「三十路苑」(雲仙)【ライトアップ紅葉は必見!】見頃はいつ?

三十路苑( 長崎県雲仙市小浜町)、雲仙の紅葉の名所
三十路苑( 長崎県雲仙市小浜町)、雲仙の紅葉の名所 三十路苑( 長崎県雲仙市小浜町)、雲仙の紅葉の名所

2019年の公開期間:11月17日(日)~12月1日(日)

営業時間:9時00分~21時30分

「雲仙の紅葉」のウルトラ穴場

「雲仙の紅葉」と言えば、「妙見岳南側斜面」や「鬼人谷」など山岳地帯が有名だけど、中腹にとびきりな紅葉SPOTがアール。

それが近年、人気激熱SPOT「三十路苑(みそじえん)」。

遡ること約30年前、六兵衛茶屋の経営者が8,000坪の自宅裏山に植えた1,000本オーバーのモミジが見事に生長し、紅葉の名所として名を連ねるようになりました。

本園の特徴は、夜間にライトアップされた幻想的な姿を鑑賞できること。特に水鏡となった紅葉は名画のような美しさ。

といーことで、「三十路苑」の「見頃」から「駐車場」、「お得なチケット情報」をキレイな写真とともにガイドします!

スポンサーリンク

例年の見頃は?

11月下旬~12月上旬

※気候、気温条件などにより、見頃が大幅にずれる場合があります。

公式サイトによる見頃情報の発信はありません。

筆者の撮影記録では、

 • 2016年11月21日 5部

 • 2017年11月27日 見頃

 • 2017年11月28日 見頃、ややピーク過ぎ

 • 2016年11月28日 7部

でした。ただ、紅葉の色づき具合は、年よって変動するのであくまで一参考記録に留めてください。

一番確実な見頃情報は、新聞報道です。

入園料

昼夜問わず大人500円(4人以上の場合は、一人400円)

中学生以下は無料

期間中何度でも入園できる1,000円チケット

三十路苑( 長崎県雲仙市小浜町)、雲仙の紅葉の名所

公開期間中なら無制限に入園できるリーズナブルな1,000円チケットが、三十路苑の入園所で販売されています。

※2019年に販売されるのかは未確定です。

駐車場は?

三十路苑( 長崎県雲仙市小浜町)、雲仙の紅葉の名所三十路苑( 長崎県雲仙市小浜町)、雲仙の紅葉の名所

 • 乗用車 無料

 • マイクロバス1台6,000円

三十路苑の場所:小浜温泉街と雲仙温泉街の間にあり、国道57号線(雲仙道路)から六兵衛跡を下った所にあります。

駐車場の場所:3か所の駐車場の内、国道57号線(雲仙道路)沿いに面した旧六兵衛の駐車場が一番遠いです。

ですので写真(上)の道路入口から下り、「南門」と「東門」近くのどちらかの駐車場まで車で降りてください。

現地到着後に活用ください(※迷わず着けます)。

住所:長崎県雲仙市小浜町南木指1870-4

三十路苑 フォト集

三十路苑( 長崎県雲仙市小浜町)、雲仙の紅葉の名所

南門からログイン!

三十路苑( 長崎県雲仙市小浜町)、雲仙の紅葉の名所

ゲート付近ではモミジの鉢を売っています。

三十路苑( 長崎県雲仙市小浜町)、雲仙の紅葉の名所三十路苑( 長崎県雲仙市小浜町)、雲仙の紅葉の名所

まずは三十路苑最大の見せ場、池のある東奥まで向かいましょう。ココでは、午前が順光で、水面にクッキリ映ります(午後は逆光)。

「記念写真」、「風景写真」どちらもガッツリ決めましょう。

三十路苑( 長崎県雲仙市小浜町)、雲仙の紅葉の名所

紅葉筏。

三十路苑( 長崎県雲仙市小浜町)、雲仙の紅葉の名所

ベンチが置いてあるので、まったり鑑賞可能。

三十路苑( 長崎県雲仙市小浜町)、雲仙の紅葉の名所

ベンチから南を眺める風景がビュティーフォー―――ッ!

ではでは、8,000坪の庭園を散策しましょう。

三十路苑( 長崎県雲仙市小浜町)、雲仙の紅葉の名所三十路苑( 長崎県雲仙市小浜町)、雲仙の紅葉の名所三十路苑( 長崎県雲仙市小浜町)、雲仙の紅葉の名所

果てしなく続く紅葉のトンネル。モミジのシャワーを燦燦と浴びながら、非日常空間に没入してください。

三十路苑( 長崎県雲仙市小浜町)、雲仙の紅葉の名所

竹林との紅緑のコントラスト。

三十路苑( 長崎県雲仙市小浜町)、雲仙の紅葉の名所三十路苑( 長崎県雲仙市小浜町)、雲仙の紅葉の名所

「古民家」と「コケむす庭園」。

ラストを飾る「紅葉の夜間ライトアップ」【必見】

三十路苑( 長崎県雲仙市小浜町)、雲仙の紅葉の名所

アンビリバボォォォォーーーーーーーオッッッ!!!

ユラユラゆらめく紅葉と光とのシンフォニー!

ガチ勢との熾烈なポジション争いを制し、国宝級の一枚をパシャるのです!

※見頃なら早めに入園して撮影POINTを確保しましょう。譲り合いの精神も大切に。

至高の風景を狙うなら、日没15~20分後に夜空がブルーモーメントに染まる「トワイライトタイム」が絶っっっ対ベストです。ただし見頃だと、池の周囲がガチ勢に包囲されます。

トワイライトタイム以降ならベスポジ確保は楽勝です。

三十路苑( 長崎県雲仙市小浜町)、雲仙の紅葉の名所

池周辺だけでなく、庭園全体がファンシーな灯に包まれます。

三十路苑の紅葉 まとめ

雲仙普賢岳の頂上から標高差1,000メートル下った場所にある「三十路苑」は、雲仙の紅葉の掉尾を飾るモミジの楽園です。

入園料500円ですが、それだけの価値はありますし、期間中無制限に入園できる1,000円チケットなら昼夜問わず何度でも紅葉狩りを楽しめます。

特にライトアップで水面に浮かび上がった紅葉の姿を、是非是非その目に焼き付けてください。

「仁田峠(雲仙)」は【今が見頃!】~超急いで

雲仙岳・仁田峠(長崎県島原半島)の紅葉

仁田峠の紅葉を堪能しまくるには、「コレ」しかない?!

現地レポはコチラ】

「仁田峠の紅葉2019」【今が見頃!超急いで】見どころマップ付~11月5日現地確認
ついに、ついに待望のシーズンがキタァーーー!【歓喜】...

基本情報

会場
三十路苑(みそじえん)
所在地
長崎県雲仙市小浜町南木指1870-4
紅葉の規模
 
問い合わせ
0957-73-3434 (雲仙温泉観光協会)

本稿の執筆、すべての写真撮影(マイマップの写真含):当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。

詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

特にまとめ・キュレーションサイト、アフィリエイトブログによる画像の盗用については、断固とした対応をとります。
スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image