【2020年の見頃発表!】〈長崎県の大イチョウ 15SPOT総まとめ〉

長崎県のイチョウ(銀杏)まとめ

【天まで伸びる大銀杏!】

長崎県のイチョウの名所30SPOT 超まとめッ!!

日本人の琴線に触れるイチョウの絨毯をたっぷり満喫させます!

スポンサーリンク

見頃は?

例年11月中旬~12月中旬

✔イチョウは、モミジよりも一足早く色づきます。

※気候、気温条件などにより、見頃が大幅にずれる場合があります。

「4大オススメSPOT」【大感動不可欠】

眼鏡岩・西蓮寺(佐世保市瀬戸越町)、平戸八景、紅葉、イチョウ 桜町通りの銀杏並木通り (長崎市民会館横)
「眼鏡岩」(佐世保市) 「銀杏並木通り」 (長崎市民会館横)

天祐寺(長崎県諫早市)の紅葉 正覚山 大音寺(長崎市鍛冶屋町)のイチョウ
「天祐寺」(諫早市) 「大音寺」(長崎市)

  1. 「眼鏡岩」(佐世保市)

    「平戸八景の眼鏡岩」と「大イチョウとのWブッキング」
  2. 「銀杏並木通り」 (長崎市民会館横)

    長崎市民会館を彩る30本の銀杏並木。
  3. 「天祐寺」(諫早市)

    境内を埋め尽くすイチョウの絨毯。
  4. 「大音寺」(長崎市)

    樹高20メートル、幹囲3.9メートルと圧巻のスケール(市指定天然記念物)

が筆者推しの4大SPOT。

✔「銀杏並木通り」以外は、駐車場完備。

4大SPOT【マップ】

穴場はココ!

吉田大明神社叢の紅葉(佐世保市吉井町)県指定天然記念物 大山祇神社(佐世保市世知原町)の紅葉 裳着神社(長崎市茂木町)の紅葉、夫婦銀杏
「吉田大明神」 「大山祇神社」 「裳着神社」

  1. 「吉田大明神」(佐世保市)
  2. 「大山祇神社」(佐世保市)
  3. 「裳着神社」(長崎市)

いずれものイチョウも神社の境内に鎮座しています。日本の原風景をほうふつさせる風景に心奪われます。

✔「裳着神社」に駐車場はありません。

3大穴場「マップ」

イチョウSPOTの場所【すべて網羅】


  1. 各エリアの頭には▼▼▼マークをつけているので、それでエリア別を判別できます。

    各地区トップのイチョウSPOTは、その地区の一押しスポット。迷い不要の名所です。

  2. 行先が決まったら、リンク先の現地レポへGO!

    各イチョウSPOTの詳細はもちろん、「見頃報道」や「周辺お出かけSPOT」までを網羅しています。

ではでは、【すべて現地調査】のガチまとめスタートッ!!

▼▼▼【長崎市】 ×7

【1】「銀杏並木通り」 (長崎市市民会館横)

桜町通りの銀杏並木通り (長崎市市民会館横)
桜町通りの銀杏並木通り (長崎市市民会館横) 桜町通りの銀杏並木通り (長崎市市民会館横)

長崎市市民会館横の「銀杏並木通り」が色づく頃、「いちょう並木フェスタ」が開催されます。

「いちょう並木フェスタ」とは:銀杏並木通りが色づく頃に、長崎市市民会館内で行われている男女共同参画推進センター(アマランス)主催のイベント。

女性起業家のたまご達(アマランスの起業塾を受講した皆さん)による「アマランスマルシェ」や、市民会館前広場での「いちょう並木市」(バザーや飲食ブース)、館内では、「長崎市中央公民館まつり」などを開催。

住所長崎県長崎市市民会館横 銀杏並木通り

「いちょう並木フェスタ」の会場:長崎市市民会館

紅葉の規模 
駐車場なし。

爆安駐車場はコチラ!

「眼鏡橋の駐車場」爆安!【60分/100円&最大600円】

入場料無料
公式Facebook長崎市民会館いちょう並木フェスタ – Facebook

現場レポはコチラ!

【2】「裳着神社」

裳着神社(長崎市茂木町)の紅葉、夫婦銀杏
裳着神社(長崎市茂木町)の紅葉、夫婦銀杏 裳着神社(長崎市茂木町)の紅葉、夫婦銀杏

長崎市の奥座敷、茂木地区に鎮座する「裳着神社」には、樹齢約500年の大銀杏がそびえています。

同じ茂木に建つ「松尾山玉台寺」にも、同じ程の樹齢、高さの銀杏があり、茂木の人びとは「お宮の銀杏は雄銀杏、お寺の銀杏は雌銀杏」と言い伝え、「夫婦銀杏」と命名し茂木のシンボルとして敬慕してきました。

その「裳着神社の雄銀杏」は、晩秋になると神社境内を濃黄色で染めあげます。

例年の見頃:11月下旬~12月上旬

住所長崎県長崎市茂木町234
紅葉の規模 
駐車場なし
拝観料無料

現場レポはコチラ!

【3】「大音寺」

正覚山 大音寺(長崎市鍛冶屋町)のイチョウ

ここのイチョウは、 大音寺本堂裏の墓地にあるもので胸高幹囲(むねだかみきまわり)3.90メートル、樹高20メートルほどである。地上6メートルほどから5本の支幹に分かれ、それぞれの支幹は大小の枝を斜上させて、 雄大な樹形をつくる。雄株のためか、多くの乳・乳柱を幹につけ、樹勢も旺盛である。

イチョウの平均生長は、 直径1メートルで300年といわれるので、 このイチョウも樹齢は300年をこえているものと思われる。

現地の説明版より

市内のイチョウのなかでは、有数の規模です。墓地高所からの長崎を一望する景観もお見逃しなく。

市指定天然記念物。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

住所長崎県長崎市鍛冶屋町5−87
駐車場[無料]あり
拝観料無料

【4】「自證寺」

日蓮宗本住山 自證寺のイチョウ(長崎市琴海戸根町)

境内にそびえる2本のイチョウは、樹齢250年を越える逸物。

同寺の墓地には、わが国初のキリシタン大名 大村純忠の娘「お伊奈」、キリシタンで洗礼名「ドンナ・マリイナ」の墓碑があることで有名。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

住所長崎県長崎市琴海戸根町1096
駐車場[無料]あり
拝観料無料

【5】「永昌寺」

曹洞宗瑞光山 永昌寺(長崎市玉園町)のイチョウ

長崎市玉園町「長崎歴史文化博物館」そばにある「永昌寺」は、曹洞宗寺院です。

毎年晩秋になると2本のイチョウが黄金色に色づきます。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

住所長崎県長崎市玉園町3-60
駐車場[無料]あり
拝観料無料

【6】「大子塩釜神社」

大子塩釜神社(イチョウ)、長崎市琴海

琴海地区、国道206号沿いに見事な大イチョウがそびえます。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

住所琴海形上町大子
駐車場なし
拝観料無料

【7】「教宗寺」

鶴城山教宗寺(長崎市矢上町)のイチョウ

1826年(文政9)2月、シーボルトが江戸参府の途中に休憩をとった「教宗寺」は、旧長崎街道沿いにあります。

20m級の双子イチョウが、名刹「教宗寺」のランドマークです。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

住所長崎県長崎市矢上町41-7
駐車場[無料]あり
拝観料無料

▼▼▼【諫早市】 ×2

【8】「天祐寺」

天祐寺(長崎県諫早市)の紅葉
天祐寺(長崎県諫早市)の紅葉 天祐寺(長崎県諫早市)の紅葉

諫早市西小路町にある諫早家の菩提寺「坤松山 天祐寺」。

諫早が誇る名刹ですが、境内の隅から隅までびっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっしりと敷き詰める黄葉の絨毯は、とり肌もの感動を提供します。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

住所長崎県諫早市西小路町1116
紅葉の規模 
駐車場[無料]あり
拝観料境内見学の際は、御志納をお願いします。
拝観時間7:00~17:00

現場レポはコチラ!

【9】「安勝寺」

安勝寺の紅葉(長崎県諫早市)
安勝寺の紅葉(長崎県諫早市) 安勝寺の紅葉(長崎県諫早市)

江戸時代初頭の慶長15年(1610)に創建された古刹「安勝寺」(あんしょうじ)。

そのシンボル「鐘楼」は、驚くなかれ、土台の石垣を含めると築約300年、そして1944年まで1日たりとも刻を告げる鐘の音を絶やさなかった古強者です。

この諫早市民誇りの「鐘楼」が、2016年4月の熊本地震で損傷を被ってしまいます。

安勝寺は諫早のもみじ寺として有名ですが、「鐘楼」がないと景観的に片手落ちの感がどこか否めません。

2018年4月に復活を果たした「鐘楼」。完成形となった安勝寺の紅葉風景をお楽しみください。

例年の見頃:11月下旬~12月上旬

住所長崎県諫早市金谷町9-1
紅葉の規模 
駐車場[無料]あり
拝観料無料
問い合わせ0957-62-4766

現場レポはコチラ!

▼▼▼【佐世保市】 ×4

【10】「眼鏡岩公園」

眼鏡岩・西蓮寺(佐世保市瀬戸越町)、平戸八景、紅葉、イチョウ

眼鏡岩・西蓮寺(佐世保市瀬戸越町)、平戸八景、紅葉、イチョウ 眼鏡岩・西蓮寺(佐世保市瀬戸越町)、平戸八景、紅葉、イチョウ

巨大な鬼が開けた大穴により誕生したとの伝説が残る「眼鏡岩」は、厚さ約6m、長さ約20m、高さ約10mとモンスター級のスケールを誇ります。かつて当地が海にあった頃に、波の浸食によって形成された貴重な天然の造形物です。

その眼鏡岩前方にそびえるのが、ジャイアント馬場の50人分の高さがある…あるんじゃないかな…きっとある「大・大・大イチョウ」。その大イチョウが濃黄に色づくと、失禁ものの景観がドォォーーーーーーンと広がるのDA!

西蓮寺から公園までの遊歩道沿いに並ぶ紅葉も見ものです。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

住所長崎県佐世保市瀬戸越町1266-1
紅葉の規模 
駐車場[無料]あり
入場料無料

現場レポはコチラ!

【11】「吉田大明神」

吉田大明神社叢の紅葉(佐世保市吉井町)県指定天然記念物

吉田大明神社叢の紅葉(佐世保市吉井町)県指定天然記念物 吉田大明神社叢の紅葉(佐世保市吉井町)県指定天然記念物 吉田大明神社叢の紅葉(佐世保市吉井町)県指定天然記念物

県指定の天然記念物「吉田大明神社叢」の紅葉は、万人向けするような華々しさはありませんが、荘厳で感銘を覚える美しさです。

本殿裏には敷地1haに、イチョウを含む、イロハモミジ・イスノキ・ツブラジイ・タブノキ・ヤブニッケイ・ホソバタブ・ムクノキ・バリバリノキ・クスドイゲなどが生い茂り、森羅万象の趣を漂わせます。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

参考長崎県の文化財

住所長崎県佐世保市吉井町上吉田975-1
紅葉の規模 
駐車場[無料]あり
拝観料無料

現場レポはコチラ!

【12】「大山祇神社」

大山祇神社(佐世保市世知原町)の紅葉

「大山祇神社」では、原生林特有の鬱蒼と生い茂る木々が、その豊かな生命力を誇示するかのように色づいていました。

これぞ鎮守の森、これこそ幽玄の世界です。

※世知原の大山祇神社社叢として、県指定天然記念物に指定。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

住所長崎県佐世保市世知原町開作125
紅葉の規模 
駐車場[無料]あり
拝観料無料

現場レポはコチラ!

【13】「教法寺」

大智山 教法寺(佐世保市元町)のイチョウ

明治初期の佐世保海軍工廠造成時代前からそびえていた大イチョウは、佐世保空襲の傷跡を刻んだ生き字引です。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

住所長崎県佐世保市元町5-24
イチョウの規模 
駐車場[無料]あり
拝観料無料

▼▼▼【雲仙市】 ×1

【14】「専照寺」

専照寺(雲仙市千々石)、イチョウ

雲仙市千々石の名刹「専照寺」には、30m級の巨大イチョウが2本立っています。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

住所長崎県雲仙市千々石町戊693
駐車場[無料]あり
拝観料無料

▼▼▼【西海市】 ×1

【15】「岩倉神社」

岩倉神社(長崎県西海市大瀬戸町)のイチョウ

大瀬戸町多以良地区の鎮守である岩倉神社には、ドライバーの眼をくぎ付けにする立派なイチョウが立っています。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

住所長崎県西海市大瀬戸町多以良内郷1139
駐車場[無料]あり
拝観料無料

以上になります。神社仏閣の境内をイエローに染め上げる絶景を、心ゆくまでお楽しみください。

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします。 (観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。 特にまとめ・キュレーションサイト、アフィリエイトブログによる画像の盗用については、断固とした対応をとります。

詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image