「原城跡の桜」(長崎県南島原市)【花見はできるの?駐車場情報付き】

長崎サクラ便り:第23回

原城一揆まつり(南島原市)
世界遺産と桜の共演:第2弾

第1弾の「小菅修船場跡」に続く、世界遺産での桜巡り。その続編です。

「原城跡」は、2018年6月30日に世界遺産の構成資産として登録される前から、桜の名所として知られていました。

その原城跡ですが、2019年が世界遺産登録後初の桜開花となります。そのため、登録前とは異なった見学ルールとなるので、一部推測を交えて記します。その点をよろしくご了承ください。

ということで、春休みの旅行先として、世界遺産・原城で花見を堪能しましょう♪♪

2019年長崎の満開予想:4月1日(月)

3月20日(水)開花しました!

2019年の見頃(予想)の土日はいつ?

  1. 3月30日(土)
  2. 3月31日(日)
  3. 4月6日(土)
  4. 4月7日(日)
※気候、気温条件などにより、見頃が大幅にずれる場合があります。

「原城一揆まつり」2019年4月14日(日)

スポンサーリンク

✔ 花見スポット|重要POINT表【一目瞭然】

花見SPOTとして選ぶ際での大切なPOINTを、オススメ表にしてまとめました。

「重要POINTの詳細」については、目次をクリックし確認ください。

今年のお花見SPOT選びは、これで勝つる!

  1. 桜の本数  (100本・推定)

    • ロケーション     有明海や雲仙岳が望めます。

  2. 宴会オススメ度 禁止

    ※ 世界遺産前は、シートを広げることはできたのですが、現在は不明。飲酒は場所柄できません(数万人が亡くなった古戦場跡です)。

    • 出店  なし

  3. 子供連れ

       • 遊具はありませんし、天守閣などの建築物もありません(The 城跡です)。

       • 「原城一揆まつり」では、高さ15メートルの一夜城が出現します。

  4. 駐車場[無料] あり。ただし城外。

    駐車場から花見spot(本丸)まで「片道徒歩10分」。また、「無料シャトルバス」が原則30分単位で運行。

  5. 夜間(ぼんぼり)ライトアップ あり(2018年までは確認済)。

  6. 人出

    • 穴場度  島原半島の人以外には、(花見SPOTとしては)穴場チック。

  7. イベント 「原城一揆まつり」

    2019年4月14日(日)

    高さ15メートルの一夜城が登場する他、島原の乱の慰霊祭、各種ステージイベントが実施されます。 

【各項目の詳細】は、目次をクリック!

🌸【桜の本数】は推定100本~本丸跡に植樹

花見SPOTとなる「本丸跡」は、島原の乱では、天草四郎が立てこもり、一揆勢の最後の拠点となった激戦地です。

フォト集

原城一揆まつり(南島原市)
「原城一揆まつり」に登場する一夜城

原城跡(南島原市・世界遺産)の桜と花見原城跡(南島原市・世界遺産)の桜と花見原城跡(南島原市・世界遺産)の桜と花見 原城跡(南島原市・世界遺産)の桜と花見 原城跡(南島原市・世界遺産)の桜と花見 原城跡(南島原市・世界遺産)の桜と花見 原城跡(南島原市・世界遺産)の桜と花見

「天草四郎像」は、地元南島原市出身で、平和祈念像の製作者「北村西望作」。

【ロケーション】

原城跡(南島原市・世界遺産)

本丸跡からは、東に有明海、北西に雲仙岳を望めます。

【シートは、2018年までは敷けました】

原城跡(南島原市・世界遺産)の桜と花見

2019年以降でも、シートを広げるだけなら、問題はないかと思います。ただ、飲酒はNGでしょうが。

世界遺産登録後では、城外でしか車を停められませんので、気軽にお弁当を広げる場所ではなくなりました(食事自体をできるのかは不明)。

出店はなし

です。

【子供連れでは?】

原城跡には、天守閣などの建築物は、石垣跡を除いて一切ありません。城跡に、本丸跡や空堀跡などあるだけの、いわば広大な荒野です。

そのため、子供が興味をひく対象には欠けます。

【駐車場】は無料。しかし、やや距離あり

以前は本丸前に停められましたが、世界遺産登録後は、駐車場は城外に移りました。人類共通の遺産として未来永劫に守り伝えていかねばならない対象ですので、やむを得ない処置です。

花見SPOTとなる本丸までは、

   • 「片道10分の徒歩」

   • 「30分単位で運行されるシャトルバス(無料)」

   • 「レンタル電動自転車」

のアクセス方法があります。

【夜間ライトアップ】~2018年までは、ぼんぼりが点灯

原城跡(南島原市・世界遺産)の桜と花見

2019年以降に設置されるか不明です。

【イベント】~「原城一揆まつり」

原城一揆まつり(南島原市)
原城一揆まつり(南島原市) 原城一揆まつり(南島原市)

2019年開催日:4月14日(日)。

原城跡に出現する一夜城は必見です。

「原城跡の桜」 まとめ

桜咲く世界遺産で見学を

「原城跡は見てきたいけど、南島原は遠いなぁ~」という方には、桜の咲く春休み期間中では、子供と一緒に出掛ける良いキッカケになるでしょう。

続日本100名城のコンプリを目指す方も、一番映えるこの時期での訪問をオススメします(スタンプ設置場所:原城跡本丸前)。

「徹底したキリシタン禁教」と「鎖国政策を決定的なものした」歴史の分水嶺「島原・天草の乱」。その最後の舞台となり、凄惨な攻城戦で幕を閉じた原跡跡を訪れてみませんか?

本稿の執筆、すべての写真撮影(マイマップの写真含):当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします (観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。 特にまとめ・キュレーションサイト、アフィリエイトブログによる画像の盗用については、断固とした対応をとります。

詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image