【限定御朱印です】「長崎にある伊勢宮」

伊勢宮(長崎市伊勢町)
高麗橋(長崎市伊勢町)、中島川石橋群と伊勢宮 伊勢宮(長崎市伊勢町)のクスノキ

長崎三社に数えられる「伊勢宮」は【伊勢神宮の分霊】です。

時をさかのぼること寛永5年(1628)に、唐津出身の南岳院存裕(なんがくいんそんゆう)が伊勢神宮外宮を訪ね、伊勢神宮の分霊を勧請しました。

そして翌6年(1629)に、伊勢外宮から分霊奉斎の許状が下され、同16年(1639)に仮宮殿を創建。祭祀を行い伊勢宮(いせのみや)と改称したのが、同宮の起こりです。

以来、長崎奉行や市民からの寄進により、社地拡張、社殿や鳥居の新築など、長崎有数の大社としての品格を整えていきます。

明治34年(1901)には、長崎県下で初めて神前結婚式が行われたことで、歴史に名を残した伊勢宮。

以下、長崎史を彩る同宮を、美しい写真とともにご案内します。

✔写真は過去に撮影したものです。

公式Twitter

松森天満宮は、神さまがおられる神域です。あくまで神社に詣でるというおごそかな気持ちで散策してください。

また閑静をみだす行為は厳につつしみ、参拝作法とマナーをお守りください。

スポンサーリンク

【初詣の御朱印】を拝受いたしました

伊勢宮(長崎市伊勢町)の御朱印

元旦の繁忙期に墨書きしていただき感謝の極みです。伊勢宮の紋章「大一」の力強い文字がひときわ印象的です。

初穂料500円。

 場所は?

伊勢宮(長崎市伊勢町)

中島川沿い、高麗橋正面です。

眼鏡橋から750m、諏訪神社から450m先に位置しています。

住所長崎県長崎市伊勢町2-14

駐車場あり

拝殿前に数台分のスペースがあり。

路面電車でのアクセス

最寄りの電停:「諏訪神社」

※距離130m、徒歩2分。

ご祭神

  1. 天照大御神
  2. 豊受大神
  3. 素戔男大神

例大祭

例年11月1日~3日。長崎で唯一の「浦安の舞」が奉納されます。


それでは、境内を巡りましょう。


【1】「高麗橋」と「伊勢宮」

高麗橋(長崎市伊勢町)、中島川石橋群 高麗橋(長崎市伊勢町)、中島川石橋群

高麗橋(長崎市伊勢町)、中島川石橋群と伊勢宮

正門の正面に架かる「高麗橋」は、承応元年(1652)、中国人の浄財によって初めて架橋され、当時の町名「新高麗町」にちなんで、西道仙より「高麗橋」と命名されます。

昭和57年(1982)に生起した長崎大水害後の河川改修のため、「昭和の石橋(外見は石橋だが、その実は鉄筋コンクリート造)」として再架され、今に至ります。

西山ダム下流公園(長崎市)の高麗橋

元の高麗橋は、西山ダム下流公園に移築復元されています(長崎市指定有形文化財)。

【2】「一の鳥居」・「正門」・「狛犬」

伊勢宮(長崎市伊勢町)

伊勢宮(長崎市伊勢町)

伊勢宮(長崎市伊勢町) 伊勢宮(長崎市伊勢町)

「石造の神明鳥居」、「まだら模様の狛犬一対」そして「荘厳な正門」。正門に掲げられた「大一と刻まれた灯籠」が参拝者の目を引きます。

伊勢宮(長崎市伊勢町)

手水舎で身を浄めてから、拝殿へ向かいましょう。

【3】「二の鳥居」

伊勢宮(長崎市伊勢町)

二の鳥居は、伊勢神宮の宇治橋鳥居を彷彿させるヒノキ造。2019年の式年祭を機に、40年ぶりに建て替えられました。

宇治橋に該当するのが、さしずめ高麗橋でしょうか。

【4】「拝殿」

伊勢宮(長崎市伊勢町)
伊勢宮(長崎市伊勢町) 伊勢宮(長崎市伊勢町)

クスノキに囲まれた拝殿は、無駄な装飾を排除した直線的かつ力強い建築様式で、神域としての威厳を放ちます。

料亭花月が寄贈した「大一と刻まれた灯籠」と、拝殿内に掲げられた「江戸末期に奉納された三十六歌仙絵」は必見です。

伊勢宮(長崎市伊勢町)

拝殿の正面左手が社務所です。

伊勢宮(長崎市伊勢町)

反対の右手に目を向けましょう。すると、神社としての最高位を示す、外堀に入った5本線が見て取れます。

【5】「楠稲荷神社」・「クスノキの巨木」

伊勢宮(長崎市伊勢町) 伊勢宮(長崎市伊勢町)のクスノキ
伊勢宮(長崎市伊勢町)

周囲を圧する2本の巨木は、樹齢500~600年のクスノキ。ご神木として祀られ、根本には楠稲荷神社が建立されています。

このクスノキですが、「その昔、母乳がでない母親が、クスノキの幹に穴に米のとぎ汁をかけて祈ると、母乳がでるようになった」との伝承が残ります。

以来、安産祈願への参拝客が途絶えることがない、霊験あらたかなご神木です。

【6】「本殿」と「境内社群」

伊勢宮(長崎市伊勢町)
伊勢宮(長崎市伊勢町) 伊勢宮(長崎市伊勢町)

さらに奥へ進むと、鷺神社などの末社と本殿が姿を現します。

ご神木の木漏れ日から垣間見れる神宿る本殿。その神々しい雰囲気から心の癒しをいただき、感謝の意を申し上げて境内を後にしました。

以上になります。コンパクトな境内ながら特色に富む、「長崎の伊勢宮」を是非ご参拝ください。

参考文献・サイト:

• 林田 秀晴、『長崎県の神社を訪ねて 本土編』、出島文庫、2004年

ナガジン!|シャッターチャンス@長崎 長崎の宗教史を垣間見る風景「伊勢宮神社」です。

本稿の執筆、すべての写真撮影(マイマップの写真含):当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします。 (観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。 特にまとめ・キュレーションサイト、アフィリエイトブログによる画像の盗用については、断固とした対応をとります。

詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image