「稲佐山の夕日」~【名画のような夕焼け】から、夜まで満喫しよう!

地球でたったココだけ、NAGASAKIの絶景。 【File8】

東シナ海を茜色に染める落日

稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」からの長崎の夕景稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」からの長崎の夕景稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」からの長崎の夕景稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」からの長崎の夕景稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」からの長崎の夕景

ご存じですか?

稲佐山山頂展望台では、夜景だけでなく、感涙ものの夕日も観られることを。展望台の西側では、東シナ海に沈むダイナミックな夕景が展開されます。

そして落日後には、「軍艦島(端島)」、「伊王島」など島嶼周辺の大海原が茜色に染まり、観衆を夢幻の世界へいざないます(※一番下の写真、左奥の二つの小島。その右手が軍艦島です)

夕日鑑賞のメリットは山のごとし【一石数鳥】

稲佐山山頂駐車場長崎ロープウェイの大行列
満車状態が続く山頂駐車場長崎ロープウェイ駅前での長蛇の列

稲佐山展望台は、毎週土曜日には大勢が、GW・連休・夏休みになると大観衆で埋まります。くわえて、山頂駐車場への規制、ロープウェイ駅前での長蛇の列など交通機関も大混雑に。

「稲佐山展望台は、夕刻から鑑賞する」

この方法こそが、

(1)山頂駐車場での利用制限や[1]利用制限は、[10~3月/17:30] 、[4月~9月/18:30]からとなります。できるだけ制限時間直前ではなく、時間的余裕をもって駐車してください。
【利用制限の日時】 稲佐山山頂駐車場の土曜・連休中の利用制限
、長崎ロープウェイでの待ち時間を回避し、

(2)稲佐山の最も美しいブルーモーメントな夜景(and夕景)を堪能できる

一挙両得な方法です。

稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」からの長崎の夕景

稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」からの長崎の夜景

鳥肌ものの夕景から、ブル―モーメントの夜景への移り変わり。その至高の美しさを、ぜひご堪能ください。

要注意点を一つ

稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」からの長崎の夕景
夕陽鑑賞エリア

稲佐山山頂展望台(ゴールデンウィーク)の大混雑
夜景観賞エリア

メリットばかりの夕日鑑賞ですが、一つだけ赤丸チェックPOINTがあります。

稲佐山展望台では、【夕景&夜景との観賞エリアは正反対】となります。

そのため夕日が完全に沈むまで眺めていると、その間に反対側の夜景観賞エリアの最前列がたちまち埋まってしまいます。

この最悪の事態を避けるために、観衆の数次第では落日前に素早く夜景観賞エリアに移動し、最前列を確保しましょう。

夕日鑑賞の時間

日没の20~30分前からが最適。海に沈む冬季は、とくに見応え充分。その際の展望台は極寒ですので、防寒対策は万全に。

夕陽が見えない天候では?

稲佐山山頂展望台のハートストーン ひかりのレストラン(稲佐山山頂展望台内)のカステラ
稲佐山展望台のハートストーン ガラス張りの「ひかりのレストラン」

• 敷地内にある「ハートストーン」を探す

• 展望台内にある「ひかりのレストラン」でお茶する。

で日没までお楽しみください。

「稲佐山の夜景」~満足度200%保障!その3つのポイント【決定版】

稲佐山の夜間鑑賞。その完全ガイド記事はコチラ【必見】

稲佐山の夜景【一番キレイ&混雑回避の鉄壁時間】で満足度MAX!
「長崎の夜景」の代名詞は「稲佐山展望台からの夜景」。 しかーし、夜の展望台は大観衆でギュウギュウ状態。そんな所にノホホーンと来れば、地獄の待ち時間を喰らいます。それを回避し、一生モノの思い出にするための秘訣を大公開!

それでは。~一生記憶に残る旅となれば幸いです

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

脚注・出典   [ + ]

1. 利用制限は、[10~3月/17:30] 、[4月~9月/18:30]からとなります。できるだけ制限時間直前ではなく、時間的余裕をもって駐車してください。
【利用制限の日時】 稲佐山山頂駐車場の土曜・連休中の利用制限

トップへもどる

Copyrighted Image