長崎ちゃんぽん講座/『ラーメン・ちゃんぽん店、繁華街系』【店のジャンル】

中華大八駅前店の特製ちゃんぽん
中華大八 駅前店の特製ちゃんぽん
長崎で「ちゃんぽんを提供する店」は、星の数ほどあります。そのため店の形態は千差万別。それぞれに店構えやメニュー構成、接客スタイルなどが異なります。

読者の皆さまが、理想のお店に行き当たるように、ジャンル分けしました。今回は『ラーメン・ちゃんぽん店、繁華街系』を解説します。

該当するお店

「思案橋ラーメン」

「三八ラーメン」(浜町店、銅座店、住吉店)[1]本店にはちゃんぽんはありません。

「中華大八(大八ラーメン)」長崎駅前店、浦上店)

一般的特徴

中華軽食 三八ラーメン浜町店の店内 中華軽食三八ラーメン浜町店のおでん
中華軽食 三八ラーメン浜町店の店内 中華軽食三八ラーメンのおでん

  1. 店構えは昭和チック。標準スタイルは、オープンキッチンにカウンターのみか、シンプルな4掛けテーブル。装飾は簡素。
  2. メニューのメインは、「ラーメン」と「ちゃんぽん・皿うどん」。
    他は炒飯、中華丼、餃子ぐらいの品目を絞った構成。そして、「おでん」を置いているのが特色。
  3. 並ちゃんぽんの上位互換「特製ちゃんぽん」がある。
    ただし、新地中華街の豪華食材だらけの贅を極めたものに対し、生玉子入り・具材増量的なシンプルスタイル。

まとめ

思案橋ラーメンのバクダンちゃんぽん
思案橋ラーメンのバクダンちゃんぽん

長崎市内の繁華街。その老舗ラーメン店でよく見られるスタイル。

『郊外のラーメン・ちゃんぽん店』との違いは、食事だけでなく、飲みの〆にも営業時間やメニューで対応していること。

長崎もんが古くから愛し、気軽に訪れる店ばかりです。例外となったのは、福山雅治ご用達で全国区となった「思案橋ラーメン」。今では観光客でごった返していますが、本来は地元住民向けの店なのです[2]長崎もんから「ちゃんぽんがマズイ!」と酷評されることが多い同店。しかし、本来はラーメン店ですし、ここが長崎ちゃんぽんの代表のごとく扱われるのを嫌ってのこと(特にバクダンチャンポン)。
ちゃんぽんの味は、客観的にいって「激ウマじゃないけど、フツーにウマい」レベル。

脚注・出典   [ + ]

1. 本店にはちゃんぽんはありません。
2. 長崎もんから「ちゃんぽんがマズイ!」と酷評されることが多い同店。しかし、本来はラーメン店ですし、ここが長崎ちゃんぽんの代表のごとく扱われるのを嫌ってのこと(特にバクダンチャンポン)。
ちゃんぽんの味は、客観的にいって「激ウマじゃないけど、フツーにウマい」レベル。

トップへもどる

Copyrighted Image