にっしょうかん周辺・立山の夜景(長崎市)【夜景ドライブに最適!】

立山からの新世界三大夜景認定の長崎の夜景

スポンサーリンク

【ココは夜景の名所ッ!】その魅力をチャチャっと要約

  1. 夜景が見える場所:

     (1)「ホテル 長崎」

     (2) 「長崎にっしょうかん」、「にっしょうかん別邸 紅葉亭」

     (3)そして「五社神社下バス停付近」の歩道

    立山公園とは別です!
  2. (3)の「五社神社下バス停」周辺に、展望スペース、駐車場などの施設は一切なし。
  3. そのため、ココの夜景を楽しむ方法は、

     • 1⃣のホテルで、夜景が見える部屋に宿泊する。

     • 夜景ドライブ」として車窓から楽しむ。

    の2つ。それ以外はオススメしません。
  4. 以下、夜景四大SPOTの一角、そのとびきりの魅力に迫ります。

【長崎の夜景 4大スポット】の名は、伊達じゃない

立山からの新世界三大夜景認定の長崎の夜景

長崎の夜景4大SPOTとして、

  1. 西の「稲佐山」
  2. 南の「鍋冠山公園」
  3. 東の「風頭公園」
  4. そして本稿で紹介する北の「立山の夜景」
が古くから夜景愛好家に親しまれてきました。

その「立山の夜景の特徴」は、長崎市中心街から女神大橋までを、真正面から一望できること。

「立山公園の夜景」とは別物

ココとがっかり夜景SPOT「立山公園」とを一緒くたにしているネット記事が目立つけど、全然ッ別物だから。?

地理的に近いだけで、美的レベルは、「ヤムチャ」と「フリーザ(最終形態)」ぐらいの差があるのだ

その立山公園からの「がっかり夜景」はコレね

立山公園からの長崎の夜景立山公園からの長崎の夜景
ローターコースター上からの夜景展望台からの夜景

さらに言うと、「公園駐車場」は12月~2月までは18:00に施錠されます(他の期間は21:00まで)。

ココに夜景を見に行くのは、悪いこといわんから止めときなはれ。

観る者を凍てつかせる衝撃の「立山公園の夜景」。その記事はコチラ!

夜のドライブとして活用しよう!

立山からの新世界三大夜景、長崎の夜景

路駐スペースはないけど、「夜のドライブコース」としてならバッチコーイ。

なぜなら、立山地区では、「五社神社下バス停付近」をはじめ、道路上の所々で美しい夜景が垣間見えるから。

コースとしては

【1】「立山」⇒「稲佐山展望台」へのコース

稲佐山展望台からの新世界三大夜景認定、長崎の夜景

立山から「稲佐山展望台」までは、距離8キロ、移動時間20分となります。ルート

「稲佐山」からの帰路には、「稲佐山温泉」や「車内から夜景が見えるSPOT」へ行けます!

【2】「立山」⇒「片淵近隣公園」⇒「鍋冠山公園」へのコース

片淵近隣公園・片淵線からの新世界三大夜景認定、長崎の夜景

(1)最初は、立山から距離3キロの「片淵近隣公園」。同公園では、車内での夜景鑑賞可能

鍋冠山公園展望台(長崎市出雲)の長崎の夜景、客船

(2)次に「片淵近隣公園」から、稲佐山と人気を二分する「鍋冠山公園」へと向かいましょう(駐車場完備)。距離8キロ、20分で到着。

「立山」⇒「片淵近隣公園」⇒「鍋冠山公園」のコースです

の2コースを一押し。

まとめ~ホテルから立山の夜景を独占しませんか?

名所「立山の夜景」が一望できるホテルは、

  1. 「ホテル長崎」
  2. 「長崎にっしょうかん」
  3. 「にっしょうかん新館 梅松鶴」
となります。これらのホテルでは、客室だけでなく、浴場からも夜景を堪能できるのも売りの一つ。

なお、夜景が見えにくい部屋もありますので、宿泊前にご確認ください。

各ホテルのリンク先

長崎の夜景 【史上空前!50SPOTランキング】

長崎の夜景、まとめ

夜景マンが総力を結集!【こんな夜景記事と出会ったことはねえ────ッ】

見逃し厳禁】

夜景スポットとしての通信簿(五社神社下バス停付近)

所在地 長崎市西坂町15 五社神社下バス停付近
夜景の美しさ  
施設の充実度・雰囲気

  路側帯の歩道からのみ鑑賞可能。夜景を展望するための設備は一切なし。

周囲には、夜景を売りにしたホテル、「ホテル 長崎」、「長崎にっしょうかん」、「にっしょうかん別邸 紅葉亭」が建っています。

週末の込み具合   皆無

日没時間

 長崎の日没時間  

※日没後から20~40分後が空がブルーモーメントに染まるもっとも美しい時間帯です。

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします。 (観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。

特にまとめ・キュレーションサイト、アフィリエイトブログによる画像の盗用については、断固とした対応をとります。

詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image