「桃苑(ホテルJALシティ長崎)」でちゃんぽん~長崎名物【夢のコラボ実現】。何がって?答えは記事で!

長崎ちゃんぽん放浪記:第14回

ホテルJALシティ長崎の桃苑ちゃんぽん(角煮入)
オークラ経営ホテルなのに、アグレッシブ過ぎるちゃんぽん

長崎の新地中華街にそびえ立つ「ホテルJALシティ長崎」。

その2Fにある「中国料理 桃苑(トウエン)。内装は、高級感と心地よい居心地感とが調和されたスタイリッシュなアジアン空間。

底辺of底辺である筆者は入店後すぐに、「あっ、これはTHE 場違い。引き返そう」と思ったけど、引きかえす勇気もないことに気づき、ドッキドキしながら席に座ったのだ。

とある長崎名物&ちゃんぽんとの夢の邂逅(出会い)

似顔絵。イラスト

現実:「と、桃苑ちゃんぽんをお願いします」(プルプル)

ジーパン&Tシャツとその辺のおっさん丸出しの筆者は、緊張でプルプル震える。しかし「いかんッ!ちゃんぽん道を究めんとする者が臆してはならぬ。」と気を取り直す。そして、フロアスタッフに「桃苑ちゃんぽん一丁」とビシィとオーダーをかました。

10分ほどでちゃんぽんが配された。

だがっ、

思わぬ事態に遭遇し、一気に緊張が走る!

そうだ角煮、載せよう

ホテルJALシティ長崎の桃苑ちゃんぽん(角煮入)

マジか?!長崎名物「豚の角煮」が、ちゃんぽんの頂に鎮座しておる!

見間違いだろうと、目をゴッシゴシこすって二度見したが、やっぱりまごうことなき「豚の角煮」ちゃんぽん&豚の角煮。夢のコラボが、ココ桃苑で実現していたのだ。

ホテルJALシテ長崎の桃苑ちゃんぽん(角煮入)

角煮を頬張ると、トロ~トロにとろけて、脂身の甘味が口いっぱいに広がる。太麺なちゃんぽん麺ともGoodマッチング。あぁ~幸せ~。

スープ&麺は「王道本格派」

ホテルJALシテ長崎の桃苑ちゃんぽん(角煮入) ホテルJALシテ長崎の桃苑ちゃんぽん(角煮入)

スープ鶏ガラ主体のクリーミータイプ。白湯スープに、アサリや野菜のエキスがこれでもかと溶け込んだクセになる味わい。スープを口に運ぶ動作が止まらん。

ちゃんぽん麺:太麺柔めの王道系どす。

具沢山で胃袋大満足【これぞチャンポン】

ホテルJALシテ長崎の桃苑ちゃんぽん(角煮入)

肉海鮮は、「大ぶりにカットされたイカ」、「小エビ」、「ハンペン」、「キクラゲ」、「豚肉」。そしてうま味エキスをたっぷりとスープに注ぐ「アサリ」

お野菜は、「キャベツ」、「もやし」、「玉ねぎ」、「ニンジン」。炒め方はややクタクタ系。

全体のボリューム:やや少な目で、男性には若干物足りないかも。

中国料理 桃苑(トウエン) まとめ

ホテルJALシティ長崎の桃苑ちゃんぽん(角煮入)

「フカヒレあんかけ石鍋ごはん」(※ディナーのみ)などホテルの中華レストランでありながら、グイグイ攻めたメニューを世に送り出す「中国料理 桃苑」。

長崎中華の顔「ちゃんぽん」も、豚の角煮入りと、ラン&ガンな姿勢が止まらない。しかし、ちゃんぽんのベースとなるスープ&麺を、しっかりと調理しているからこそできる巧の技。ゆえに、単なる変わり種ちゃんぽんには留まらない、王道本格派の味わいを堪能できるのダ!

ということで、〆の感想にイこーか!
「中国料理 桃苑さん、バリッ旨か!!ごちそうさんした」。

「中国料理 桃苑」では、本格中華コース料理の他、

•「通常の長崎ちゃんぽん 830円」
•「日替わりランチ 860円」
•「ちゃんぽんセット 1,100円」

など、リーズナブルなランチメニューも用意されています。詳細は、店舗情報に記した公式HPをご覧ください。

桃苑ちゃんぽん(角煮入)     1,200円(税別)

• 長崎ちゃんぽん             830円(税別)
• ちゃんぽんor皿うどんセット(※ランチのみ)1,100円(税別)
(ミニチャーハン、デザートorコーヒー付)

桃苑の営業時間

【ランチ】11:30~14:00
【夜】      17:30~21:00(Last order20:30)

店舗情報

店名中国料理 桃苑(トウエン)
公式サイト桃苑|ホテルJALシティ長崎 [JR長崎駅からタクシーで5分。住空間のクオリティをご自身の目でお確かめ下さい。]
住所長崎県長崎市新地町13−10 ホテルJALシティ長崎2F 地図上の位置
ジャンル中華、長崎ちゃんぽん、皿うどん
定休日臨時休業アリ。公式サイトでご確認ください。
駐車場ホテル立体駐車場アリ。
時間駐車:一律30分/150円
宿泊客:1泊1,000円
予約・問い合わせ095-825-2580

「長崎ちゃんぽん放浪記」【目指せ100杯!】

長崎ちゃんぽん放浪記 ちゃんぽんを、アッチコッチで食べ歩いてます。名店から仰天ビックリなものまであるYO
【画像をクリック!】

  1. 味や店への評価は、あくまで個人的見解です。
  2. 当サイトでの掲載情報の内容は、時間の経過とともに変化する場合があります。
  3. 本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

    画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。詳しくは「転載、引用について」をお読みください。


トップへもどる

Copyrighted Image