「旭大橋の夜景」~【花火大会の穴場】長崎駅から徒歩10分

旭大橋からの花火(とっとっと祭り)

スポンサーリンク

この夜景スポットは、次の方にオススメ

JR長崎駅から約700メートル、徒歩10分で到着。駅周辺のホテル(ホテルニュー長崎、JRホテル九州長崎etc)で宿泊する方には、お手軽な夜景スポット。

ココ単独の美しさはで、がっかり系夜景。しかーし、花火大会となるとその価値一変、大フィィィーーーバー。ココは花火鑑賞の穴場!

福山雅治ファン垂涎の聖地です。ましゃファンはスルーしちゃダメ。

夜景観賞ガイド

旭大橋からの新世界三大夜景認定の長崎の夜景
最初に断っておくと、観光客の方がわざわざ「単独で」行くほどではナシ。例外は福山雅治さんのファンぐらい。「旭大橋の赤い流星」と呼ばれていた頃に目にした風景を共有できます。

ここは単独ではなく、隣接する長崎県庁新庁舎とともに夜景巡りするのがコツというか、それがココが生きる道。ペアとして巡れば、長崎駅周辺で手軽に行ける夜景エリアとしてギリおススメ。

フォトギャラリー

旭大橋からの新世界三大夜景認定の長崎の夜景

「長崎港&旧居留地方面(南側)」。ここでのメインの風景。

旭大橋からの新世界三大夜景認定の長崎の夜景

「立山方面(北側)」

旭大橋の歩道は片側通行ですので、道路越しでの鑑賞となります。立山は長崎の夜景4大スポットの一つ。そのため夜景が見えるのを売りにしたホテルが建ち並び、その灯りが印象的。

旭大橋からの新世界三大夜景認定の長崎の夜景

「長崎県庁新庁舎(東側)」。2017年12月に完成したばかりでピッカピカ。新たに誕生した夜景スポットで、8階展望室や2階デッキ・駐車場屋上展望所などから夜景が楽しめます。ココはオススメですゼ。

うぬぬぬぅ…。通行人から「何撮ってんだコイツ」的な冷ややかな視線に耐えながら、頑張って撮ったのに、撮ったというのに‥‥。今一つ地味なのは否めない。

とっいうわけで、もう一回言うよ。必ず長崎県庁新庁舎と一緒に巡ること!大事なことなので(ry

花火は最高ォォォォオオ!【アヒルから白鳥へ】

旭大橋からの花火(とっとっと祭り)

夜景はイマイチでも、花火鑑賞SPOTとしては白眉なSPOT。

長崎港、女神大橋、旧居留地の夜景をキャンパスにして夜空を舞う花火は、まるで名画のよう。

  1. ココから見れる花火大会で最もマイナーな「とっとっと祭り」で約10名の観衆が集まりました。
  2. 「ながさきみなとまつり」では鑑賞スペースは埋まるでしょう。早くにお越しになるのが賢明です(最前列のスペースは30名分ほど)。

旭大橋で見れる「4大花火大会」

大会名開催日時
「長崎帆船まつり」 4月下旬~5月初頭の土・日
「ながさきみなとまつり」 7月最終土・日曜日
「とっとっと祭り」 8月下旬の土曜or日曜日
「長崎Lovefes」 9月下旬~10月中旬の土・日

【次の花火大会】 「Lovefes2019」花火打ち上げ日程

2019年11月3日(日) 

•      〃      11月4日(月・祝)

日程の変更・中止は公式サイトで。

花火大会時での駐車場はコチラで

展望所までの歩き方

旭大橋からの新世界三大夜景認定の長崎の夜景

展望所へと続く昇降用の階段を上がります。

旭大橋への徒歩ルート

距離170メートル、約2分の道のりです。

旭大橋の展望所

はい到着!高架橋の途中で展望用のスペースが設けられています。

長崎の夜景 【史上空前!50スポット総まとめ】

長崎の夜景、まとめ

夜景マンが総力を結集!【こんな夜景記事と出会ったことはねえ────ッ】

見逃し厳禁】

「長崎の夜景 総まとめ」【50スポットを網羅!】稲佐山・鍋冠山から穴場まで
「神がかり的実績!」~検索1位取りまくりの夜景達人が贈る【長崎の夜景 ガチまとめ】 ...

夜景スポットとしての通信簿

所在地
長崎県長崎市尾上町/国道202号線旭大橋
美しさ
 
アクセス
徒歩  JR長崎駅から徒歩10分

乗用車
 

路面電車 

最寄りの電停:「長崎駅前」(電停から展望所まで750m、徒歩10分)

電停から展望所までのルート

施設について

施設の充実度・雰囲気  

• 無料。24時間利用可能

•TOILET、ベンチ、自販なし

(隣接する長崎県庁新庁舎に、2階のコンビニ、レストラン含め全てあり。ただし、コンビニ、レストランは平日のみの営業)

週末の込み具合
  夜景観賞の人はほぼ皆無、というかいない。通行人はほどほど通る
備考

• 懐中電灯不要

• 車内鑑賞不可。したら追突される。

お・し・ま・い。ではでは~

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人(※画像・文章の無断転載を固くお断りします。転載については必ずこちらをお読み下さい。

トップへもどる

Copyrighted Image