「祈念坂」~大浦天主堂路地裏の【名画のような風景】

「遠藤周作」がこよなく愛した石畳の坂。その魅力とは

大浦天主堂と祈念坂

チェックポイント大浦天主堂の路地裏に、明治初頭に造成された「祈念坂」があるのをご存じだろうか。

ここでは、「カトリック教会」、「石畳の坂」、そして「長崎港」が一つのフレームに収まる景観を一望できる。故遠藤周作を魅了し、『解夏』など映画のロケ地ともなった穴場スポットを紹介したい。

祈念坂は、大浦天主堂前小広場から約150メートル、徒歩3分の場所にあります。本稿末尾には、確実に着ける行き方をガイドしますので、お見逃しなく!

祈念坂

祈念坂に入ると、地元自治体と子供会が設置したほのぼのとした看板が目をひく。

大浦天主堂の路地、祈念坂


遠藤周作は、祈念坂にあるこの石畳の階段に座ってぼうっと風景を眺めるを好んだ。長崎を訪れると、朝夕にここを散歩するのが日課となっていた。[1]遠藤 周作 (著)、芸術新潮編集部 (編集)、『遠藤周作と歩く「長崎巡礼」』、新潮社、2006年、101ページ

祈念坂からの大浦天主堂祈念坂からの天主堂は、正面から眺めるとのは違った趣をはなつ。

祈念坂に残る遺構

祈念坂の三角溝大浦天主堂の路地、祈念坂。レンガの塀のS字の金具
石造りの溝S字の金具

祈念坂には居留地時代や年代物の遺構が現存しているので、ぜひ目に触れていただきたい。

「石造りの溝」  長崎では、東山手町のオランダ坂や出島、丸山など各所に当時の石造りの溝が現存している。ここもその一つ。

「レンガに飾られたS字の金具」 孔子廟近くで誠孝院横のオランダ坂にも同様のかざりがある。用途は不明。

大浦天主堂の路地、祈念坂。旧ロバート・ウォーカー邸の表札祈念坂に建立された居留地時代の石標柱
旧ロバート・ウォーカー邸の表札居留地時代の石標柱

「居留地時代の石標柱」   祈念坂には、写真以外にも数基が残存している。

「旧ロバート・ウォーカー邸の表札」   1874年(明治4)に初来日したロバート・N・ウォーカーは、1904年(明治37)、小曽根町にわが国最初の清涼飲料水製造工場「バンザイ清涼飲料工場」を建設している(建物は今も現存)

グラバー園に移築された「旧ウォーカー住宅」は、そのロバートの息子、ウォーカーJr.が旧主となり当地にあった洋館の一部を移築したもの。

映画『解夏』のロケ地として

さだまさし原作の映画『解夏』では、このウォーカー邸の跡地にオープンセットを建ててロケ地とした。当地が主人公高野隆之(演・大沢たかお)の実家のある場所という設定のため、祈念坂はいくども映画に登場する。

難病をかかえた隆之と、それを支えて歩く陽子(石田ゆり子)。大浦天主堂の鐘が響きわたる中、二人で祈念坂を降りていく名シーンは必見。

NAGASAKIを色濃く感じるロケーション

120メートルほどの坂道を登り終えた地点からの風景。歴史的景観と人びとの生活感とが渾然一体となっている。国際貿易港として華やかだった時代。極東の島国で一旗揚げようと意気盛んな商人たちや、布教に命を賭した宣教師たちの息づかいが聞こえてくるようだ。

南山手レストハウス(旧清水氏住宅)裏門前からの長崎の風景南山手レストハウス裏門からの長崎の夜景

登り終えてT字路を右折し、15段の階段を登ると、南山手レストハウス(旧清水氏住宅)の正門前に着く。ここからの風景も見どころの一つ。

二本の尖頭は「大浦天主堂」&「大浦教会」のもので、その先に長崎港を望める。夜景も素晴らしい。

祈念坂からの夕景&夜景

祈念坂からの長崎の夕景

夕刻6:00になると、大浦天主堂と妙行寺との時をつげる鐘の音が協奏曲となり、祈念坂一帯に響きわたる。

祈念坂と長崎の夜景(長崎市南山手町と相生町の間)

夜のとばりがおりた祈念坂。「大浦天主堂」&「長崎の夜景」との共演は、感銘を覚える美しさをはなつ。ガイドブックに載っていない、長崎の魅力が詰まった石畳の路地裏をぜひ体感していただきたい。

祈念坂への徒歩ルート

祈念坂へは徒歩で、
  1. 大浦天主堂前小広場から東の歩道を進みます。
  2. グラバースカイロードを経由する

の2コースがあります。
本稿では一般的な1⃣コースをガイドします。

ルート・写真付きの地図です。活用ください

大浦天主堂から祈念坂へ

まずは大浦天主堂前小広場から左手の狭い歩道をすすむ

祈念坂へのルート50メートル先に分岐があり、右折するとすぐに祈念坂となります。直進すると40メートル先に「祈りの三角ゾーン」があります。

祈りの三角ゾーン

「祈りの三角ゾーン」。大浦教会、大浦諏訪神社、妙行寺が一つの風景となる長崎らしさ満載のポイントです。

祈念坂へのルート

ここから祈念坂へは、矢印にしたがって大浦諏訪神社と墓地の間にある歩道を進んでください。

祈念坂大浦天主堂が視界に入ると祈念坂となります。記事で紹介したビューポイントや遺構へは突き当りを左折します。 

基本情報

所在地長崎市南山手町と相生町の間
長さ約130メートル
形式明治10年代に造成された[2]参考:長崎さるくのガイドブックより(表紙が欠損しているため、正しいタイトルは不明)石畳の狭い歩道。所々に階段がある。
近隣の名所大浦天主堂、祈りの三角ゾーン、南山手レストハウス

それでは。~一生記憶に残る旅となれば幸いです

本稿の執筆、すべての写真撮影(マイマップの写真含):当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

脚注・出典   [ + ]

1. 遠藤 周作 (著)、芸術新潮編集部 (編集)、『遠藤周作と歩く「長崎巡礼」』、新潮社、2006年、101ページ
2. 参考:長崎さるくのガイドブックより(表紙が欠損しているため、正しいタイトルは不明)

トップへもどる

Copyrighted Image