「ながさき紫陽花まつり」【出島会場】~見どころ・期間をガイド!

長崎アジサイ便り:第5回

出島(出島和蘭商館跡)のながさき紫陽花まつり
出島(出島和蘭商館跡)のながさき紫陽花まつりの夜間ライトアップ 出島(出島和蘭商館跡)のながさき紫陽花まつり

出島から世界へ紹介された日本のアジサイ

1823年8月(文政6)、出島のオランダ商館付医師として来崎したシーボルト。彼によって、日本の民俗・自然がヨーロッパに紹介されました。

そのシーボルトが帰国後に刊行した『日本植物誌』に、長崎在留期の愛人「楠本滝」にちなんだ学名で、「アジサイ」を記載したのは有名な話。

江戸時代に日本と西洋との唯一の架け橋となった「出島」では、「ながさき紫陽花まつり」の会場の一つとして多彩なアジサイで埋め尽くされます。

「ながさき紫陽花まつり2019」開催期間:5月25日(土)~6月16日(日)

関連資料はコチラで

スポンサーリンク

基本情報

所在地長崎市出島町6-1 
アジサイの株数450株
入場料

  1. 大人:          510円
  2. 高校生:       200円
  3. 小・中学生: 100円

※15名以上からの団体割引あり

入場料や営業時間の変更については公式サイト上のWebページ で確認ください。

営業時間8:00~21:00  (最終入場20:40)
問合せ長崎市文化観光部出島復元整備室  095-829-1194 /✉ dejima@city.nagasaki.lg.jp
公式ページ出島 Dejima(公式)

紫陽花フォト集

出島(出島和蘭商館跡)のながさき紫陽花まつり

出島(出島和蘭商館跡)のながさき紫陽花まつり

出島(出島和蘭商館跡)のながさき紫陽花まつり

出島(出島和蘭商館跡)のながさき紫陽花まつり

出島(出島和蘭商館跡)のながさき紫陽花まつり

出島(出島和蘭商館跡)のながさき紫陽花まつり

出島(出島和蘭商館跡)のながさき紫陽花まつり 出島(出島和蘭商館跡)のながさき紫陽花まつり

長崎市が精力的に進める復元事業によって、往年の街並みを取り戻しつつある「出島」。

出島のなかを通る街道の両端に、多彩なアジサイがズラァァーーーーァと飾られます。

夜間にライトアップされた艶やかな姿

出島(出島和蘭商館跡)のながさき紫陽花まつりの夜間ライトアップ

出島(出島和蘭商館跡)のながさき紫陽花まつりの夜間ライトアップ 出島(出島和蘭商館跡)のながさき紫陽花まつりの夜間ライトアップ

毎夜21:00まで営業される出島。優しい灯りに照らされたアジサイは、日中とは違った魅力を放ちます。

「出島のアジサイ」 まとめ

長崎市の出島(出島和蘭商館跡)の「カピタン部屋」 長崎市の出島(出島和蘭商館跡)の旧出島神学校
カピタン部屋 旧出島神学校

アジサイ鑑賞とともに出島見物を

2017年11月に架橋された「出島表門橋」、オランダ商館長(カピタン)が居を構えていた、1878年(明治11年)に建立されたプロテスタントの神学校「旧出島神学校」など、復元事業が進む出島は見どころ満載。

大輪の花を咲かせるアジサイを眺めながら、鎖国時代に西洋との窓口となった街並みへタイムスリップしませんか?

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人(※画像・文章の無断転載を固くお断りします。転載については必ずこちらをお読み下さい。
スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image