【5/14オープン!】中華居酒屋「China kitchen VAN(藩)」~メニューは?ランチある?

China kitchen VAN(長崎市目覚町、浜口地区)、小皿中華、皿うどん

ババンバ VAN VAN VAN♪

ババンバ VAN VAN VAN♪

アービバノンノン♪

China kitchen VAN  VAN VAN VAN ♪♪♪

Hey, 長崎人!耳より情報だZ(ぜっ)

小皿中華の居酒屋「China kitchen VAN(藩)」が5月14日(金)にオープンしたって!

19日(水)にスタートしたランチ目当てに光速ログインッ。

〈メニュー表〉を掲載しています。

電話番号 095-844-1310

【営業時間】

【昼】11:30~14:00

【夜】17:30~22:30

【定休日】 日曜日・祝日

新型コロナ等の影響で営業時間・定休日が異なる場合があります。

スポンサーリンク

 場所は?

China kitchen VAN(長崎市目覚町、浜口地区)、小皿中華China kitchen VAN(長崎市目覚町、浜口地区)、小皿中華

住所長崎県長崎市目覚町12-5-1F

JR浦上駅より距離250m。「ナリス化粧品の看板」がある建物隣です。

駐車場あり

周辺にコインパーキングありまくり。

内観チェック

China kitchen VAN(長崎市目覚町、浜口地区)、小皿中華China kitchen VAN(長崎市目覚町、浜口地区)、小皿中華

 • テーブル席 × 3(4人掛け)

 • カウンター5席

の小キャパ。

内観は、煉瓦風壁面で囲まれたシックな装い。テーブル席はカーテンで仕切られ、プライベート感をガッツリ確保。

店主さん、フロアスタッフさん、両人ともに人当たりパンナコッタ。話が弾んで、お酒がグイグイ進みそう。

メニュー表

【1】「ランチ」(780円)

China kitchen VAN(長崎市目覚町、浜口地区)、小皿中華

ランチ:日替わりメニュー3品からセレクト(ご飯・スープ・小鉢・漬物・ドリンク付)。

【2】「ディナー」

China kitchen VAN(長崎市目覚町、浜口地区)、小皿中華

China kitchen VAN(長崎市目覚町、浜口地区)、小皿中華

China kitchen VAN(長崎市目覚町、浜口地区)、小皿中華

夜は「小皿中華の居酒屋」へとチェーンジ!

従来の中華は大皿で提供された料理を、皆で取り分けるスタイル。

それもイイ。スゲーイイ。

んがっしかし、色々食べたいじゃん。少量づつ食べたいじゃん。

そんな食いしん坊たちのドリームを叶えるべく、

「China kitchen VAN」では【料理を小皿で提供】

もちろん一品ごとのお値段はお手頃

えーと…、

つまりは……、

お手軽・安価に中華フルコースを堪能できるってことじゃん!!(恐怖)

しかし、闘いから卒業した信じられぬ大人はこう考えるかもしれない。

「バイトがレンチンで調理するんじゃね?」と。

そんな汚れた大人にあえて言おう!

China kitchen VANのシェフは、キャリア30年オーバーのS.G.G.(SUPERグレートガチ勢)であるとッ!!

皿うどんランチを実食

China kitchen VAN(長崎市目覚町、浜口地区)、小皿中華、皿うどん

長崎人なら皿うどんじゃいーーーっ!!(うるさい)

「おいおい、小皿中華の予行代わりに、一品料理をセレクトしろよ。このエセ食レポライターがっ(呆)」

なんて小言がモニター越しから漏れるけど、ガン無視してさっそくいただこう。

China kitchen VAN(長崎市目覚町、浜口地区)、小皿中華、皿うどん

一口パクリンチョ。

……

あーっ これは間違いないね(確信)。

海鮮系のエキスがとめどなく注入された餡。

それは濃厚でありながら、しつこくない味が混然一体となり、毎秒毎秒、毎分毎分美味しい。一言で例えるなら、ウマさの無限ループ。

この絶品餡に、極細麺がよく絡んで、

アヒャヒャうまース!

さすがに30年オーバーのキャリアは伊達じゃない。

他の料理は未食だけど、これなら太鼓判をバンバン押せるワ。

China kitchen VAN(長崎市目覚町、浜口地区)、小皿中華

China kitchen VAN(長崎市目覚町、浜口地区)、小皿中華 China kitchen VAN(長崎市目覚町、浜口地区)、小皿中華

ご飯・スープ・小鉢・漬物・ドリンク付で、男性で腹八分のほど良い満腹度でござった。

これで780円なら、全然っリーズナブル。

すこぶる満足できました。(まる)

以上になります。

次回は夜の小皿料理を平らげたるーっ!

1. 味や店への評価は、個人的見解です。

2. 当記事における掲載情報は、時間の経過とともに変化する場合があります。

3. 写真の盗用、特にまとめ・キュレーションサイト、アフィリエイトブログに対しては、断固とした対応をとります。
スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image