「橘神社の桜」(雲仙市)【ライトアップ夜桜で花見!】駐車場は有料?

長崎サクラ便り:第15回

橘神社(長崎県雲仙市千々石)の桜と花見のライトアップ
橘神社(長崎県雲仙市千々石)の桜と花見 橘神社(長崎県雲仙市千々石)

観櫻火宴(島原半島、雲仙市千々石の橘神社) 橘神社(長崎県雲仙市千々石)の鳥居

桜の本数=【モンスター級の1,000本】!島原最強の花見SPOTにログインッ!

島原半島北西部に位置する千々石に、今回の桜園の舞台「橘神社」が鎮座しています。

島原一の大社である同神社は、県下有数の桜の名所としてウルトラ有名。

参道と千々石川沿いにズラァァーーーリィィィイと並んだ桜並木は、壮観アーンド風流のダブルインパクト!他に、出店の数が半端ないし、宴会花見もオーケー。

「駐車場」?もち、あります。ただし有料500円(普通・軽自動車)。有志の活動で維持されているサクラ祭りですから、やむを得ない出費でしょう!

それーと、境内に「ハートストーン」があるかも?ないかも?(読めば解決!)

ではでは、夜のライトアップされた幻想的な風景も併せ、同神社の花見の魅力についてガッチリお伝えします。

橘神社(橘公園)の桜開花状況

2019年長崎の満開予想:4月1日(月)

3月20日(水)開花しました!

2019年の見頃(予想)の土日はいつ?

  1. 3月30日(土)
  2. 3月31日(日)
  3. 4月6日(土)
  4. 4月7日(日)
※気候、気温条件などにより、見頃が大幅にずれる場合があります。

「観櫻火宴2019」 3月30日(土)18:00~

※松明を手にした200名の武者行列がメインイベントの勇壮なお祭りです!

花見の便利マップ【写真付き】

現地到着後にご活用ください(記事で紹介した場所は、すべてマークしています)。

住所:長崎県雲仙市千々石町己529

✔ 花見スポット|重要POINT表【一目瞭然】

花見SPOTとして選ぶ際での大切なPOINTを、オススメ表にしてまとめました。

「重要POINTの詳細」については、目次をクリックし確認ください。

今年のお花見SPOT選びは、これで勝つる!

  1. 桜の本数  (1,000本)

    • ロケーション     清流そばに立つ桜並木は、情緒溢れます。

  2. お弁当・宴会オススメ度

    ※ シートを敷くスペースは広いです。

    • 出店  参道両脇にズラァァーーーーァと並びます。

    • 最寄りのスーパー

    橘神社の東へ2キロの「フレッシュガーデンフーズピープル 千々石店」場所はココ

    お弁当なら「くま屋弁当」が心からオススメ。 場所はココ

  3. 子供連れ

    ※ 遊具はなし。ただ、出店の数が半端ないし、河川公園の散策で退屈しないでしょう。

  4. 駐車場[有料] 1回500円(普通・軽自動車)

    80台収容。バイク、バスは別料金。※観櫻火宴日以外の夜間は、おそらく無料です(3度確認。保障はできません)。

  5. 夜間(ぼんぼり)ライトアップ 22:00まで

  6. 人出

    • 穴場度  皆無ッ!

  7. イベント 「橘公園花まつり」

    3月下旬~4月上旬。期間中は、雪洞点灯、露店が出店、駐車場が有料。 

    「観櫻火宴2019」 3月30日(土)18:00~

【各項目の詳細】は、目次をクリック!

🌸【桜の本数】は1,000本~長崎県下トップクラス

境内名所とともにご案内します。

並木の密集度が高く、「西海橋公園」と比べると歩行距離が短く済みます。

まずは「橘中佐像」を見学

橘神社(長崎県雲仙市千々石)の橘中佐像

桜遊山の前に、国道に面した駐車場脇にある「橘中佐像」を見学しましょう。制作者は、平和祈念像と同じ「北村西望」氏です。

同神社の神さまとして祀られている橘周太中佐は、地元千々石出身で、陸軍幼年学校校長、大正天皇の教育係を歴任した高徳な人物。日露戦争の遼陽戦で、壮絶な戦死を遂げました。

天正遣欧少年使節の一人「千々石ミゲル」とともに、郷土の誇りとして、千々石人に深く敬慕されています。

3か所のビュースポットSPOT紹介!【インスタ映え】

【1】「軍神橋から」

橘神社(長崎県雲仙市千々石)の桜と花見橘神社(長崎県雲仙市千々石)の桜と花見

駐車場から境内に入る際に、砲弾が欄干となった立派なコンクリート橋が「軍神橋」です。ココが第1の撮影POINT。

「参道」と「橋下」から、これぞ桜の名所的な傑作がバッチリ撮れます。

【2】「千々石川沿いから」

橘神社(長崎県雲仙市千々石)の桜と花見橘神社(長崎県雲仙市千々石)の桜と花見のライトアップ 橘神社(長崎県雲仙市千々石)の桜と花見のライトアップ 橘神社(長崎県雲仙市千々石)の桜と花見

「軍神橋」を渡ると、左手に川まで降りられる急な階段があります。

河川公園として整備された川沿いは、ソメイヨシノとしだれ桜が植樹されており、川を挟んで日本画のような写真が撮れます。

橘神社(長崎県雲仙市千々石)の桜と花見

遊歩道には、石製の椅子や東屋があり、まったりとした桜見物で時間を過ごせます。

【3】社務所前の坂道から

橘神社(長崎県雲仙市千々石)の桜と花見

最後の撮影POINTは、ココッ!

観櫻火宴(島原半島、雲仙市千々石の橘神社)

「観櫻火宴」では元服式を終えた若武者の通過儀礼の場所となります。

珍しい桜「大提灯」を忘れずに

橘神社(長崎県雲仙市千々石)の桜と花見 橘神社(長崎県雲仙市千々石)の桜と花見

橘神社では、要チェックの珍しい桜が社務所前にあります。

その名は「大提灯」。荒木貞夫陸軍大臣が奉納した7本の老木が健在ですので、ぜひ鑑賞ください。

ソメイヨシノより花期はやや遅れますが、慌てん坊な花がきっと咲いていることでしょう。

※社務所のお姉さんに教えてもらいました。感謝、深謝です。

ハートストーンがあーる

「自分で探すんじゃー、ヌケサクめッ!」という方は、以下スルーで。

橘神社(長崎県雲仙市千々石)のハートストーン

社務所正面にある手水舎の水盤を覗いてみると~~~~

拝殿にご参拝で〆

橘神社(長崎県雲仙市千々石)

最後は、境内の最奥に鎮座する拝殿へ参拝しましょう。深紅の屋根瓦がとても印象的です。

なお、社務所では、お守り、おみくじ等を授与しているのでお土産にどうぞ。

【お弁当・宴会オススメ度】は高いです

橘神社(長崎県雲仙市千々石)の桜と花見

宴会スペースは、緩やかな斜面となっており、対面のグループに気兼ねなく、花見酒を楽しめます。

川沿いにも、シートを敷けるスペースはありますが、ブルッちまう程寒いためか、宴会客はあまり見かけません。

湯水のような出店数【壮観】

橘神社(長崎県雲仙市千々石)の桜と花見
橘神社(長崎県雲仙市千々石)の桜と花見 橘神社(長崎県雲仙市千々石)の桜と花見

露店はどえらい数。長崎県下でこれに匹敵するのは「大村公園」ぐらいです。

最寄りのスーパー

橘神社の東へ2キロの「フレッシュガーデンフーズピープル 千々石店」場所はココ

お弁当なら「くま屋弁当」が心からオススメ

くま屋弁当の唐揚げ弁当(雲仙市) くま屋弁当の唐揚げ弁当(雲仙市)

地元住民に深-く愛される「くま屋弁当」。半端ないボリューム弁当を、リーズナブルな価格で提供します。「唐揚げ弁当」は必食。 場所はココ

TOILETの場所

境内各所に3か所とまずまずの数。

【子供連れでは?】

橘神社(長崎県雲仙市千々石)の桜と花見

遊具類は一切ありません。ただ境内下を流れる千々石川は河川公園として整備され、飛び石もあるので、お子様の遊び場所には最適です。

【駐車場】は有料。普通・軽自動車で500円

橘神社(長崎県雲仙市千々石)の駐車場

桜まつり期間中の限定徴収となります。

筆者が3度訪れた限りでは、「観櫻火宴以外」では、17時以降は無料でした。

【夜間(ぼんぼり)ライトアップ】~22時まで

橘神社(長崎県雲仙市千々石)の桜と花見のライトアップ橘神社(長崎県雲仙市千々石)の桜と花見のライトアップ

比較的遅くまでライトアップされており、夜桜鑑賞、宴会を楽しむことができます。

河川敷の夜桜が、ひときわ幻想的で、インスタをはじめとしたSNSやブログへの写真投稿にかなーりオススメ。

【周辺の穴場SPOTは?】

諫早市森山町にある桜のトンネル【花見ドライブ】

諫早市森山町 慶師野の桜並木

車でお越しなら、「諫早市森山町の桜のトンネル」⇔「橘神社」は、鉄板のドライブコース。国道57号から国道251号へ抜ける市道唐比長走線の沿道に、見事な桜並木が続きます。

駐車スペースが所々にあるので、そこへ停めてください。

橘神社の近場で、「無料駐車場付き」、「宴会可能」、「夜間ぼんぼり点灯」のある花見SPOTはドコよ?

とけん山公園(島原半島、雲仙市の小浜)の桜と花見 夜のライトアップされたとけん山公園(島原半島、雲仙市の小浜)の桜と花見
とけん山公園の頂上、生目八幡神社からの夕景(島原半島雲仙市小浜) とけん山公園の頂上、生目八幡神社からの夕景(島原半島雲仙市小浜)

そんな都合のいい場所は……

「とけん山公園」があるじゃナーイ(ニコッ

公園頂上にある「生目八幡神社」からの夕景が、これまた素晴らしいのでお見逃しなく(「橘神社」⇒「生目八幡神社の夕景」コースもオススメ)

「橘神社の桜」 まとめ

観櫻火宴(島原半島、雲仙市千々石の橘神社)

観櫻火宴が悪魔的なまでに狙い目

訪れるチャンスに乏しい遠方の方なら、「観櫻火宴2019」が開催される3月30日(土)にロックオン!(ガチ)

今年は満開予想と近いですし、咲き乱れた桜並木の下を練り歩く若武者の凛々しい姿は、うっとりするほどファンシー。

境内を埋め尽くす1,000本の桜を日中に鑑賞し、夜は「観櫻火宴」をお楽しみくださいませ。

ではでは~、おしまいです

本稿の執筆、すべての写真撮影(マイマップの写真含):当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします (観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。 特にまとめ・キュレーションサイト、アフィリエイトブログによる画像の盗用については、断固とした対応をとります。

詳しくは「転載、引用について」をお読みください。


トップへもどる

Copyrighted Image