「グラバースカイロードの駐車場」【相場30分/100円で割安】全紹介~名所巡りができる!

グラバースカイロード グラバー通り(長崎市南山手町)
「グラバースカイロード」 200メートルの登り坂「グラバー通り」

「グラバースカイロード利用」のメリット&注意点をおさらい

グラバースカイロード周辺の駐車場を紹介する前に、赤丸チェックPOINTをサクッとまとめます。

グラバースカイロード利用のメリット:

  1. グラバー園のメイン出入口「第1ゲート」へは、「グラバー通り」と呼ばれる200メートルの登り坂を歩かなければなりません。

    一方、斜行・垂直エレベーター、通称「グラバースカイロード」を利用すれば、グラバー通りの登り坂をまるまるカットできます。
  2. 「グラバースカイロード」を乗り終えると、サブの出入口「第2ゲート」からグラバー園に入園します。
  3. 「第1ゲート」ふもとには、大型駐車場が数か所ありますが、60分/290円~500円と軒並み割高です。

    一方、「グラバースカイロード周辺の駐車場」は、相場30分/100円と割安です。

  4. 「グラバースカイロード」近くの「孔子廟」を起点にすると、「グラバー園」、「大浦天主堂」、「四海楼」、「孔子廟」、「オランダ坂」etcの旧居留地の名所群を、最短距離でグルッと巡ることができます。

    よし!名所巡りをしようという方は、目次の【2.グラバースカイロードで絶景巡り】をクリック!

注意点

  1. 帰路は「第1ゲート」から退園しましょう。でないと、世界遺産「大浦天主堂」をスルーしてしまいます(入館しなくても、天主堂前広場で教会全景が一望できます)。

    また遠藤周作が愛した「祈念坂」や、ちゃんぽん発祥の店「四海楼」も同じく見ることができません。

グラバースカイロード利用のデメリット

  1. グラバー園周辺で最安(30分/50円)の「松が枝ターミナル 駐車場」は、「第1ゲート」まで550メートルと比較的近距離です。

    一方、「グラバースカイロード」までは750メートルとやや遠くなり、本来省力コースであるはずのメリットが激減します。

    (※同駐車場は、客船入港日 には利用不可となります!)


では、駐車場紹介に移ります。

孔子廟の真向かいにある「孔子廟パーキング」、「唐人館パーキング」がオランダ坂にも近く便利ですが、土日祝日での満車率が高いです。

周辺駐車場の穴場は「本田ガレージ」、「大浦第二パーキング」となります。


スポンサーリンク

【グラバースカイロード周辺の駐車場】

すべての駐車場の場所 ~現地で要確認

【1】「孔子廟パーキング」

孔子廟パーキング(グラバー園・孔子廟周辺の駐車場)

「孔子廟パーキング」 

駐車台数19台 

(長崎市大浦町8-15)

・8:00~21:00 ⇒      30分/100円

・21:00~翌8:00 ⇒   60分/100円

(夜間最大300円)

満車の場合は、隣の「唐人館パーキング」へ。料金体系はほぼ同じ

「駐車場」から「グラバー園」の徒歩ルート   (グラバー園まで700メートル、徒歩10分)

【2】「唐人館パーキング」

唐人館パーキング(グラバー園・孔子廟周辺の駐車場)

長崎県長崎市大浦町8-12

収容台数15台

 24時間営業

 • 9:00~20:00    ⇒   30分/100円

 • 20:00~翌9:00 ⇒   60分/100円

夜間最大300円

【3】「本田ガレージ」

本田ガレージ(グラバー園・孔子廟周辺の駐車場)

長崎県長崎市大浦町3−3

収容台数20台ほど

 24時間営業

 • 8:00~20:00    ⇒   30分/100円

 • 22:00~翌8:00 ⇒   60分/100円

夜間最大400円

「駐車場」から「グラバー園」の徒歩ルート   (グラバー園まで700メートル、徒歩10分)

【4】「大浦第二パーキング」

大浦第二パーキング(グラバー園・孔子廟周辺の駐車場)

長崎県長崎市大浦東町1

収容台数6台

 24時間営業

 • 8:00~20:00    ⇒   30分/100円

 • 20:00~翌8:00 ⇒   60分/100円

夜間最大600円

「駐車場」から「グラバー園」の徒歩ルート   (グラバー園まで450メートル、徒歩8分)

【5】「大浦町スズランパーキング」

大浦町スズランパーキング(グラバー園・孔子廟周辺の駐車場)

長崎県長崎市大浦町9

収容台数2台

 24時間営業

 • 8:00~22:00    ⇒   30分/100円

 • 22:00~翌8:00 ⇒   60分/100円

「駐車場」から「グラバー園」の徒歩ルート   (グラバー園まで600メートル、徒歩10分)

【6】「福徳大浦第一パーキング」

福徳大浦第一パーキング(グラバー園・孔子廟周辺の駐車場)

長崎県長崎市大浦町9−34

収容台数5台

 24時間営業

 • 8:00~20:00    ⇒   30分/100円

 • 20:00~翌8:00 ⇒   60分/100円

夜間最大800円

「駐車場」から「グラバー園」の徒歩ルート   (グラバー園まで600メートル、徒歩10分)

【7】「パーキング西崎」

長崎県長崎市下町1−11

収容台数5台

 24時間営業

 • 8:00~20:00    ⇒   60分/200円

 • 20:00~翌8:00 ⇒   60分/100円

夜間最大500円

「駐車場」から「グラバー園」の徒歩ルート   (グラバー園まで500メートル、徒歩8分)

【グラバースカイロードで絶景巡り】

「孔子廟」を起点にすれば、「グラバー園」、「大浦天主堂」、「四海楼」、「孔子廟」、「オランダ坂」すべて歩いて巡れます。 「グラバースカイロード」はグラバー園の省力コースですが、それだけでなく、既述した名所をグルッと最短距離で巡ることができ、効率的に長崎観光楽しめます。

※歩行距離はそこそこありますが、長崎名物の登り坂は僅かです。

「孔子廟」を観光巡りの起点に定めます

長崎ランタンフェスティバル(孔子廟)

「グラバースカイロード」から300m離れた「孔子廟」周辺に駐車場は集中しています。孔子廟を観光名所巡りの起点にすると、最短でグラバー園を初めとする旧居留地の名所旧跡をすべて行けます!

なお、「孔子廟」は、中国情緒満点の建物なので一目で分かります。

「孔子廟」⇒「グラバースカイロード」までの徒歩ルート

このルートでは、「長崎孔子廟・中国歴代博物館」、「オランダ坂(誠孝院前・ジョーコインの坂)」、「東山手洋風住宅群」の前を通ります。「長崎孔子廟」は有料ですが、その価値は十二分にあります。

「長崎孔子廟・中国歴代博物館」

長崎孔子廟・中国歴代博物館(大浦町)

「長崎孔子廟・中国歴代博物館」の見どころは、中国曲阜の大成殿をもした極彩色の社殿、孔子と72賢人石像、すい星門など。これはすべて本場・中国の資材をもちいて建立されました。他に故宮博物院提供による国宝級の展示物など、魅力満載の名所。

見学所要時間は30分以上となりますが、ぜひお立ち寄りください。入館料:大人600円。

孔子廟パーキングからグラバースカイロードまで

孔子廟前から矢印に沿って、孔子廟外壁とコインパーキングの間を左折します。

日本キリスト教団長崎教会日栄湯
日本キリスト教団長崎教会日栄湯

孔子廟外壁向かいにある「日本キリスト教団長崎教会」「日栄湯」

「日本キリスト教団長崎教会」は、創建1925年(大正15)の九州最古のプロテスタント教会。長崎ちゃんぽんの創案者・陳平順が礼拝のために足しげく通いました。

その隣に建つのは、THE昭和の銭湯「日栄湯」。風情ありまくりです。

「(誠孝院前)オランダ坂」、「東山手洋風住宅群」

孔子廟パーキングからグラバースカイロードまで

突き当りを右に行くとすぐに「グラバースカイロード」と「オランダ坂・東山手洋風住宅群」とに分かれる分岐路があります。

長崎のオランダ坂(ジョーコインの坂 、誠孝院の坂)

分岐路を左折すると急勾配な石畳が視界にはいります。

活水女子大学前の坂が「オランダ坂」としてメジャーですが、ここも正真正銘の「オランダ坂」。誠孝院前オランダ坂、ジョーコインの坂などと呼ばれています。

東山手洋風住宅群(長崎市)東山手洋風住宅群(長崎市)

オランダ坂の左手に建つ7棟の洋館が「東山手洋風住宅群」

幕末~明治初期の華やかな居住地時代。その古写真・ビデオの展示を一般公開しています。見物時間は20分程度。

見物を終えると分岐路までUターンください。

孔子廟パーキングからグラバースカイロードまで

分岐路から100メートルほど進むと信号があるので渡ります。

深堀精肉店とシマダ果実店と間の歩道を150メートルほど歩くと「グラバースカイロード登り口」に到着します。

グラバースカイロード登り口(長崎市)

「グラバースカイロード(斜行エレベーター)登り口」に到着。

エレベーター乗り口が左手、TOILETが右手となります。エレベーターに登場後に、5階のボタンを押してください。

グラバースカイロード、グラバー園第2ゲート、鍋冠山展望台への徒歩ルート

最上階となる5階でエレベーターを降ります。

そうしたらすぐに「垂直エレベーター」が視界にはいります。

大浦展望公園の猫

この小広場一帯にはニャンコたちが、ノホホーンと暮らしています。人慣れしているので、愛嬌たっぷりです。

「南山手レストハウス(旧清水氏住宅)」

垂直エレベーターに乗るのは、STOP!

垂直エレベーター登り口から徒歩1分先に、築約150年の歴史を刻む「南山手レストハウス (旧清水氏住宅) が建っています。幕末に建立されたこの洋館は、観光客用の休憩所として改修され、一般無料開放されています(入園時間9:00~17:00/※自販・トイレ有)。

南山手レストハウス(旧清水氏住宅、南山手乙27番館)、長崎市

南山手レストハウス正門からの絶景(長崎市) 南山手レストハウス(旧清水氏住宅、南山手乙27番館)、長崎市、裏門からの長崎の夜景

園内には、幕末から明治初期の居留地時代そのままの雰囲気が色濃くただよっています。「正門(裏口)からの港町を望む風景」も見逃せません。

グラバースカイロード垂直エレベーター「南山手レストハウス」を堪能したら、垂直エレベーター登り口までUターン。エレベーターに乗ったら3階のボタンをポチッてください。

「グラバースカイロード展望所」

グラバースカイロード展望所からの新世界三大夜景、長崎の夜景
グラバースカイロード展望所 グラバースカイロード展望所からの風景

エレベーターを乗り終えて、通路へ一歩足を踏み出した瞬間。長崎をパノラマ状に一望できる絶景が視界にひろがります。

日中の景観も素晴らしいですが、夜景はさらにヤヴァーーイ!徒歩数分で行ける長崎の夜景SPOTでは最高峰です。

「グラバー園」へGO!【風光明媚】

グラバー園第2ゲート

通路を過ぎれば、「グラバー園の第2ゲート」があります。料金を支払えば、いよいよ長崎観光の定番スポット「グラバー園」へログイン!

グラバー園(長崎市南山手町)の絶景
グラバー園の旧グラバー住宅(世界遺産) グラバー園(長崎市南山手町)の旧三菱第2ドックハウスからの長崎の夕景

グラバー園はいたる所に、ビューポイントがあふれています。

レトロ写真館(旧長崎地方裁判所長官舎)では、居留地時代の華やかな洋風ドレスの貸し出しサービスあり。ドレスアップして、ビューポイントで一生ものの記念写真をフィルムに収めてください。

• 営業時間:10:00~17:00(受付終了/14:30) 

※夜間開園時は延長。詳細は公式サイトで

• 料金  :600円 (30分)

• 地図上の位置

グラバー園(長崎市南山手町)の旧三菱第2ドックハウスからの長崎の夜景

夜間開園も日中とは違った魅力をはなちます。その完全すぎるガイドはコチラ

帰路は第2ゲートからでなく、「長崎伝統工芸館」(長崎くんちで奉納される龍踊の龍や傘鉾を展示)を通り出口にでてください。

そうしないと大浦天主堂を見逃します。出口に出たら右折します。

「大浦天主堂」&「祈念坂」【遠藤周作の愛好SPOT】

「大浦天主堂前小広場」⇒「祈念坂」⇒「四海樓」への徒歩ルート

大浦天主堂(長崎市南山手)、世界遺産、国宝
大浦天主堂の雪化粧(長崎市南山手)、世界遺産、国宝 ライトアップされた大浦天主堂(世界遺産候補、国宝)

150メートルほどで大浦天主堂前小広場に到着します。

「大浦天主堂」。国宝であり、長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産の構成資産。

拝観時間は8:00~18:00まで。[拝観料] [1]大人1,000円、中高生400円、小学生300円(団体料金有)。日没から夜10:00まで毎夜ライトアップされます。

同天主堂は、1865年(元治2)、隠れ(潜伏)キリシタンとフランス人司祭プチジャンとの奇跡の出会い、俗にいう「信徒発見」の舞台です。

「祈念坂」へ

大浦天主堂から祈念坂へ

遠藤周作がこよなく愛した大浦天主堂の路地裏「祈念坂」へご案内。距離約120メートル、約3分で到着します。

それでは写真にしたがい、天主堂小広場正面から左手の歩道へ進んでください。

祈念坂へのルート

50メートルほど歩くと祈念坂へ右折する分岐路に着きます(案内板有)。右折して70メートルほどで祈念坂です。

ですがせっかくですので、約40メートル先の「祈りの三角ゾーン」へ行きましょう。そのため、そのまま直進ください。

祈りの三角ゾーン

「祈りの三角ゾーン」。大浦教会、大浦諏訪神社、妙行寺が一つの風景に収まるフォトジェニックなポイントです。

祈念坂へのルート

祈りの三角ゾーンから矢印にそって、大浦諏訪神社と墓地の間にある歩道を進んでください。

祈念坂

大浦天主堂の側面が見えてきます。

祈念坂(長崎市南山手町)、大浦天主堂の路地裏にある石畳の坂
祈念坂からの大浦天主堂と長崎の夜景(長崎市南山手町と相生町の間) 夕刻の祈念坂(長崎市南山手町)、大浦天主堂の路地裏にある石畳の坂

突き当りを曲がると「祈念坂」となります。天主堂側面奥の隣までのぼるとこの景観が一望できます。

故遠藤周作は朝夕ここを散策するのが日課でした。そして石段にすわり、静かに風景を眺めることをこよなく愛していました。

耳より情報:夕刻6:00になると、大浦天主堂&妙行寺による刻をつげる鐘の音色が協奏曲となり大浦一帯に奏でます。

祈念坂帰路では、墓地が見えると石畳の道を左折してください。次に突き当りを左折すると、大浦天主堂前小広場に戻ります。

下り松オランダ坂(グラバー通り)

大浦天主堂前の小広場から石畳の坂をくだっていきます。このくだり坂ではみやげ店が軒を連ねており、近くで宿泊する方はここでお土産を購入してもいいでしょう。

ちなみにこの坂もオランダ坂(下り松オランダ坂)です。

「四海楼の元祖長崎ちゃんぽん」

四海楼四海楼のちゃんぽん
四海楼ちゃんぽん(1,080円)

坂を降れば長崎ちゃんぽん発祥の店「四海樓」がそびえています。豪華絢爛なこの中華料理店は、もともと1899年(明治32)に来崎した華僑・陳平順が創業した老舗。

長崎ちゃんぽんを創案してのも同氏で、湯麺料理「湯肉絲麺」を改良したもの。元祖ちゃんぽんの味をぜひ堪能アレ。

所在地長崎県長崎市松が枝町4-5  地図上の位置
営業時間11:30~15:00 / 17:00~21:00(OS 20:00)
定休日不定休
予約・問い合わせ℡ 095-822-1296
備考全面喫煙可

長崎孔子廟・中国歴代博物館(大浦町)

「四海楼」で元祖ちゃんぽんを堪能したら、「孔子廟」まで戻ります。


「孔子廟」まで戻ったら、「オランダ坂」へ向かいます。

「グラバースカイロード」とは逆の方角で、「孔子廟」から250メートルほどで着きます。


「孔子廟」⇒「オランダ坂」へ

写真付きの徒歩ルート

「長崎孔子廟」から「オランダ坂」の徒歩ルート「長崎孔子廟」から「オランダ坂」の徒歩ルート

「孔子廟」から道路沿いの歩道を北東へ150m直進。そのまま細い路地に入ります。

孔子廟パーキングからオランダ坂

すぐに短い階段があります。登り切ったら「左折」。

孔子廟パーキングからオランダ坂

左折して進むと、すぐに青い洋館「東山手甲十三番館」が視界に入ります。そこに「オランダ坂」があります。

(階段からあがって100m先)

オランダ坂(活水坂 、活水学院下の坂)長崎市東山手

「オランダ坂」を見物し終えたら、孔子廟まで同じコースをたどって、Uターンしてください。

見せてもらおうか、グラバー園の最強攻略ガイドとやらを!

グラバー園(長崎市南山手町)

「グラバー園は俺の庭」と豪語する中の人が、神ルートをごあんなーい【グラバー園での感動を君に!】。

画像をクリック】

ではでは、お終いです。より良きグラバー園観光を!

※情報が変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人(※画像・文章の無断転載を固くお断りします。転載については必ずこちらをお読み下さい。

脚注・出典   [ + ]

1. 大人1,000円、中高生400円、小学生300円(団体料金有)。

トップへもどる

Copyrighted Image