稲佐山の夜景【一番キレイ&混雑回避の鉄壁時間】で満足度MAX!

稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」からの新世界三大夜景認定、長崎の夜景

稲佐山を満喫!そのためにはノープランはNG

新世界三大夜景に認定された「長崎の夜景」。その代名詞は、何といっても

「稲佐山展望台からの夜景」

その最高峰の美しさは、地球人類を魅了してやみません。しかーし、夜の展望台は大観衆でギュウギュウ状態。そんな所にノホホーンと来れば、地獄の待ち時間&何も見れない悪夢へ一直線。

その最悪の事態を回避し、満足度200%へアップする3大ポイント

それを稲佐山に通い詰めた筆者が、ぜーんぶ公開します。

【結論】夕刻到着ならすべて解決!【ポイント①】

まずはコチラをどうぞ【衝撃】

稲佐山山頂展望台(ゴールデンウィーク)の大混雑
稲佐山展望台での芋洗い状態

oh my God!土曜日、GW、連休には、展望台は大混雑の嵐となります。

それだけじゃナイ

稲佐山山頂駐車場(満車) 長崎ロープウェイの大行列
満車状態の山頂駐車場 ロープウェイ駅前の大行列

殺到する大観衆に比べ、主要交通ラインである「山頂駐車場」と「長崎ロープウェイ」は、完全にキャパ不足。

くわえて展望台最寄りの「山頂駐車場」は、土曜・連休中の夜間での一般車両の利用不可。

「夕刻到着」で万事丸く収まる【一挙両得】

稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」からの長崎の夕景

何を隠そう稲佐山展望台は夕景もビューティフォーーなんです!

そして、稲佐山での交通混雑が始めるのは日没前から。そのため夕刻到着なら、

  1. 交通混雑を華麗にスルー。
  2. 夕景 ⇒ ブルーモーメントの夜景と、稲佐山の「一番キレイな光景」を堪能できる。
と一石二鳥になります!

稲佐山の最高に美しい時間帯【心震える】

稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」からの長崎の夕景 稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」からの長崎の夕景 稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」からの新世界三大夜景認定、長崎の夜景

夕景を堪能した後は、そのまま日没直後の「夜景が一番見頃なブルーモーメント」を満喫しましょう!

この時間帯が心底オススメです。

なお、夕陽が拝めない天候でも、

  • 展望台2Fの「ひかりのレストラン」でお茶する。

   • ハートストーン探し

   • 望遠鏡で世界遺産群をガン見する(軍艦島が拝めます)!

と退屈知らずに夜まで過ごせます。

よし!夕刻に到着しようという方は、コチラで日没時間をチェック

稲佐山へのアクセス。要チェックPOINT

稲佐山の各アクセス手段について、

  1. サクっと概略を知りたい方:本記事をそのままお読みください。
  2. 「安く & 速く」済むテクニックを、詳しーく知りたい方:以下の専門記事をお読みください。

    (※その場合、本記事では、「夜景観賞のマル秘テクニック【ポイント②】」の項までスクロール願います。)


各交通手段の到着時刻は、夕刻をゴリ押ししますッ。

※夜の便のみの「長崎夜景バスツアー」は除外

【1】「車」~駐車場に注意

稲佐山山頂駐車場(満車)
「山頂駐車場」

車でなら、山頂駐車場の規制が始める前=夕刻までに停めましょう

山頂駐車場の土曜日、GW、連休での規制時間:

  1. 10-3月| 17:30~22:30
  2. 4月-9月|18:30~22:30

※駐車場の収容台数は、わずか40台分。そのため規制前から時間的余裕をもって停めてください。|[料金]最初の20分無料/以降30分100円 

帰路では「稲佐山温泉」、「江山楼浦上店(無料駐車場付き)」「車中から夜景が見えるSPOT」へ行けます。


【車以外のアクセス方法】

交通混雑での待ち時間が短い順

   • 「夜景見学バスツアー」(渋滞皆無)⇓

   • 「タクシー」⇓

   • 「ロープウェイ」

になります。初の稲佐山GOなら上位2つの交通手段が無難です。

【2】「夜景見学バスツアー」~超オススメ

稲佐山行き夜景見学ツアー(長崎遊覧バス ) 稲佐山行き夜景見学ツアー(長崎遊覧バス )
夜景見学ツアーの遊覧バス ※夜景見学ツアーの標識(「集合場所」に必ず立っています)

長崎遊覧バスによる、「各ホテル前」⇒「稲佐山展望台」まで循環する「稲佐山展望台 夜景見学ツアー」。特別ルートを通過するため、交通混雑に関係なく時間通りに展望台に着きます。

ただし、10か所のホテルを回るため、移動を含めた総所要時間は、1時間半から2時間。そして1,500円と有料。予約制ですが、空席があれば当日連絡でもOK。(※詳細は公式サイトにて)。

「夜景見学ツアー」の集合場所

(「精密な集合位置」と「現地写真付き」です。集合場所に到着後、ご確認ください。


 想像以上にメリット満載でした。


【3】 「タクシー」 【オススメ】

稲佐山駐車場でのタクシーの渋滞 複数人だと「タクシー」利用は、かなーりオススメ。頭数が増えるほど一人当たりが低料金となり、「ロープウェイ」&「夜景見学バスツアー」よりお得に。

ただし、GWなどの夜間ピーク時では、写真のように山頂駐車場ゲート前で30分かそれ以上立往生となり、その分料金が加算されます。そのため、夕刻での展望台到着がやっぱりオススメ。

予想運賃・長崎中華街から:         2,410円 ( 約20分 )

・グラバー園入口から: 2,860円 ( 約20分 )

・JR長崎駅から:    2.010円 ( 約10分 )[1]「タクシー料金検索 – JapanTaxi」 で調査

長崎の各名所を出発点として、タクシーだと何人乗車すれば、他の交通手段よりお得になるか?実際に計算しました。

【4】「長崎ロープウェイ」~要注意

長崎ロープウェイのゴンドラ

夕刻搭乗がベスト。ロープウェイは、時間を誤ると数時間の待ち地獄へ一直線。

そして、人出によっては展望台での長居は無用。帰路での長蛇の列に巻き込まれる前に撤収しましょう。

営業時間:9:00~22:00(通年)

長崎ロープウェイの運賃
  大人 往復  1,230円 片道720円
  中学生   〃     920円  〃     510円    
  小学生・幼児   〃     610円  〃     410円    

【無料送迎バス】について

「市内各ホテル前」 ⇒ 「ロープウェイ登り口駅」まで、無料送迎バスが毎日運行されています。当日のみの完全予約制など制約が多いですが、「登り口駅まで運賃無料」なのは魅力。

無料送迎バスの「精密な集合位置」と「現地写真付き」です。集合場所に到着後、ご確認ください。

特に、
  1. ②「ホテルモントレ長崎」
  2. ⑤「長崎駅」
  3. ⑥「ザ・ホテル長崎BWプレミアコレクション」
【集合場所は必見】です。


なお、「路線バス」は、稲佐山展望台から1キロ手前の「稲佐山バス停」までしか運行しません。ただし料金は、長崎駅からだと往復360円とバカ安(※冬季は運行休止)。

挑戦する勇者さま:コチラの記事を読めば「必ず稲佐山展望台まで辿りつけます」。

夜景観賞のマル秘テクニック【ポイント②】

稲佐山からの夜景。その特徴

稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」からの長崎の夜景
稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」からの長崎の夜景 稲佐山展望台からの花火

メインとなる「長崎市中心街」。展望台の正面に位置します。

稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」からの新世界三大夜景認定、長崎の夜景、浦上方面

展望台から北側の「浦上方面」。平和公園のあるエリアで、天の川に例えられます。

稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」からの長崎の夜景

そして南側の「女神大橋方面」

この3エリアが稲佐山から一望できる全景です。

【鑑賞ベストスペース】は、望遠鏡の位置で判別できる

稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」のベストスペース

夜景を綺麗に見るならどこ?答えは簡単。

展望台屋上には、望遠鏡が5本立っています。そのうちの内側の3本の間。そのスペースがGood!長崎市中心街の夜景を、真正面で鑑賞できます。

さらーに、一番のベストポジションは、左右の端から3本目(中心)の望遠鏡、その両隣り。ココが夜景の3エリアをパノラマ状に一望できる唯一のポイント。

ココから首をゆっ~~くりと180度回してください。マジでヤバァーーーーイ夜景を一望できますからッ!

前が詰まって夜景が見れない!そんな時は地下にGO【スーパー穴場】

稲佐山展望台のエレベーター 稲佐山展望台のエレベーターボタン
稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」

稲佐山あるある:展望台最前列の確保に失敗!せっかく来たのに、見えるのは人の後頭部だけ、マジィか~~~。

でも大丈夫。地下へ行けばイイじゃなーい。エレベータに乗りB1のボタンをポチッとな。そして降りたら、地下の外廊下へ向かいます。

ココは穴場of穴場でほとんど知られていません。

稲佐山展望台、地下一階の外廊下からの夜景

それでいて、夜景の美しさは、屋上とほとんど遜色ありません。

ほぼ無人くん状態なので、告白スポットにもいいんじゃなーい。

稲佐山での夜景観光。失敗知らずのまとめ【平日含む】

  1. 夕刻到着エリアで、「交通混雑を回避」し、「一番美しいロケーション」を拝めます。
  2. 夕刻到着が無理なら、人出のピークとなる

    1. 日没~没後30分間
    2. 夜7:00~7:30の間
    を避ける。
  3. 夜景観賞ゾーン:5本の望遠鏡のうち、内側の3本のスペースがGood。
  4. サイコウーーーッな夜景を独占:左右の端から3本目(中心)の望遠鏡、その両隣りを確保すべし。
  5. 展望台最前列列の確保に失敗。なーんも見えん。そんな時は、地下の外廊下GO。

稲佐山展望塔「ビュータワー」を余すところなく満喫しよう【ポイント③】

稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」

「稲佐山展望台」は、長崎の夜景スポットの中でも、施設の充実度がとびきり№1。

夜景を眺望できるレストランに始まり、ロマンチックな光の演出、バリアフリー化etc。ココは展望台の枠を超えたアミューズメント施設。 ※入場無料

2Fには夜景を一望できる「ひかりのレストラン」があります

ひかりのレストラン(稲佐山山頂展望台)・長崎和牛ビーフストロガノフトルコライス

「ひかりのレストラン」は、夜景を眺めながら、長崎グルメを堪能できるプレミアムな空間。

そのフードメニューは、

  • トルコライス3品(メイン)

  • ちゃんぽん&皿うどん

  • 定食類

  • おつまみメニュー
となっています。味は、シェフが調理した本格派のクオリティ。アルコール類が充実しているのも特徴。

我が家のように食事を重ねた筆者が、店の「おすすめメニュー」や「雰囲気」、「予約について」を自信100万点でレポートしますッ!

稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」のイルミネーション 稲佐山電波塔のライトアップ
展望台の床 電波塔のライトアップ

屋上では、「LED照明が埋め込まれた床」や「電波塔」による、魅惑的な光のショーが楽します。

稲佐山展望台のハートのモニュメントハートのモニュメント

屋上展望所のハートライトを始め、アッチコッチにハートが隠れてます。探し当てて、LOVE運ゲット!

稲佐山展望台の「ハートストーンの位置」と「光のレストラン」などが丸分かり

稲佐山展望台の営業時間

8:00~22:00

(「屋上展望所」と「山頂駐車場」は、24時間利用可)

「稲佐山展望台からの夜景」まとめ

稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」からの長崎の夜景

「夜の稲佐山展望台」は、長崎観光のウルトラ定番スポット。それだけに大観衆が怒涛のごとく訪れる、要注意満載な名所です。

しかしその対策をしっかり立てておけば、1,000万ドルのキラめく夜景を思う存分堪能できます。ぜひ一生記憶に残る稲佐山観光をお楽しみください。

それでは、素敵な夜景観賞となれば幸いです

夜景SPOTとしての通信簿

所在地長崎県長崎市稲佐町364
夜景の美しさ  
夕景の 〃  
展望台について

週末の込み具合   

平日夜でもかなりの観衆が訪れる。特に土曜日、GW、連休は激込。
問合せ095-822-8888 (長崎市コールセンター「あじさいコール」)
公式サイト長崎市 稲佐山公園

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。

詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

脚注・出典   [ + ]


トップへもどる

Copyrighted Image