てっぺい【おすすめメニューBEST10】食レポ!

そうめん流し食べ歩記:第1回 📯

滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)のてっぺい定食
滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)の特上親子丼 滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)のそうめん流し「観音めん」

滝の観音のそばにある【地鶏料理の名店】

「地鶏ステーキ」「唐揚げ」「親子丼」。いずれも地鶏のポテンシャルを最大限に発揮。

んが、しかしっ、それだけじゃーナイ!

夏は「そうめん流し」冬は「牡蠣」。一年中口にできるてっぺい名物「鉄板餃子」「ピリ辛にゅうめん」。どれもこれも大変美味しくて、ほっぺたが完膚なきまでにだだ落ち状態。

以下、おすすめグルメ品をご紹ー介。

備考:カード不可

【営業時間】

11:00~21:00 (L.O. 20:30)

【定休日】 7・8月は無休

新型コロナ等の影響で営業時間・定休日が異なる場合があります。

公式サイト

電話番号 095-839-0720

スポンサーリンク

 場所は?

滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)

東長崎地区平間町、東長崎長与線沿い、「滝の観音」そばにあります。

住所長崎市平間町1500‐1

駐車場店舗前に25台分

内観チェック

滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)
「店内」

 
滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)のそうめん流し「観音めん」
「そうめん流し席」

 

 • テーブル席

 • 小上がり席

計8卓

店舗に隣接する「そうめん流し席」も8席。カウンターはなし。

メニュー構成

地鶏メニューがメインで、すべて外れナシ!(地鶏ランチメニューもあり)

その他、バーベキューメニュー、夏季限定のそうめん流しも要チェックでっす。

【推し飯!】

滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)のてっぺい定食
「てっぺい定食 1,000円」

 
滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)の特上親子丼
「特上親子丼 780円」

 
滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)の鉄板餃子
「鉄板餃子 2人前800円」

  

 • 「てっぺい定食 1,000円」(ランチメニュー)

 • 「特上親子丼 780円」

 • 「鉄板餃子 2人前800円」

が推し飯!


以下、個別メニュー紹介。

最初に地鶏料理から。


滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)
てっぺいでは「天草大王」を使用

【1】「てっぺい定食 1,000円」〈ランチタイム限定〉

滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)のてっぺい定食
滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)のてっぺい定食 滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)のてっぺい定食

メインデッシュは「地鶏ステーキ」。パリッと焼けた皮、弾力に富むジュー↑シー↓な鶏肉。両者が舌の上でハーモニーを奏でて、地鶏特有の芳醇なウマ味がジュンジュワ~~と広がります。

醬油ベースの甘辛たれが地鶏に絡んで、ブルドーザーのようにご飯が進む君。

滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)の卵かけご飯

〆は、こだわりの生たまごを使った「卵かけごはん」。卵がウルトラ濃厚で、専用の醤油も用意されています。

滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)

10:00~14:00まではコーヒー1杯無料!

アーンド、ご飯1杯をおかわりOK。

【2】「特上親子丼 780円」

滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)の特上親子丼

凄ッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッごく

オススメ!

「これこそTAMAGO---!」ぐらい卵の濃厚ぴか一。

さらに、こんがりと炙られた地鶏がコンチクショーなぐらいウメー!

「タレ」はコクが豊かなテイスト。

最後にもう一度主張させて欲しい!「特製親子丼、心底おすすめ!!」

【3】「鶏のから揚げ 680円」

滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)の鶏のから揚げ

「てっぺいの鶏料理に、外れなどあろうはずナシ」と、かの有名な古代ローマの哲学者「ソンナヤーツ・イネーヨー」が言ったような、やっぱり言ってなかったような感じだけど、間違いはナイ。あろうはずがナイ。

肉の髄までしみ込んだ甘辛タレ。

コンマ0.0001秒のタイミングで揚げられたふっっっくら柔らかなお肉。

最後に、白ゴマ・刻みねぎが絶好のアクセントとなり、至高の唐揚げへと昇華しとる。


✔次に、地鶏料理以外。


【4】「そうめん流し(観音めん) 1人前600円」〈4月~10月限定〉

滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)のそうめん流し「観音めん」
滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)のそうめん流し「観音めん」 滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)のそうめん流し「観音めん」

てっぺい夏の風物詩「そうめん流し」。「通常のそうめん(1人前450円)」と手打生麺の「観音めん(1人前600円)」の2種類がスタンバイ。

今回は「観音めん」をセレクト。(※1日限定30食)。

「薬味」:刻み葱、わさび、白ゴマ。「つゆ」は完飲したいほどコク豊か。

「観音めん」はさすが手打だけあって、麺のコシ&もっちもち感がぶっちぎり。通常のそうめんよりやや割増だけど、自信を持ってこちらをオススメ!

爽涼POINT

滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)のそうめん流し「観音めん」

流しそうめん場の周囲には、「コケ蒸した池」や「新緑が眩しい小川」で涼を味わえます。

【5】「鮎の姿焼き 2尾から1,360円」〈4月~10月限定〉

滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)の鮎の姿焼き

「パリッと焼けた皮」、「ふっっっっくらとした身」、「ジュワワと染み出る上質な脂」、「程度な塩加減」。

つまり……

パーーーーーーフェクトッッッ

そうめん流しの相棒に最適でっす。

【6】「石焼ピリ辛にゅうめん」〈てっぺい名物〉

滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)の石焼ピリ辛にゅうめん
滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)の石焼ピリ辛にゅうめん 滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)の石焼ピリ辛にゅうめん

グツグツと煮立った石窯で提供される「石焼ピリ辛にゅうめん」は、てっぺい屈指の人気メニュー。

ピリ辛の鶏ガラスープは、餡掛けでとろみがついています。挽肉入りのとろみスープにそうめんが絡んで、いとウマーし。

【7】「鉄板餃子 2人前800円から」〈てっぺい名物〉

滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)の鉄板餃子 滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)の鉄板餃子

いや、この餃子の破壊力、超ド級だワ!凄げーよ

ジューーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッッッっと焼ける音をたてながら提供される鉄板餃子。そのシズル感がなんと強烈なことか。

ややピリ辛の特製タレに餃子をつけて、パクリンチョ!

香ばしく焼けたバリッバリッな皮、そして、お肉と刻み野菜の甘みとのWコンタクトに味覚がノックアウト!

【8】「カキ蒸し 7個1,280円」〈冬季限定〉

滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)のカキ蒸し(カキ(牡蠣、かき))
滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)のカキ蒸し(カキ(牡蠣、かき)) 滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)のカキ蒸し(カキ(牡蠣、かき))

てっぺいが暖簾を構える東長崎。その東部にある戸石は、県下有数のカキの名産地。

てっぺいで提供されるその名産地のカキは、ぷりぷり弾力、磯の味ブシューのディープインパクト!

【9】「卵かけご飯 280円」

滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)の卵かけごはん
滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)の卵かけごはん 滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)の卵かけごはん

「卵かけごはん」は、てっぺいの隠れた名物(自信満々)。

とにかく、とにかーく、とにかーーーく、生卵が、

濃! 厚!

やや固めの白飯に、その濃厚卵を落として、白ゴマ・刻みネギ・特製の専用醤油とともに口に掻っ込めば、味覚幸せ~~~の無限ループが広がります。

✔「卵かけごはん」は単品メニューにありますが、ランチの定食には必ずごはんと生卵が付いてきます。

滝の観音茶屋 てっぺい(長崎市平間町)

こだわりの生卵と専用醤油は、店内で販売されています。

滝の観音茶屋 てっぺい まとめ

滝の観音の紅葉(長崎市平間町)
「滝の観音」

結論:すべてがウマい!

今日び流行りのキラキラ系オシャレ店ではないけど、スタッフは気さくだし、料理はウマいし、料理はウマいし、料理はめっちゃーーーーーーーーーウマいから、一度食べてみて!

その際には、てっぺいそばにある県指定名勝「滝の観音」とハシゴ推奨!(入園料200円)。

【通(つう)によるガチまとめ】~長崎県のそうめん流し10選~

長崎県そうめん流し

長崎県本土のそうめん流しをコンプリ!食べた者にはしか分からない特選情報満載。

画像をクリック】

1. 味や店への評価は、個人的見解です。

2. 当記事における掲載情報は、時間の経過とともに変化する場合があります。

事前に公式サイトでご確認ください。

3. 写真の盗用、特にまとめ・キュレーションサイト、アフィリエイトブログに対しては、断固とした対応をとります。
スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image