メニュー表付【1/17オープン】「龍勝楼」~美味しい?食レポ!

龍勝楼(長崎中華街、長崎新地中華街)
龍勝楼(長崎中華街、長崎新地中華街) 龍勝楼(長崎中華街、長崎新地中華街)、鮭のレタスチャーハン(炒飯)

ジャンル

《中華料理》長崎新地中華街


中華街にニューWAVE【キタコレ!】

千歳町の激熱中華「上海台所SAKABA」。その系列店が、長崎中華街に怒涛の上陸。

同地で2019年10月以来となるNEW中華料理店。

オープン日に光速潜入し、

 ちゃんぽん、皿うどん、

 炒飯、エビマヨ、小籠包

を完食レポ!

〈メニュー表〉を掲載

電話番号 準備中


【営業時間】

11:00~14:30(L.O.)

17:00~20:30

【定休日】 不定休

新型コロナ等の影響で、営業時間・定休日が異なる場合があります。

スポンサーリンク

場所は?

龍勝楼(長崎中華街、長崎新地中華街)

「西湖」さん隣。

住所長崎市新地町9-9

[駐車場なし]

龍勝楼周辺の「最安」駐車場は?

内観チェック

龍勝楼(長崎中華街、長崎新地中華街)
龍勝楼(長崎中華街、長崎新地中華街) 龍勝楼(長崎中華街、長崎新地中華街)

1F:円形テーブル 9卓

中華情緒に富んだインテリアに、アットホームな雰囲気。

2F:宴会場

メニュー表

龍勝楼(長崎中華街、長崎新地中華街)

定番中華がレギュラー入り。

「おすすめメニュー」 まとめ!

✔厨房は、有名店やホテル出身の一流シェフ揃い。

(オーナーさん談)

【1】「小籠包」3コ450円

龍勝楼(長崎中華街、長崎新地中華街)、小籠包

充実した点心から「小籠包」キメ☆

パクッと頬張ればスープが、

ブッシュュューーーっ!!!!

初回からうまうま猛チャージやん。

【2】「龍勝ちゃんぽん」1,000円

龍勝楼(長崎中華街、長崎新地中華街)、ちゃんぽん
龍勝楼(長崎中華街、長崎新地中華街)、ちゃんぽん 龍勝楼(長崎中華街、長崎新地中華街)、ちゃんぽん

長崎中華街で食い逃し厳禁の「ちゃんぽん」。

野菜エベレスト盛りに、イカ、豚肉、ウマ味抽出担当のアサリ入りで、期待値がハイパーインフレ。

龍勝楼(長崎中華街、長崎新地中華街)、ちゃんぽん 龍勝楼(長崎中華街、長崎新地中華街)、ちゃんぽん

あっさり目なのに豊かで複雑な「鶏ガラ」に、味の密度が詰んでいる「海鮮エキス」が絶妙にシンクロしたスープ。

その絶品スープに、ちゃんぽん麵が絡んで

うぅんんまーーーっ!(涙目)

【3】「龍勝皿うどん」1,000円

龍勝楼(長崎中華街、長崎新地中華街)、皿うどん

コクが増強され、後味まで強い皿うどん。

とろとろ極細麺が餡と絡んで、多幸感が湯水のごとく噴出。

【4】「エビのマヨネーズ和え」1,600円

龍勝楼(長崎中華街、長崎新地中華街)、エビマヨ(エビのマヨネーズ和え)

ブリッブリッッのエビに、爽やかな酸味と甘味が融合したマヨソース。

皿うどん麺のパリパリ感が、口当たりを好アシスト。

【5】「鮭のレタスチャーハン」900円

龍勝楼(長崎中華街、長崎新地中華街)、鮭のレタスチャーハン(炒飯)

筆者推しメシ!

パラパラ飯に、キレキレ油、絶妙の塩加減。

レタスのシャキ感に、閃光のような鮭の爆発力と芳香。いんやーっ、引くほど完璧やわ。

以上になります。

一流シェフが鍋を振るう中華料理に、アットホームな雰囲気。

長崎中華で赤丸チェック!

1. 味や店への評価は、個人的見解です。

2. 当記事における掲載情報は、時間の経過とともに変化する場合があります。

事前に店舗か公式サイトでご確認ください。

写真と文章は、【出典を明記】していただければ、【引用として転載自由】です。

ただし、

 出典なしの無断転載

 SNS、YouTubeへの転載

 画像の直リンクリンクにrel=”nofollow”を記載

 商用ポスターの無断使用

(商用でなければ、相談に応じさせていただきます。)

以上は固くお断ります

悪質な無断転載については、断固とした法的措置をとらさせていただきます

(掲載している写真は全て筆者撮影です。特に表記がない限り、写真などの著作権は筆者に帰属します。)

この記事を書いた人

長崎ブログーッ!

 

長崎県の観光・お出かけ・グルメ情報を発信する個人ブロガー【月間30万PV達成】。モットーは「行く・撮る・食べる」。

〈主な経歴〉

■Yahoo! JAPANクリエイターズ トレンド/カルチャー部門 長崎市ライター【コンテンツ一覧】(1記事最高PV13,041 / 平均PV4,443[2022年12月5日現在])

■長崎ケーブルメディア「なんでんカフェ」で、長崎ランタンフェスティバルの達人として出演(2020年2月3日放送)。

■「ながさきプレス」2022年12月号のインフルエンサー特集で紹介される。

■各種公的機関などに画像を提供。

( ゚∀゚)o彡フォローォ!

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image