師の花を指す花は、ヒガンバナ以外にも所説あり

この秋を彩る風景は、外海地区神浦下の「大中尾棚田」が長崎市では見応え№1です。

日本の棚田百選の一つ「大中尾棚田」。その「大中尾棚田」が最も映えるヒガンバナが咲く頃の

   • 「見頃」

   • 「駐車場」

   • 「見どころ」

をバッチリ解説します。

スポンサーリンク

例年の見頃は?

9月中旬~下旬、特に後者。筆者は20~25日前後を目安にしています。

※気候、気温条件などにより、見頃が大幅にずれる場合があります。

駐車場は?

見学者用の駐車場あり、10台程が停められます(無料)。場所は地図で確認ください。

では、大中尾棚田を彩るヒガンバナ詣でへ参りましょう

大中尾棚田の彼岸花(長崎市神浦)大中尾棚田の彼岸花(長崎市神浦)

定番構図、案山子とヒガンバナ。大中尾棚田では、同時期に案山子コンテストが開催されるそうな。

大中尾棚田の彼岸花(長崎市神浦)

棚田の下部では、白のヒガンバナも花開きます。

大中尾棚田の彼岸花(長崎市神浦)
大中尾棚田の彼岸花(長崎市神浦) 大中尾棚田の彼岸花(長崎市神浦)

通年、稲刈りが9月下旬から行われるので、ヒガンバナの見頃との兼ね合いを計りながら、ベストの時期で訪れたいところ。

大中尾棚田のある外海地区は夕日の名所です。

夕日鑑賞がてらに、大中尾棚田へ一度下見に訪れれば、稲刈りが始める前でのベストタイミングでヒガンバナを拝むことができます。

大中尾棚田の彼岸花(長崎市神浦)大中尾棚田の彼岸花(長崎市神浦)大中尾棚田の彼岸花(長崎市神浦)

東京ドームを凌駕する6.5haの面積を埋め尽くすたわわに実った黄金の稲穂。

ヒガンバナが稲穂を守護する城壁のように屹立しています。

大中尾棚田(外海地区)

駐車場から急坂をのぼった最上部が大中尾棚田撮影のベスポジです。

「大中尾棚田の彼岸花」まとめ

「大中尾棚田」へは、長崎市民でも未訪の方が割とおられるのでは?

車だったらドライブがてらに程度な距離ですし、夕陽はキレイ、三重地区にはグルメSPOTも豊富と好条件が揃っています。

日本の棚田百選「大中尾棚田」。「秋風に波打つ黄金色の稲穂」と「深紅に染まったヒガンバナ」とが、何物にも代えがたいコントラストが描く最高の時期に訪れてみませんか?

「長崎県の彼岸花」【6大名所をズバッとまとめ!】

長崎県の彼岸花

長崎県の彼岸花SPOTを網羅!。すべて実地調査のガチまとめです。

画像をクリック】

「長崎県の彼岸花」【6大名所&見頃をズバッとまとめ!】~穴場もモリモリ紹介!
【妖美な美しさに心震える】「長崎県の6大ヒガンバナSPOT!」      をドオォォォ...

基本情報

住所長崎市神浦上大中尾町 
料金無料 
夜間ライトアップなし 
イベント案山子コンテストなど。

10月下旬~11月上旬には「大中尾棚田火祭り」開催

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人(※画像・文章の無断転載を固くお断りします。転載については必ずこちらをお読み下さい。

脚注・出典   [ + ]

1. 壱師の花を指す花は、ヒガンバナ以外にも所説あり
スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image