野母崎の【尋常じゃない海鮮丼!】|「朝市食堂 HAGEMARU」でのも丼を食レポ

ココ、流行ると思う(大予言)

「ちゃんぼん馬鹿の予言など、一片の価値ナシ!」と指摘されれば、「うむ、その通り」なんだけど、でもホラ、空気で先が読める店ってあるじゃん。

  • 豪勢でコスパ良好な「のも丼」(看板メニュー)

  • 漁師めし屋チックにコーディネートされた内観

  • 野母崎港を一望するオーシャンビュー

  • 頭髪戦線が店名通りの店主さんは、とっても感じのイイ方

とっこれだけの高評価POINTが揃っているし。

てな訳で、看板メニュー「のも丼」の食レポ行くぜ!

✔のも丼の後に、「ランチ」、「おすすめメニュー」を紹介します

スポンサーリンク

コイツがその看板メニュー「のも丼 1,300円」!

朝市食堂 HAGEMARU(長崎市野母町)の海鮮丼(のも丼)

  • 「海鮮丼」

  • 「アラ煮つけ」

  • 「味噌汁」

  • 「小鉢×1」

の内容。一品ずつレポートしていくYO

【1】「味噌汁」

朝市食堂 HAGEMARU(長崎市野母町)の海鮮丼(のも丼)

さて、湯気立つ味噌汁からズズッとすすってみると……

あぁぁ~~~~~~~~~~~~、染みるぅぅ~~~~~~~~~~~~

五臓六腑を通り越して、心にまで染みる味。

隠し味の生姜が、味覚の琴線にフワフワリンと触れてきやがる。

【2】「アラの煮つけ」

朝市食堂 HAGEMARU(長崎市野母町)の海鮮丼(のも丼)

あぁぁ~~~~~~~~~~~~、染みるぅぅ~~~~~~~~~~~~

心を通り越して、DNAまで染みる味

酒・醤油・みりんの配合が黄金律。出汁がとにかく上品、それでいて圧倒的な余韻力。

砂糖はほぼ使用していない感じで、ねっとりとした甘さがナイ。

アラの身は、ふっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっくらな食感。身もたっぷり付いています。

※サイドメニューは日替わり。

【メイン】「海鮮丼」(のも丼)

朝市食堂 HAGEMARU(長崎市野母町)の海鮮丼(のも丼)

朝市食堂 HAGEMARU(長崎市野母町)の海鮮丼(のも丼) 朝市食堂 HAGEMARU(長崎市野母町)の海鮮丼(のも丼)

訪店当日は、「牡蠣」、「ヒラメ」、「ブリ系」、「カツオ」、「イカ」、「卵焼き」など。皮付きのお魚がコリコリしてウマしだったけど、なんざんしょ。

のも丼に突き刺さった「HAGEMARUの旗」が童心をくすぐるゼ~。

「柑橘系のツマ」は、レモンではなく小ミカンでした。

朝市食堂 HAGEMARU(長崎市野母町)の海鮮丼(のも丼)

さて、トップバッターは「牡蠣大納言さま」。

朝市食堂では牡蠣焼きも営んでいるだけあって、食感ブリッブリ。テンションがターボチャージャーFull加速に爆上昇↑↑↑↑↑↑↑↑↑

朝市食堂 HAGEMARU(長崎市野母町)の海鮮丼(のも丼) 朝市食堂 HAGEMARU(長崎市野母町)の海鮮丼(のも丼)

彩どり豊かなお魚たちは、

ウルトラギガ新☆鮮モンスター

一枚噛んでみると、コリッッッッッッコリッッッッッッコリッッッッッッコリッッッッッッな弾力感。

身の繊維がプチプチ切れていく感触が堪らん。

鬼鮮度な理由:単純明快。店の前が漁港で、そこから直接買い付けているから。

参考「メシ通~「魚が獲れない時代」をどう生き抜くか〜キャリア35年の漁師が語る日本の海と台所の話〜」

※水揚げされた魚を、店主さんが直接チェックしている様子が写っています。

一方で、カツオは適度に熟成されていました。魚の種類によって、刺身の鮮度を使い分けているのがわかります。

朝市食堂 HAGEMARU(長崎市野母町)の海鮮丼(のも丼) 朝市食堂 HAGEMARU(長崎市野母町)の海鮮丼(のも丼)

そ~して、タレを海苔付きのご飯にかけ、刺身と一緒に頬張れば、

脳が乳化するほど、ウんマ~~ぁあああ!!!

いんや~最高だった。スプラッシュ満足。


✔お次は、お得なランチセット「今日のしゃあ!」をご紹介。


「今日のしゃあ! 700~800円」【おそらく平日限定】

朝市食堂 HAGEMARU(長崎市野母町)の今日のしゃあ(ランチ)

実質的なランチセット「今日のしゃあ!」。しゃあとは、ヘルメットがなければ即死だったな人ではなく、野母弁でおかずという意味です。

(参考:「メシ通~「魚が獲れない時代」をどう生き抜くか〜キャリア35年の漁師が語る日本の海と台所の話〜」 。)

朝市食堂 HAGEMARU(長崎市野母町)の今日のしゃあ(ランチ)

メインの「海鮮丼」。のも丼には劣るけど十分に豪華な内容。

朝市食堂 HAGEMARU(長崎市野母町)の今日のしゃあ(ランチ) 朝市食堂 HAGEMARU(長崎市野母町)の今日のしゃあ(ランチ)

筆者のしゃあは「大ぶりのミナ貝」。連れは「ふかの湯引き」でした。

朝市食堂 HAGEMARU(長崎市野母町)の今日のしゃあ(ランチ) 朝市食堂 HAGEMARU(長崎市野母町)の今日のしゃあ(ランチ)

ぷふぅ~~食った食った。食欲のままに365日って感じだぜ~~

漁港そばだからこそ口にできる優良コスパランチでござった!

その他

朝市食堂 HAGEMARU(長崎市野母町)のカキフライ

プリプリ牡蠣フライ(600円)や……

朝市食堂 HAGEMARU(長崎市野母町)の唐揚げ

ジューシー唐揚げ(600円)は、サイドメニューとして最適。

メニュー表

朝市食堂 HAGEMARU(長崎市野母町) 朝市食堂 HAGEMARU(長崎市野母町)

予約制で「牡蠣焼き」、「バーベキュー」もやってます。

内観チェック

朝市食堂 HAGEMARU(長崎市野母町)、野母崎港

朝市食堂 HAGEMARU(長崎市野母町) 朝市食堂 HAGEMARU(長崎市野母町)

朝市食堂 HAGEMARU(長崎市野母町) 朝市食堂 HAGEMARU(長崎市野母町)

店内は、「カウンター」、「6人掛けテーブル×2」、「2掛けテーブル×1」、「座敷席」で構成。

テーブル部屋の奥にも客室ありで、なかなかの広スペース。

カウンター席からは、野母崎港を一望できるオーシャンビューとなっており、開放感抜群。

漁師めし屋チックなインテリアされた内装は、漁船を彷彿させるアイテムでセンス良く飾られています。

これだったら、女子会・デートにもおっけー、おっけー。

店主さんは人当たりがシルクのように優しかった

「海の漢」といえば、荒くれ者のイメージがあるけど、朝市食堂 HAGEMARUの店主さんは気さくで感じイイ人。

店名からして、ユーモアにも溢れているのでしょう。

一人で切り盛りされているから、満席時には提供がちょいと遅くなるかも。そこは眼前に広がる大海原のように大らかに待ちましょう。

朝市食堂 HAGEMARU| 駐車場

場所

店の位置がちょいと分かりにくく、「のもざき朝市」の裏手になります。

朝市食堂 HAGEMARU(長崎市野母町)

駐車場は港岸壁前に停められます。

 朝市食堂 HAGEMARUの「営業時間」・「定休日」

【昼】11:30~15:00(L.O.14:30)

※夜は要予約(17:00~21:00)

不定休

朝市食堂 HAGEMARU(ハゲマル) まとめ

またも、またしても、野母崎に激熱店が爆誕ッ!

天国に一番近いカフェ「Bremari (ブレマリー)」、オーナーシェフが中華の鉄人の弟子「四川菜 Rinrin」に続いて、流行りそうな気配をビッシビシ感じるお店。漁港の街・野母崎で、ハイクオリティな海鮮処がさらに増えました📯

あえて難点を上げれば、「場所がやや分かりにくい」、「夜は要予約」の2点。だけど、そんなハンデはヘのツッパリにもならない感じ。

デート、女子会、家族連れ、野郎飯にALL対応な優良店でっす。

ということで、〆の感想にイこーか!

「朝市食堂 HAGEMARUさん、バリッ旨か!!ごちそうさんした」。

野母崎デートに最適な「素敵やんカフェ 4選」

野母崎のカフェ、Bremari(ブレマリー)、こっとん、nomon's cafe(ノモンズカフェ)、スリールスリール

(全店で軍艦島を一望できます)

画像をクリック!】

野母崎のデートに最適な「カフェ 4選」【全店で軍艦島を一望できます】
この記事のPOINT【必見】 【全て実食のガチまとめ】です。 店内...

店舗情報

店名朝市食堂 HAGEMARU(ハゲマル)
住所長崎県長崎市野母町2192
ジャンル魚介料理・海鮮料理、海鮮丼
予約・問い合わせ070-4696-6102

  1. 味や店への評価は、個人的見解です。
  2. 当サイトでの掲載情報は、時間の経過とともに変化する場合があります。
スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image