「諏訪神社・長坂の夜景」~彦山をのぞむ情趣溢れたSPOT

諏訪神社の大門からの夜景
大田南畝、向井去来を魅了した月見の特等席

秋の大祭・長崎くんちの舞台として名高い「鎮西大社・諏訪神社」。抽選で当選した人たちがくんち見物できるのが「大門」前の「長坂」と呼ばれる73段の石段です。

ここからは、彦山[1]名峰・英彦山にあやかって命名された山から顔をのぞかせる風流な月を眺められます。「彦山の上に出る月はよか こんげん月はえっとなかばい」と狂歌を詠んだのは、江戸時代後期の文人・大田南畝(蜀山人)。

江戸時代からの月見の名所である諏訪神社・長坂。現在では、新大工・本河内方面の夜景を望めるSPOTともなっています。

193段を踏破したご褒美として

鎮西大社諏訪神社の長坂と大門長坂からの夜景(鎮西大社 諏訪神社)

一の鳥居から長坂までの120段+長坂70段、計193段の石段をハァハァ息を切らして登り切れば、そこは息をのむ絶景。

江戸時代より月見の名所として、そして今は夜景の穴場として、じげもん(長崎住民)の眼を楽しませています。

荘厳な大社殿

夜の鎮西大社 諏訪神社、諏訪神社の大門と拝殿

夜の鎮西大社 諏訪神社の拝殿

大門をくぐると、壮麗な拝殿が鎮座しています。拝殿で諏訪の神さまに参拝して帰路につきましょう。

夜景スポットとしての通信簿

所在地
長崎県長崎市上西山町1-15 地図の位置
美しさ
 
アクセス

参拝者用駐車場は、夜6:00以降の利用不可。
• 最寄りの駐車場「三井のリパーク長崎諏訪神社前」
地図上の位置 / 料金 [2] ・8:00~20:00 ⇒ 30分/100円
・20:00~翌8:00 ⇒60分/100円

路面電車
最寄りの電停:諏訪神社
下車後、地下道を通り徒歩2分で一の鳥居に到着
施設について
• 無料

TOILETの夜間利用不可。長崎公園のものを利用のこと

備考
• 懐中電灯不要
• 車内鑑賞不可
日没時間
長崎の日没時間
※日没後から20~40分後が空がブルーモーメントに染まるもっとも美しい時間帯です

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば著作権侵害による処罰の対象となります)。
詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

脚注・出典   [ + ]

1. 名峰・英彦山にあやかって命名された山
2. ・8:00~20:00 ⇒ 30分/100円
・20:00~翌8:00 ⇒60分/100円

トップへもどる

Copyrighted Image